フリーランスの向き不向きがわかる5つのチェックリスト【あなたは大丈夫?】

こんにちは。当メディアを運営するストラテジーテックコンサルティング編集部です。

今日では、働き方の多様化に伴い、フリーランスという働き方が注目されています。フリーランスの人口は、在宅勤務などの影響も受け、年々増加傾向にあります。また、経済規模も見過ごすことのできない規模に膨らんでおり、ランサーズが発表した「ランサーズ実態調査2021」では、28兆円とこれまでで最大になっています。

これからフリーランスとして活動するという方も少なくないのではないでしょうか。また、この記事を読まれている方の中には、

「フリーランスに興味を持っているが、自分に向いているのかどうかわからない」

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事ではそのような疑問に向き合い、これからフリーランスとして活動される方を中心とした記事となっております。また、フリーランス以外の働き方をご紹介していますので参考にしてみてください。もちろん、現在フリーランスとして活動されている方も改めてご自身の活動を見つめ直すきっかけになりますので、ぜひ最後までご覧ください!

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングを知ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上の高単価案件もアリ

3,無料プロフィール登録だけで企業があなたをスカウト

あなたは何個当てはまる?フリーランスに向いている人の特徴5選

フリーランスに向いている人の特徴5選

フリーランスは、とにかく自分のことは自分でしなければなりません。仕事の集客や契約、税金、保険など数えきれないほど、自主的に動く必要があります。そのような中でもこれから解説する内容は、フリーランスに共通すると言っていいほどの特徴です。自分の性格や生活と照らし合わせてみて、まずは自分がフリーランスに向いているか検討してみましょう!

どうやって稼ぐかを考えられる

やはり、フリーランスになる上で、最初に出てくる不安要素として、

「収入が少ないこと・安定していないこと」が挙げられます。収入がなくては、生活することもままならないため、どのように稼ぐかを考えられる人がフリーランスに向いていると言えます。

フリーランスと会社員はよく比較対象として挙げられることがあります。まさに、この特徴については、会社員との一番の大きな違いと言って良いでしょう。会社員はどちらかと言えば会社や上司からの命令を受動的に取り組むだけで、毎月安定した給与を得ることができます。それに対して、フリーランスは、税金や社会保険などのことについても自ら理解し、仕事のことについても、能動的に動き、自ら収入を得なくてはなりません。誰も責任を取ってくれないのです。

どの客層に需要がありそうか、どのような方法で稼ぐか、明確なビジョンを持っている方はフリーランスとして成功しやすい傾向にあります。

成果主義を理解している

フリーランスに収入の上限はありません。フリーランスは、仕事をやればやるほど収入を得ることができますが、仕事をしなければ、収入は少なくなります。フリーランスの世界は、結果がすべての成果主義なのです。

毎月安定した収入を求めている方は、収入が不安定であることはもしかしたら、受け入れがたいかもしれません。

収入が少ない時でもしっかり現実を受け入れることができ、収入を得るためには自分の腕一本にかかっているということを理解できる方であれば、フリーランスになっても活動していけるでしょう。

テレワークが嫌いじゃない

テレワークとは、情報通信技術を使用した時間や場所に制限を受けない働き方のことです。フリーランスになるとテレワークが主流になります。飛び込み営業など、対面で仕事をしたり、複数人で机を囲って会議するということは少なくなるでしょう。

「仕事とは職場でするもの」と固定概念があるとテレワークは受け入れがたい部分も出てきます。しかし、人間には適応能力があり、案外やってみたら、自分に合っているということも珍しくありません。

働き方が多様化してきている現代だからこそ、このような特徴が出てきているのかもしれません。この記事を読まれている方で、自分の職場以外で仕事をされたことはあるでしょうか。一度、職場以外で仕事をするということに挑戦し、どのように感じるか試してみても良いかもしれません。

当たり前のことが当たり前にできる

フリーランスとして活動する上で、仕事を依頼するクライアントとの信頼関係は特に大事になります。クライアントとの契約の中に、仕事内容や納期が決められており、契約に従って仕事を行わなくてはなりません。当たり前のことを当たり前に行うことが、クライアントとの信頼関係を構築することになります。

フリーランスは、クライアントの求める時期までに仕事を提供し、収入を得ております。クライアントの求める仕事を提供できず、納期も守ることができなければ、継続して仕事を依頼されることはありません。不安定な収入の中でクライアントから継続した仕事の依頼があることは、フリーランスにとって生命線でもあるのです。

いい意味で楽観的である

楽観的とは、物事が順調に進み、将来のことを気楽に考え心配しないことです。あまりに楽観的過ぎるのも良くありませんが、楽観的な思考を持つメリットは、以下の3つが挙げられます。

  • 健康・精神状態が良くなり、寿命が延びる
  • 結果に満足できるようになる
  • 幸運に恵まれやすくなる

いずれの項目も物事をポジティブにとらえることによって、もたらされる結果と考えて良いでしょう。しかし、悲観的であることも悪いことではありません。悲観的に物事を考えることは、現実にしっかり目を向けることで「物事の本質を捉えることができる」からです。

楽観的な思考を手に入れるためには、「前向きな気持ち」や「ポジティブな考え」を普段から、習慣化する必要があります。

普段起きる出来事に対して、

「短所ではなく、長所に目を向ける」

「どのようにしたら、解決できるか、もしくはより良くなるか」

など、現状に満足せず、さらにステップアップする姿勢で日常から取り組んでいく必要があります。

楽観的になりすぎず、少々の悲観的な思考も持ち合わせることができる方がフリーランスに向いていると言って良いでしょう。

参照:)起業家が逆境に耐える楽観的思考を身につける方法とは? | 株式会社Key-Performance

フリーランスの向き不向きが自分で判断できない人へ

フリーランスの向き不向きが自分で判断できない人へ

「私はフリーランスに向いているのかわからない」と思う方には、まず一度どのような方法でも稼いでみることをおすすめします。組織に所属しない稼ぎ方、時間の縛られない稼ぎ方を体験してみることで自分がフリーランスに向いているか向いていないのか判断することができます。

例えば、

  • クラウドソーシングサイトで手軽な案件を受注してみる
  • 本業の仕事を活かした副業を探してみる

などがオススメです。ですのでフリーランス一本で稼いでみる必要はありません。副業としてまずは小さく始め、自分に合っていれば、どんどん活動の幅を広げるのも良し、合っていないと思うのであれば、その副業から撤退すれば良いのです。

また、フリーランスとして活動する傍ら、別な副業に挑戦することも収入の安定に繋がります。フリーランスと副業のダブルワークについては、次の章で詳しく説明させていただきます。

また、フリーランス未経験でも仕事を探す方法は「未経験からフリーランスは注意が必要?仕事選びのポイントを解説」で詳しく解説していますので是非ご覧ください。

フリーランスと副業のダブルワークも人気

フリーランスと副業のダブルワークも人気

フリーランスと副業について、もしかしたら混同している方もいらっしゃるかと思いますので改めて、おさらいしていきましょう。

一番の大きな違いは、雇用形態を結んでいる本業であるかどうかです。下記にまとめてみましたのでぜひご覧ください。

フリーランス組織と雇用契約を結ばず、業務委託契約のみを結んで活動する人のことをいいます。業務委託契約とは、会社で必要な業務を外部の会社や個人に委託する契約のことです。会社と雇用関係を結ばないため、対等な立場で業務を遂行することができます。
副業本業として、会社と雇用形態を結びながら、本業以外の仕事で収入を得ることをいいます。副業の就労形態としては、アルバイトや日雇い派遣、内職などがあります。

フリーランスと副業とは似て非なるものです。フリーランスで活動しながら、副業でも稼ぎ、ダブルワークで生計を立てると、収入が安定しないという不安は、少なからず解消されます。フリーランスとして携わる仕事が軌道に乗るまでは副業でも稼ぐという選択肢を持っておくことも良いでしょう。

パラレルワークとは?新しい時代の働き方

パラレルワークとは?新しい時代の働き方

今日の働き方には、副業とは全く異なり、「パラレルワーク」という働き方も存在します。

パラレルワークとは、複数の収入減を持ち、2種類以上の仕事を並行しながら、取り組む就労形態のことを指します。1つのビジネスに依存しない働き方で、もし、1つの収入源が絶たれても他の収入源にて補うことができます。働き方にもリスクを分散させていると言えます。

副業とは違い、パラレルワークで携わる仕事については、いずれも「本業」の扱いになります。副業を明確にメインとサブと区別するのであれば、副業はサブになりますが、パラレルワークで扱う仕事はすべてがメインとなります。

一つのビジネスに注力するより、効率的に収入を上げることができます。パラレルワークという働き方も頭の中に入れておくとフリーランスとして活動するのに幅が広がるかもしれません。

参照:)パラレルワークとは?一つのビジネスに縛られない新時代の働き方とメリット (squareup.com)

フリーランスの向き不向きを知って自分にとって最適な働き方を知ろう

これまでフリーランスの向き不向きについて、フリーランスと副業、パラレルワークについて解説してきました。本記事をご覧になられたことで今日の働き方が多様化してきていることを知ることができたのではないでしょうか。

フリーランスは、どのような仕事をどのように取り組み、頻度はどれくらいにするのか、それは本業として取り組むのか、副業なのか、さまざまなことを決断し活動していかなければなりません。

本記事をご覧になられたことで、もう自分がフリーランス向いているのか、どのようにして活動しようか決められているのではないでしょうか。1つの方法を試し、合わないようであれば、別な方法を試してもかまいません。

自分にとって最適な働き方でフリーランスとして活動していきましょう!

【関連記事】
意外と知られていないフリーランスが使える相談窓口について
フリーランスに関する保険事情を徹底解説!国民保険料はいくらになるの?
フリーランスが仕事で使用するチャットツールの賢い使い方と選び方
フリーランスでも育休・産休はとれるのか?出産育児の支援制度について
フリーランスのメールアドレス事情を徹底解説|Gmailや名前の決め方
フリーランスなら必ず知っておきたい!ポートフォリオの作り方
フリーランスエンジニアの知られざる現実と正社員エンジニアとの違い
会社員は副業系フリーランスから始めるのがおすすめ!バレない?開業届は必要?
フリーランスに名刺はいらない?名刺を使った仕事を獲得するための工夫
知っておきたい!フリーランスの年収事情|会社員との違いや収入を増やす方法を紹介
フリーランスだと保育園に入れない?入園審査を通るために必要なテクニックをご紹介
フリーランス必見!資格取得はどの程度必要なのか?
レバテックフリーランスの評判は実際どうなのか?利用するメリット・デメリットを詳しく紹介します
フリーランスの仕事場に1人用レンタルオフィスという選択肢
フリーランスか起業どっちを選ぶべき?メリット・デメリットを考察しました

フリーランスの方へ無料登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化