セキュリティコンサルタントへ転職を検討中の方へ「年収・資格・市場価値」

こんにちは。当メディアを運営するストラテジーテックコンサルティング編集部です。

セキュリティコンサルタントは、企業や組織の重要な「情報」を守る職種です。ITの普及により、情報の価値が以前よりも上がっている一方で、情報の漏洩やサイバー攻撃などの危険性が高まりました。そういった背景から企業は自社のデータを守るためにセキュリティコンサルタントを必要としています。

こうした中で、ITコンサルやシステムエンジニアの方が、キャリアの一つとしてセキュリティコンサルタントを選択するケースも増えています。そこで本記事は、セキュリティコンサルタントに転職をご検討している方向けに、セキュリティコンサルタントの年収や転職難易度、資格などから転職事情をご紹介いたします。

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングを知ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上の高単価案件もアリ

3,無料プロフィール登録だけで企業があなたをスカウト

セキュリティコンサルタントとは?

各業界でIT関連の莫大な投資が進められている中で、情報は資産へと変わり、セキュリティのニーズが高まりました。セキュリティコンサルタントとは、企業の情報資産を守る戦略を立案・運営などをサポートする「情報の守護神」です。企業によって異なるIT環境に対応したセキュリティソリューションを提案できる幅広いITの専門性が求められます。

セキュリティコンサルタントの仕事内容

セキュリティコンサルタントの主な仕事は、企業や案件によって異なりますが、大まかな内容は以下の3つに分類されます。

①セキュリティの戦略立案・計画策定のコンサルティング
②セキュリティの維持管理をするためのコンサルティング
③セキュリティの対策実装及び運用のコンサルティング

セキュリティコンサルタントの仕事内容は、様々な業界や業種を対象にセキュリティの課題を解決し、実行支援を行います。セキュリティソリューションの提案や企業のセキュリティのアセスメントなどもクライアントに合わせて行います。

セキュリティコンサルタントの市場価値

転職を検討している職種の市場価値がどの程度あるかは、事前に知っておくべきポイントの一つです。本トピックではセキュリティコンサルタントの市場価値について解説いたします。

結論からお伝えするとセキュリティコンサルタントの市場価値はかなり高いと言えます。

企業の経営資源「ヒト・カネ・モノ」に「情報」が加わるほどに情報自体の価値が向上しています。例えばキャッシュレス決済の普及に伴い、顧客のプライバシーデータがインターネット上でやりとりされるようになりました。こうした状況から、多くの企業は顧客の情報をどうやって守るべきかを考えなければなりません。仮に1度でも情報が漏洩してしまったら、企業の信頼を失墜させてしまう恐れがあるからです。そうした事態を避けるために、セキュリティを専門としたセキュリティコンサルタントの案件は多く市場に出回っているのです。

セキュリティコンサルタントの年収はどのくらい?

今後も価値が高まっていくセキュリティコンサルタントの気になる年収を確認していきましょう。ここでは、株式会社ビズリーチの調査「職種別年収ランキング」を基にご紹介いたします。

セキュリティコンサルタントの年収ランキングは、本調査の中で9位にランクインしています。年収中央値は750万円となっており、最大年収提示は3000万円のケースもみられるようです。情報のセキュリティは企業の重要な課題になっているために高水準な年収に届きます。

また、セキュリティコンサルタントの年収は、過去の経験や資格に応じて、業務内容が変化していきます。経験を積めば積むほど年収レンジは高くなっていくと考えられるでしょう。

参照:)職種別年収中央値ランキング

セキュリティコンサルタントは未経験でも転職できる?

未経験でもセキュリティコンサルタントへの転職は十分可能といったところでしょう。ただし、その可能性は以下のいずれかの経験を有している条件となります。

1コンサルファーム出身者
2インフラの運用経験
3セキュリティ関連業務の経験

掲載されている求人案件を見ても未経験を可としているケースも存在しています。社内でセキュリティコンサルタントを育てていきたいと考えている企業もあり、セキュリティ領域に関して未経験のコンサルタントの方でも転職は可能な状況と言えます。

セキュリティコンサルタントの転職に有利な資格

セキュリティコンサルタントへの転職では、必ずしも資格が必要ではありません。ですが以下4つの資格の内1つでも有していると転職をスムーズに進めることができます。

1 ITストラテジスト

情報処理国家資格の1つ。高度IT人材として確立した専門知識と経営層に情報技術を提案できる資格

2 システム監査技術者(AU)

企業の情報システムのリスクや運営状況を評価し、経営活動に適切に対応した状態に改善を行う技術者

3 公認情報システム監査人(CISA)

国際資格の1つ。情報システムを監査、コントロールに関する専門的な知識や技術を有している資格

4 グローバル情報保証認証(GIAC)

情報セキュリティに関連した知識やスキルを有していると認められる資格。

セキュリティコンサルタントに転職する場合、転職エージェントを活用すべき理由

日本のセキュリティ人材が24万人も不足している統計があるほど、セキュリティ人材を企業は急募している状況です。しかし、セキュリティコンサルタントに転職する難易度は高いです。セキュリティコンサルタントの求人枠は増えているものの、転職がしやすくなったというわけではありません。より優れた人材を探しているのが実情と言えるでしょう。

そこで、セキュリティコンサルタントに転職するには、転職エージェントの活用が最もオススメです。非公開求人も含めて、適切な求人を紹介してくれるために転職成功率も格段にアップします。その他、適切な職務経歴書の書き方や、キャリアの相談を気軽に行えるメリットがあります

セキュリティコンサルタントの転職まとめ

いかがでしょうか。

今回は、セキュリティコンサルタントに転職を検討している方向けに転職事情を紹介致しました。セキュリティエンジニアからのキャリアパスとしてもオススメなセキュリティコンサルタントは今後企業にとって非常に重宝される存在です。転職を検討しているコンサルタントやセキュリティ関連にお勤めの方にとって少しでも有益な情報になりましたら幸いです。

弊社が運営するコンタクトアースマッチングなら高単価のPM/PMO/セキュリティ案件をかんたんに探すことができます。
完全無料なので最新のPM/PMO/セキュリティ案件情報を見逃したくない人はかんたん10秒の無料登録だけでも早めに済ませておきましょう!

無料スカウト登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化