フリーランスがリモートワークで使用する人気・定番チャットツール5選

こんにちは。当メディアを運営するストラテジーテックコンサルティング編集部です。

「クライアントからチャットツールでのやり取りをお願いされたけど、どれを選べばよいか分からない」とお悩みではないでしょうか?

なかには「わざわざ面倒なことをしなくても、メールで連絡を取ればよいのでは?」と考えている人いるかもしれません。しかし、最近ではチャットツールでの連絡を希望するクライアントが多いのも事実です。

そのため、チャットツールは今度もフリーランスとして活動していくなら必須のツールなのです。

本記事では、フリーランスが仕事で使用しやすいチャットツールの紹介やチャットツールの賢い使い方などをご紹介します。弊社も含めてどれも現役のフリーランスが使用しているものなので、ぜひご一読ください。

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングを知ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上の高単価案件もアリ

3,無料プロフィール登録だけで企業があなたをスカウト

フリーランスなら知っておきたい!チャットツールとは?

そもそも、チャットツールがどのようなものか分からない人もいるでしょう。

チャットツールとは、簡単にいえばクライアントと気軽にやりとりができるツールです。

メールのような堅苦しさがそれほどなく、比較的気軽なやりとりで仕事を進めていけるメリットがあります。メンション機能を使用すれば、グループ内でライトなコミュニケーションがとりやすい利点も。

また、リモートワークが推進されている中、チャットツールが使えないというだけでITリテラシーが低いと見なされるケースあります。フリーランスの方は是非使えるようになっておきたいツールです。

使用方法としてはアプリのダウンロードが必須の場合と、ブラウザ上での使用が可能な場合など、ツールによってさまざまです。メールアドレスや電話番号をお互い教えずに、仕事とプライベートをきっちり分けることができます。

フリーランスがよく使用する人気・定番チャットツール5選

フリーランスがよく使用する人気・定番チャットツール5選

チャットツールと一口にいっても、数多くのサービスが存在します。

それぞれで使用できる機能やシステムが異なるため、どれを使えばよいか迷ってしまう人も少なくありません。ここでは、フリーランスが仕事で使用することの多いサービスを厳選して紹介します。

ChatWork(チャットワーク)

フリーランスに人気なチャットツールChatWork(チャットワーク)

ChatWorkは、中小企業向けのチャットツールです。

チャットだけでなく音声・ビデオ通話機能も搭載しているので、文字では伝わりづらいイメージのすり合わせなどもしやすいと評価されています。また、独自の絵文字が使用可能で、クライアントと温度感のある会話もできます。

対象 値段
フリー 無料で使用したい個人・企業向け 0円
ビジネス 業務でしっかり使用したい個人・企業向け 500円/月
エンタープライズ セキュリティや管理機能まで使用したい企業向け 800円/月

プランは上記の3種類があり、用途に応じてプランの変更を行うことができます。

しかし、フリーランスの場合はフリープランで問題なく使用できます。

slack(スラック)

フリーランスの定番チャットサービスslack(スラック)

大人数でも1対1でのチャットでも使用しやすいチャットツールです。

「チャンネル」と呼ばれるスペースを作成することで仕事を整理できるので、1つのクライアントと複数のプロジェクトを進めるときに役立ちます。

Googleドライブや「Adobe Illustrator」「GitHub」などのアプリとの連携が可能で、簡単にデータを共有できるのが特徴です。

2020年時点では1500を超えるアプリと連携すること可能になっており、その多様性から主にIT系の企業、チームで使用されることが多いです。

3種類のプランがあり、それぞれのプランによって使用可能な機能が異なります。

特徴 値段
フリー Slack を試す最も手軽な方法 0円
プロ 中小規模の組織やチームの連携を強化 960円/月
ビジネスプラス ビジネスを拡大し、効率を高め、チームの連携を強化 1,800円/月

まずは無料のプランから始めて、クライアントとやり取りをしていくなかで機能面で問題があれば有料プランに切り替えるのがおすすめです。

LINE(ライン)

フリーランスの定番チャットアプリLINE(ライン)

LINEといえば、プライベートで使用している人も多いのではないでしょうか。

スマートフォンにアプリをインストールすれば、外出先でもすぐに返信できるのがポイントです。

相手がメッセージを確認したら「既読」と表示されるため「送ったメッセージを確認してもらえたか不安」という悩みも解消されます。

無料で利用できるうえに日頃から使い慣れている人が多いため、スムーズに連絡がとり合えるでしょう。

Skype(スカイプ)

フリーランスの人気チャットツールskype(スカイプ)

WordやExcelなどでも知られる、Microsoft社が開発したチャットツールです。

通話とチャットが基本無料で利用できるので、気軽に始められます。

アプリをインストールする必要はなく、アカウントを作成してブラウザ上でログインするだけで使用可能です。

ビデオ通話の際の背景を変えられるため、家の中が見られたくないときに重宝します。

1人から大人数までのビデオ通話に対応しているのも仕事においてうれしい点です。

zoom(ズーム)

フリーランスのおすすめチャットツールzoom(ズーム)

zoomは主に、通話で使用する人が多いチャットツールです。

レコーディング機能があるため、後で会議を見直したいときに役立ちます。

料金プランは基本(無料)・プロ(月2000円)・ビジネス(月2700円)企業(月2700円)の4種類。

無料で利用できる基本プランでは、グループミーティングが最大40分までに設定されています。

ただし、ホスト(ミーティングを立ち上げた人)が有料プランに入っていれば無制限で可能なので、クライアントが有料プランであれば特に問題なく使用できます。

フリーランスのチャットツールの上手な選び方

フリーランスのチャットツールの上手な選び方

ここまでチャットツールをご紹介しましたが、結局のところどれを選べばよいか迷っている人もいるのではないでしょうか。

そんな時は、これからご紹介する2つのポイントをおさえておけばスムーズに選べるようになります。

ぜひ、先程ご紹介したチャットツールと合わせて覚えておいてください。

クライアントに合わせて使い分ける

フリーランスは、いくつかのクライアントの仕事を同時に進めることも多いはず。そのため、チャットツールはクライアントごとに使い分けるのがオススメです。実際「メールのみでチャットツールは使えません」というフリーランスとは仕事ができないと見なされるケースも。

どのチャットツールも操作はそれほど難しくないので、使い始めてから覚えていけば問題ありません。

相手によっては、連絡で使用するチャットツールを指定されることもあります。

使いやすさで選ぶ

「連絡はChatWorkかslackで」のようにいくつかのサービスを提示された場合は、自分が使いやすいものを選びましょう。

どれも通話やチャットができるという点はそれほど変わりませんが、細かい操作性などはやはり異なります。

メッセージの打ちやすさやデータの送りやすさなどから選んでみましょう。

フリーランスのチャットツールの賢い使い方

フリーランスのチャットツールの賢い使い方

クライアントからのメッセージは早めに返信

クライアントから連絡が来たら、できるだけ早めに返信することが大切です。なぜなら、素早い返信がクライアントからの信頼につながるからです。

1日経って返信する人と半日以内に返信する人では、後者の方が安心して仕事を任せられるといえるでしょう。

仕事は完璧にこなしているのに、連絡が遅いだけでクライアントの信頼を落としてしまうのは避けたいところです。これはチャットワークに限らず、仕事をしていく上で重要なポイントなので必ず覚えておいてください。

言葉づかいに注意する

チャットツールで連絡をとり合うときは、メッセージの送信前に内容を確認しましょう。

気軽にメッセージが送れるチャットツールでは、クライアントとのやりとりもついフランクな文章になってしまう危険があります。つい気がゆるんで、失礼な態度をとらないようにしましょう。

ただし、クライアントによってはフランクなコミュニケーションを求めている場合もあるため、相手によって使い分けるようにしてください。

誤送信に気をつける

納品物やメッセージを、違うクライアントに送ってしまわないよう注意しましょう。

チャットツールでは基本的に連絡先を交換した人が一覧になっているため、別のクライアントの名前を間違えて押してしまうことも考えられます。そのため、送信する前には送り先が間違っていないかしっかり確認してください。

スタンプを使用したリアクションを意識

チャットツールはどの種類も、スタンプやリアクションを送ることができます。そこで、クライアントとのやり取りでスタンプなどのリアクションを送ると、コミュニケーションが活発になり、クライアント側からしても「しっかり読んでくれるているな」と感じてもらえます。

細かい使い方ですがリモートワークだからこそ、チャットワークの一工夫を通して仕事を効率的に進められます。

フリーランスはチャットツールが必須!効率的に仕事を進めよう​​

本記事では、フリーランスが仕事で使うチャットツールについてご紹介しました。

チャットツールは、フリーランスとして活動するなら避けて通れない必須ツールともいえるものです。

とはいっても、全てに登録する必要はありません。まずはクライアントから指定されたものから使い慣れていきましょう。

今回ご紹介したチャットツールはフリーランスが実際に使用しているものが多いため、ぜひ名前だけでも覚えておいてください。

フリーランスの人には案件さがしのコンタクトアースマッチングがおすすめです。
最新の高単価案件を見逃したくない方はこちらからかんたん10秒の無料会員登録!

フリーランスの方へ無料登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化