RPAエンジニアがフリーランスとして独立する方法を徹底解説!

こんにちは。当メディアを運営するストラテジーテックコンサルティング編集部です。

近年市場が拡大しているRPA。現在RPEエンジニアとしてお勤めの方には「将来フリーランスとして独立を考えている」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、独立を考えているRPAエンジニアの方向けにフリーランスとして働く方法や、仕事の獲得方法、独立後のキャリアについて解説致します。

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングを知ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上の高単価案件もアリ

3,無料プロフィール登録だけで企業があなたをスカウト

フリーランスRPAエンジニアになるには

本記事をご覧いただいている方には「将来的にフリーランスとして独立したい」と考えている方と「これからRPAエンジニアを目指す」という方もいらっしゃるかもしれませんので、まずはRPAエンジニアになる方法からフリーランスとして独立するパターンを紹介いたします。

基本的には、以下2ついずれかのキャリアを経由していることが多いです。2つのキャリアパスについて、優越をつけることはできず、それぞれに特徴があります。

①システム開発企業→フリーランスRPAエンジニア

RPA関連の開発案件を提供するシステム開発企業にて、RPAエンジニアとしてRPAの実装・開発経験を積み上げた後、フリーランスとして独立するパターンです。特徴としては、RPA案件の中でも、上流工程に注力しつつ、発注先の情シス部門と連携しつつ開発を進めるスキルを身に着けることができます。そのため「業務プロセス全体を改善し、効率化したい」といった案件の対応が将来的にしやすくなります。

②バックオフィス→フリーランスRPAエンジニア

所属先企業がRPAを導入し、社内にてバックオフィスとしてRPAに触れる中で知見を培い、RPAエンジニアとして独立できる可能性があるパターンです。特徴としては、エンドユーザーに近いかつ現場レベルの視点からRPA案件による業務効率化を推進するスキルが身に付きます。そのため「現場レベルである特定の課題を解決したい」などの能力が身に付きます。

RPAエンジニアとして活躍するフリーランスの職種一覧 

RPA領域で活躍するフリーランスエンジニアの職種は以下の2つです。

フリーランスRPAエンジニア

クライアントのニーズを把握したうえで、設計・開発・テスト・運用/保守などを担います。フリーランス向けのRPA案件には要件定義からシナリオ作成までコンサルティング業務が入る場合もあります。RPAエンジニアとは言え、業務の中にはRPA単体ではなく他システムやツールとの連携・自動化が求められることがあるため、Excelマクロの開発や他プログラミング言語の知見が必要です。

フリーランスRPAプリセールスエンジニア

クライアントが抱える課題に対して適切なRPAツールの提案・販売を担う職種です。RPAソリューションを提案する際、特に「どこからどこまでをRPA化」「運用後のフローはどうするか」等の柔軟な対応が求められるため総合的な人間力が必要になります。また、営業ポジションとはいえ、ツールの導入・支援やマニュアル作成やデモンストレーション等も行います。

フリーランスRPAエンジニアの仕事の探し方

フリーランスとして独立する場合、会社員とは異なり個人でクライアントと契約をすることになります。いざクライアントを探すとなった際に、どこで探したらよいかわからないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで仕事の探し方について詳しく後述します。

企業に直接メール等の営業活動を行う

「ここで働きたい」という明確な目標がある場合には、直接企業にメールを送付する等の営業活動を行うことも有効です。ポイントは「自身がその会社にどのような利益を出せるか」です。値段交渉等から入らず、提供できる価値にフォーカスするようにしましょう。直接営業活動の最も大きなメリットは「中間マージン」がとられないことです。ただし、自分の時間を使って、案件探しから、請求書の作成まで行わなければならないデメリットもあります。

RPA案件紹介サービスの活用

一定以上のスキルはあるものの営業が苦手という方にオススメな手法が、エージェントやマッチングサービスの活用です。それらを活用することで、継続的に案件を獲得する事が可能です。その他、適正価格で仕事を受けられること、事務手続きを担ってもらえること等のメリットがあります。

知人から紹介してもらう

独立した人材の多くは、元クライアントや知人に仕事を紹介してもらっています。独立後の最初のクライアントが、前職のクライアントというケースは良く見受けられます。何と言っても、知人からの紹介で仕事を受けるには、幅広く根強い人間関係の構築が肝になります。そのため、業界のセミナーやフリーランスの集まりに参加するなど、SNSを通じて自身の仕事を発信するといった行動を起こしてみると良いでしょう。

RPAエンジニアとして独立する前に副業もオススメ

RPAに限ったことではありませんが、RPAエンジニアが独立をする前に副業を行い、個人で稼げる環境を作っておくこともオススメです。その理由は、独立後を想像しやすく、生活資金が稼げるかの判断も行えるからです。特にRPA領域ではIT人材不足の影響を受け、週2日から始められる副業案件も増えてきています。

下記の記事にRPAエンジニアの方の副業事情について紹介しています。独立前に副業を考えている方はぜひご覧ください。

フリーランスRPAエンジニアの気になる年収は?

RPA領域でフリーランスとしての働き方を検討する際の1つの重要な指標が年収ではないでしょうか。各職種ごとの年収をRPAの単価相場から考察していきましょう。フリーランスRPA案件の平均単価は以下の様になっています。

  • RPAエンジニア:60万円~80万円/月
  • RPAプリセールスエンジニア:70万円~100万円/月

フリーランスとして働く場合、自身で受注する案件の数などによって報酬が異なります。したがって、一概には言えませんが、上記の単価平均を考慮すると、リーランスRPAエンジニアの平均年収はおよそ600万円から~800万円と言えます。

ただし、いずれの職種においても経験や保有スキルによって単価相場は大きく変動します。とりわけ以下の要件に該当する人材は、RPA案件にて比較的高水準の単価を狙うことが可能です。

  • 自動化だけでなく、自動化の対象となるバックオフィスの業務経験あり
  • 下流から上流までの一貫した経験があり、適確な要件定義ができる
  • 先端的なITスキルを有している(AI導入支援等の経験あり等)

年収を上げるためには、他エンジニアとの差別化が必要になります。下記の記事にて、フリーランスRPAエンジニア向けの案件の紹介について解説しています。気になる方はぜひご覧ください。

RPAの案件について詳しく知りたい方はこちら

RPAエンジニアの独立後のキャリアについて

IT業界では、流行ったシステムやツールよりも高性能なシステムが登場しうる可能性があります。そうした中で、RPAとして独立後のキャリア形成について考えておくことも大切です。RPAとして多くの選択肢がある中ですが、本記事ではフリーランスとして働くRPAエンジニア関連のキャリアをご紹介いたします。

RPAコンサルタント

エンジニアからコンサルタントとしてキャリアを進める道です。クライアントの課題解決をRPA導入によってサポートを行う職種で、導入のコンサルティングを中心にプロジェクト管理や導入後の運用改善などを担います。RPAツールの経験以上にシステム全般に関する知見やコンサルティング経験(PM経験があれば更に良い)が重視されます。

RPAエンジニアスペシャリストになる

変わりゆくRPAを常に学び続けて実務経験を得てスペシャリストになるキャリアです。システム開発に特化するために開発言語やシナリオの構築の力をつけることが求められます。昨今「AI×RPA」も注目されていることから、新しい情報を常にキャッチアップする姿勢が求められます。

運用と保守に特化したRPAエンジニアになる

RPAを導入したものの、ユーザーがうまく使いこなせずに内製化できないといったケースもみられるほど、運用・保守に特化したRPAエンジニアは評価されます。具体的には、エラーの対応やバージョンアップ、業務の変更に伴う修正作業などが挙げられます。

RPAエンジニアはフリーランスとして独立できる! 

今後もRPA業界は活況が見込まれるため、フリーランスとしての独立を視野に入れている方にとっては挑戦すべき領域です。独立への障壁が高いとお感じの方は、まずは副業から始めてみてはどうでしょうか。

弊社が運営するコンタクトアースマッチングなら高単価の案件をかんたんに探すことができます。
完全無料なので最新のリモート案件情報を見逃したくない人はかんたん10秒の無料登録だけでも早めに済ませておきましょう!

無料スカウト登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化