2020年11月

レプリケーション

データの同期を図った複製を別のコンピュータ上に持つことを指します。 本番系に障害が発生した場合でも、待機系への切り替えだけでリアルタイムのシステム障害対応を可能としています。 無料スカウト登録はこちら ✔全…

量子コンピュータ

量子コンピュータとは、量子力学的原理により、n乗の並列性を実現するとされている次世代コンピュータです。量子コンピュータに対して、現在一般的に使用されているOSを搭載したコンピュータは古典コンピュータと呼ばれています。 代…

ミックスマッチ

SAP S/4HANAへの選択データ移行のアプローチ方法です。 新たに構築した S/4HANA システムに既存 ERP のトランザクション・マスタデータやカスタマイズを移行し、必要な調整を実行する方法となります。 無料ス…

ポストモダンERP

SaaS型アプリケーションとの統合により、ERPに不足する機能の補完を実現ERPシステムのことを指します。 アドオン開発によるERPの巨大化、複雑化を回避することでシステム全体としての運用保守コストの削減、拡張性や柔軟性…

ベストプラクティス

既に実績のある最も効率的な技法、手法、プロセス、活動などのことで、ERPシステムなどに頻繁に用いられています。 いくつかの選択肢からベストプラクティスを選択してコンピュータシステム内に定義することができ、同業種の企業又は…

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、ネット上の複数のコンピューターで取引の記録を共有し、互いに看視し合う分散型のデータ管理技術のことです。過去のデータの書き換えは事実上不可能で、改ざんリスクはとても低いと言われています。仮想通貨のビッ…

ブラウンフィールド (システムコンバージョン)

SAP S/4HANAへの 移行アプローチ方法の1つです。 本来は投資用語で“既に整備された土地に、新たに生産工場やインフラ施設などを刷新・増設したりすること”を意味しています。 SAPでは既存ECC環境上に存在する全て…

プライベートクラウド

自社の業務システムなどの運用を目的として作られた、限られた環境からのみアクセス可能なクラウドシステムのことです。システム構築のイニシャルコストやランニングコストは依然として課題ですが、パブリッククラウドに比べて企業内のセ…

ビッグバン

ビッグバンとは、ERPパッケージ等の導入時に、各業務モジュールを段階的に導入するのではなく、必要な機能を一括で導入・稼働させる手法です。 ✔案件数は常時1000件以上 ✔150万~200万円/…

ビッグデータ

従来のデータベース管理システムでは記録や保管、解析が困難である程の巨大で複雑なデータの集合を指します。ガートナーはデータ量(Volume)、発生頻度(Velocity)、多様性(Variety)のいずれか、あるいは複数が…