フリーランスとは?意味から考える【なる方法とやるべき事】

こんにちは。当メディアを運営するストラテジーテックコンサルティングです

最近はフリーランスという言葉を頻繁に聞くようになりました。しかし、みなさんはフリーランスという言葉を正しい意味でとらえているでしょうか。

フリーランスという言葉が頻繁に使用されるようになって、まだ時代は浅いとも言うことができます。ここで、しっかりフリーランスという言葉の意味をとらえておきましょう。

フリーランスという意味を明確にすることで、あなたが向きあうべき仕事が「フリーランス」なのか判断するお手伝いができれば幸いです。

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングを知ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上の高単価案件もアリ

3,無料プロフィール登録だけで企業があなたをスカウト

フリーランスの意味を知っていますか?

フリーランスの意味を知っていますか?

近年、フリーランスで働くというスタイルの方々が急増しています。インターネットで仕事が出来る環境が整ったこと、クラウドサービスを提供する業者が増えたこと、または、ノマドスタイルなど新しい仕事に対しての概念が定着したことも理由としてあげることができます。

まさにフリーランスとは、時間であったり、場所にとらわれない仕事のあり方と言っていいでしょう。

フリーランスという仕事は、会社に頼らないで独立して稼ぎたいという方々や、出産や育児をしているからなかなか外で仕事が出来ないという主婦の方々、定年退職した後も自分自身のスキルを磨きたいというシニアの方々などにニーズがあります。

しかし、いざフリーランスとして仕事をしようと思うものの、何をどうしていいかさっぱりわからないという人たちが多くいます。ただ楽でいいからフリーランスになったというのではなかなかフリーランスの仕事にも厳しいものはあります。

まずは、フリーランスの意味をしっかり理解し自分自身がフリーランスとどう向きあえばいいのかを考えてみましょう。

フリーランス本来の意味

フリーランス本来の意味

フリーランスとは、会社、組織に属することなく、あくまでも個人として仕事を請け負う仕事の仕方のことを言います。要求される技術、作業をそれぞれ契約で提供し対価として報酬を受けとるごくごく単純な契約スタイルです。

誰でも自由にフリーランスとは名乗ることができます。また、どのような仕事を受けるのかは自分自身の選択次第、とても自由な仕事の形態です。

しかし、仕事を受けたら納品までをしっかり自己責任で完結させる必要があります。

フリーランスは英語では「freelance」です。「freelance」は「Free」と「Lance」の言葉であり、「Free」は「自由」「Lance」は「槍」という意味です。

フリーランスという言葉は中世ヨーロッパ時代に既に存在していた言葉です。中世ヨーロッパ時代において、王や貴族たちは戦争が起こるたび、「傭兵」と契約をしていました。本来、傭兵団と契約をしていたのですが、段々と傭兵団に所属はしないで、個人で契約をして戦場へと出向く者たちが現れるようになりました。そのような人たちのことを「フリーランサー(free lancer)」と呼びました。

つまり、フリーランスとは、自由の槍です。自由の槍といえば、ちょっと違和感を感じる方々もいるかと思いますが、フリーランサー(free lancer)は、中世の戦争と関わる言葉のため「槍」という意味をもっているのです。

そして、中世の戦争で使用されていたはずの言葉が、現代社会ではいつの間にか組織から独立して働くことという意味あいで使用されるようになりました。

現代のフリーランスの意味

現代のフリーランスの意味

気が付けば私達は当たり前フリーランスという言葉を使用するようになったのではないでしょうか。フリーランスは、日本から生まれた言葉ではなくもともとアメリカで使用されていた言葉です。

もともと日本には、フリーランスという言葉はありませんので、そのような時代に敢えてそのような働き方をしている人たちのことを、個人事業主と呼んでいたかもしれません。

しかし、個人事業主とフリーランスは意味、解釈がちょっと違うので、そのような意味では昔フリーランスのような働き方をしていた人たちは、“仕事をしていると見なされなかった”傾向があったとも言うことができます。

【関連記事】
▶フリーランスと個人事業主の違いをわかりやすく解説しました

フリーランスという言葉が使用されるようになって、ようやくそのような働き方に対してイニシアチブが授けられたとも言うことができます。

何よりもフリーランスが顕著になったのは、インターネットが飛躍的に日本に浸透して来たことを理由としてあげることができます。それは、1990年代後半のことであり、このあたりから段々とフリーランスという言葉が使われるようになってきました。

インターネットによって海外との交流も容易に行うことができるようになり、ハードルが低くなったため簡単に海外の文化が日本にも流れやすくなったとも言うことができます。

フリーランスという言葉の意味を若い人たちが中心となって容認したから急速に浸透したのです。それは日本人の方々の“働き方の革命”と言っていいでしょう。以前は、フリーランスとしての働き方は全く評価はされないで「無職」のジャンルでしかなかったのです。仕事といえば、終身雇用という制度を前提とした正社員だというのが前提だった時代がありました。

しかし、終身雇用という制度を前提とした正社員というあり方は、悪い意味では「自由の拘束」です。このような自由なフリーランスとしての仕事のあり方が登場するのは当然の結果と言っていいのではないでしょうか。

フリーランスの立場で仕事をすることで、安定性が失われるという不安の声もない訳ではありませんが、それでも退職金制度のない企業も増え、年金制度も崩壊しつつある中で段々と正社員として定年まで働くことによる安心感も失せつつあり、それよりも自分自身をしっかり見つめることができるフリーランスというあり方が評価されるようになって来たのです。

フリーランスの代表例6つ

フリーランスの代表例6つ

フリーランスによって時間的拘束からも解放されてライフスタイルに余裕が生まれたという方々もいます。またフリーランスなら、自分自身の得意分野に特化した仕事と向きあうことができます。

フリーランスは自由に「私はフリーランスです」と名乗れば、それでもう立派なフリーランスです。しかしそれでは不安という方々もいらっしゃるでしょう。もう少し、確定的なものが欲しいということで、開業届の書類を税務署に提出する方々もいます。開業届の書類を税務署に提出すると個人事業主となります。つまりフリーランスの意味と比較すれば、個人事業主の方は法的(税制的)に認められた立場です。

フリーランスの代表例は次のような職種が挙げられます。

  • フリーランスエンジニア
  • フリーライター
  • フリーカメラマン
  • フリーWebデザイナー
  • フリー編集者
  • フリーコンサルタント

組織から独立をして働くフリーランスの方々はこれからも増えると考えられます。フリーランスという仕事には不安要素も一杯あるのかもしれませんが、社会で集団に属するよりも自分自身の時間”を見つめることができる方法とも言えるでしょう。

フリーランスになる前にやるべきこと

フリーランスになる前にやるべきこと

インターネットの普及により、どこに住んでいてもフリーランスとして仕事ができるようになりました。また、フリーランスに仕事を頼む企業が増えています。アウトソーシングしやすい環境が整い、フリーランスと企業が協力するケースが増えました。そうした背景も伴い、フリーランスとして独立をしたい!と考えている方もいらっしゃるでしょう。本トピックで、フリーランスになる前にやっておくべきことをご紹介致します。

必要な場合クレジットカード審査や賃貸審査を済ませておく

クレジットカードの作成や、今後引っ越しを考えている方はフリーランスとして独立する前に済ませておきましょう。フリーランスは自由な働き方でメリットも多くありますが、社会的に弱いデメリットも現実としてあります。

金融機関やカード会社は申込者の属性情報をみて、本人がどの程度の支払い能力あるかを確認し、審査を判断します。勢いでフリーランスになった後、引っ越しをしたい、新しいクレジットカードが欲しいと思っても審査が通らない可能性もあります。

社会制度の勉強をしておく

正直なところ、フリーランスは社会的な手続きが面倒なことが多いです。会社で働いているときはある程度税金や年金のことなどは会社経由でされている方が多いでしょう。しかしフリーランスはそのようにやってくれることはありません。

自分自身で調べて税金対策や年金の計画を立てる必要に迫られることになります。確定申告、節税対策、健康保険、保育園の入園など、会社員時代は誰かが教えてくれた、やってくれたこれらの仕組みを先んじて学んでおくと、フリーランスとしてのスタートも切りやすく、損しづらいです。

フリーランスとフリーターの違い

フリーランスとフリーターの違い

フリーランスとフリーター、両者の違いを明確に答えられる人は少ないかもしれません。両者の意味は異なり、フリーターが主にパート・アルバイトとして雇用される人を指すのに対し、フリーランスとは企業に属さずに個人で働く、働き方のことを指します。

総務省統計局の「労働力調査」によると、フリーターを次のように定義しています。

  • 若年のパート・アルバイト及びその希望者年齢が15~34歳で、男性は卒業者、女性は卒業者で未婚の者のうち次の者をいう。
    1. 雇用者のうち勤め先における呼称がパート・アルバイトの者
    2. 完全失業者のうち探している仕事の形態がパート・アルバイトの者
    3. 非労働力人口で、家事も通学のしていないその他の者のうち、就業内定しておらず、希望する仕事の形態がパート・アルバイトの者

一方フリーランスは、厚生労働省の「フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン」にて次のように定義されています。

「フリーランス」 とは、実店舗がなく 、雇人もいない自営業主や一人社長であって、自身の経験や知識、スキルを活用して収入を得る者。

つまり、フリーランスとフリーターの違いは「お互い自由に仕事を決められるが企業に雇われているか、いないかの違い、または専門知識・スキルの違い」と言えます。

参照:)総務省統計局 フリーターの人数
参照:) 厚生労働省 フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン

フリーランスとは?まとめ

フリーランスの意味は、どのような仕事を受けるのかは自分自身の選択次第、とても自由な仕事の形態です。その分求められる専門的なスキルや人脈が求められる働き方です。これからフリーランスとして働きたいと考えている方の参考になれば幸いです。

フリーランスの人には案件さがしのコンタクトアースマッチングがおすすめです。
最新の高単価案件を見逃したくない方はこちらからかんたん10秒の無料会員登録!

フリーランスの方へ無料登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化