フリーランスエンジニアの年収はどのくらい?年収1000万円は可能?

こんにちは。当メディアを運営するストラテジーテックコンサルティングです。

働き方改革の推進や、クラウドソーシングサービスなどが普及し、フリーランスとして働く人が増え、その数は年々増加傾向にあります。エンジニアの職種はその中でも、フリーランスとして働く人が多く、高年収を目指して独立する人も珍しくありません。

そこで本記事では、フリーランスエンジニアの平均年収を徹底解説しました。海外との年収比較や、年収1000万円を目指せるのか?といった観点でもまとめています。

|副業・フリーランスの方へ|

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングを知ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上の高単価案件もアリ

3,無料プロフィール登録だけで企業があなたをスカウト

年代別で見るフリーランスエンジニアの平均年収

年代別で見るフリーランスエンジニアの平均年収

フリーランスエンジニアとしてIT系プロジェクトに参画し、生計を立てている人は近年増えつつあります。IT系のプロジェクトは開発工程や人員の役割がハッキリしており、必要技術も明確なために、参画しやすくなっているからです。

また、働く上で重要なエンジニア「年収」の特徴として、自身のスキルにより得られる報酬が大きく左右され、また最新の技術やトレンドについての知見を有していると需要が高く報酬も増えやすいです。

「SE HACK」によるとフリーランスエンジニアの年代別平均年収は以下の通りとなっています。

フリーランスエンジニア年齢別年収相場

引用元:「SE HACK」

全年齢のフリーランスエンジニアの平均年収は752万円となっております。しかしながら、どの年代も最低年収と最高年収に大きな差があることが分かります。スキルの差ももちろんですが、フリーランスという働き方を活かして、長期の休暇を取る方も存在しているために大きなばらつきがあると考えられます。

続いてIT企業に勤める会社員エンジニアとフリーランスエンジニアの年収の違いを確認していきましょう。

「IT人材白書2016」によると、フリーランスの年収とIT企業で働くエンジニアは以下の様な違いがありました。

フリーランスの年収とIT企業IT技術者の年収 年代別

引用元:「IT人材白書」

企業に勤めるエンジニアは、年齢に応じて昇給していく傾向がありますが、フリーランスエンジニアはどの年齢においても年収レンジは比較的平均的であると言えるでしょう。また、IT企業に勤める30代以下で年収1000万円を超える人材は1.2%に対して、フリーランスエンジニアは、8.8%と大きな開きも見られました。年齢によらない、スキルにより報酬が決まる職種の一つです

先述しましたが、フリーランスエンジニアは、自身の休暇や働き方を自由に選べるために、単純にIT企業IT技術者と金額のみを比較することはできないことに注意が必要です。参考までにしていただけると幸いです。フリーランスエンジニアの平均年収には受注する案件について知っていることをオススメしています。以下のサイトにて詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスエンジニアの言語別年収中央値

フリーランスエンジニアの言語別年収中央値

現在エンジニアとして活躍している方、もしくはこれからエンジニアに転身しようとしている方が知っておきたい情報の一つに報酬の高い「プログラミング言語」があるかと思います。本トピックではpaiza株式会社が行った「開発言語に関する調査」を参考にフリーランスエンジニアの年収言語別TOP3紹介致します。

言語 年収平均
第一位 Scala 632万円
第二位 TypeScript 616万円
第三位 Go言語 612万円

Scalaは人口知能に関する実装や、Javaとの相性も良く、使い勝手のいいプログラミング言語です。TwitterやLinkedinでも使用され近年人気のある言語の一つです。

TypeScriptはJavaScriptを機能拡張して作成されたプログラミング言語です。Javaに比べて短くわかりやすくコードかけるメリットがあります。

Go言語はGoogleが開発したプログラミング言語です。サーバー構築やWEBサービスに利用されています。例えば、YouTubeやメルカリといった大手サービスにも活用される言語です。

同資料によると、学びたいと最も人気の言語は「Python」でしたが、Python言語の年収の平均値は591万円と、エンジニアが学びたい言語と年収には大きな差がありました。年収が高くなる言語は、扱える人材がそもそも少なく、希少価値が高く年収も高くなりやすいのでしょう。

参照:)Pythonは591万円、プログラミング言語別の求人提示年収

海外のフリーランスエンジニアの平均年収

海外のフリーランスエンジニアの平均年収

海外のフリーランスエンジニアの年収は日本と比較して、どのような違いがあるのでしょうか。

米国の大手転職サイト「ZipRecruiter」によるとアメリカのフリーランスエンジニアの年収は820万円としています。最低年収は185万円。最大年収は1600万円と示されています。

米国でもフリーランスエンジニアの平均年収は大きく差が開いており、スキルレベル、働く地域、経験年数に基づいて、昇進や給与の増加の機会が多いことを示唆しています。そもそもアメリカではエンジニアという職業自体、高給かつ大変人気な職業の一つであり、大学では高度なデータサイエンスやエンジニアリングについて学ぶ必要があります。Facebookの創業者、マーク・ザッカーバーグもエンジニア出身であったり、エンジニアによって、多くのサービスが生み出されている影響もあると考えられます。

参考:)ZipRecruiter

フリーランスエンジニアは年収1000万円を目指せる?

フリーランスエンジニアは年収1000万円を目指せる?

「年収1000万円」フリーランスとして働く方は、目指したい年収の一目標かもしれません。まず、月収で言えば、83.5万円を稼ぐことができれば年収1000万円に到達します。先述した「IT人材白書」によると、30代以下フリーランスエンジニアの約9%が、40代の約6%が年収1000万円を超える人材が存在しています。高年収を得るエンジニアは、エンジニアとしての十分なスキルがあることは前提として、「高単価の案件を選ぶ」「トレンド技術に強い」「PMが行えるマネジメントスキル」などを持っている傾向にあります。

フリーランスエンジニアが年収1,000万を達成するための基本的なワザ

フリーランスエンジニアが年収1,000万を達成するための基本的なワザ

本記事の最後にフリーランスエンジニアが年収を上げるための具体的な方法をご紹介致します。

売上が伸びている会社の案件を受注する

フリーランスエンジニアは案件を受注して月単価で報酬を得ます。そこで、いかに良い環境があるか、月額報酬が高い案件を発注する企業で案件を受けられるかどうかが非常に重要です。東京だと、最低でも50万/月程度はもらえますし、フリーランスエージェントを挟んでも80万/月もらえる案件も多くあります。高額報酬を出す企業は、売り上げが非常に伸びている傾向が高いため、案件を探す際はそうした部分にも目を向けることをオススメしています。弊社もフリーランスエンジニアやコンサルタント向けに、100万/月を超える高単価中心案件でフルリモートの案件をご紹介しています。気になる方は是非無料登録してみてください。

|副業・フリーランスの方へ|

フリーランスエンジニアでも節税を怠らない

フリーランスエンジニアとして仮に年収1000万円を稼いだとしても、所得税などの税金の支払いも増えるため、手元に残る金額はおよそ、720万円になります。だいぶ減ってしまいますよね。これはしっかり節税対策をしてキャッシュを残しておきたいものです。ご家族がいる方は、扶養控除や配偶者控除を忘れずに、または、ふるさと納税など、寄付金控除を受けましょう。節税対策については、より詳しく以下のサイトにて紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

➡SMBC 個人事業主・フリーランスが行うべき節税対策!経費や税金対策のコツ 

フリーランスエンジニアの年収はどのくらい?1,000万は可能?のまとめ

エンジニアはフリーランスとして独立しても高年収が期待できる職種の一つです。年収レンジを知り、自身のスキルセットなどと照らし合わせて適性の年収が得られるように、案件の獲得方法などを工夫することも大切です。

本メディアを運営するストラテジーテックコンサルティングでは、フリーランスのエンジニアの方向けに、高単価案件を紹介しています。是非下部フォームよりご登録ください。

【関連記事】
フリーランスの仕事場に1人用レンタルオフィスという選択肢
低価格!フリーランスにすすめたい東京のコワーキングスペース15選!
フリーランスか起業どっちを選ぶべき?メリット・デメリットを考察しました
フリーランスSE向け案件の単価相場とは?案件の探し方も併せてご紹介します!
フリーランスIT人材の失敗事例とは?
フリーランスエンジニアに特化したエージェント10選をご紹介!
SAPコンサルタントがフリーランスとして独立すべき理由を解説しました!
フリーランスITコンサルタントの案件や単価相場についてまとめました
フリーランスエンジニア案件の単価相場について徹底解説しました
フリーランスが把握すべき税金についてわかりやすくご説明します
フリーランスコンサルタントの案件や単価相場を分かりやすく解説します。

フリーランスエンジニアの方へ無料登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化