フリーランスの案件探しに人気なおすすめサービス7選【未経験もOK】

フリーランスになったけど、仕事がなかなか見つからないという悩みを抱える方が多いです。

そんなときは、フリーランス向けの案件を紹介しているサイトを利用するのがおすすめです。

受注する案件が無ければ、シンプルに収入が減少してしまいますし、何よりフリーランスは「継続的に収入を得る」ということまで考える必要があるからです。

そこで本記事では、フリーランスが案件を探すときにおすすめのサイトを初心者・未経験・中級者・上級者編に分けて7つご紹介します。

フリーランス案件を探している方はこの記事をお気に入り・ブックマーク登録しておいて有効活用してください。

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングを知ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上の高単価案件もアリ

3,無料プロフィール登録だけで企業があなたをスカウト

フリーランス向け案件紹介サービス・サイトとは

フリーランス向けの案件を紹介しているサイトには、主に「エージェント系サイト」と「クラウドソーシング系サイト」の2種類があります。

エージェント系のサイトでは、実績や能力に合った案件をエージェントが探し、提案してくれます。そのほか、契約時の面倒な手続きを行ってくれたり、クライアントとのトラブルのときに間に入ってくれたりするのも利点といえるでしょう。

クラウドソーシング系のサイトは名前の通り、クラウド上にあるプラットフォームで案件を探すサービスを指します。

仕事を探している人(フリーランス)と仕事を依頼したい人(個人や企業など)が登録し、双方をマッチングさせて仕事につなげる仕組みです。

フリーランスは案件の内容を確認し、できそうであれば自分から応募して案件を獲得していきます。実績やスキルが高くなっていけば、クライアントから直々に声がかかることも。

自分で営業をする必要がありますが、自分で自由に案件を選べるうえに未経験でも応募可能な案件も多いため、実績のない状態でも案件を獲得しやすいでしょう。

それぞれにメリットがあるので、使いやすいサイトを見つけてみてください。

▼【特徴別】案件紹介サイトのメリット&デメリット

エージェント系サイト クラウドソーシング系サイト
メリット ・営業の必要がない。自身の条件に合わせて案件を提案してくれる

・案件紹介以外の税金面や単価交渉なども行ってくれる。また単価も高い

・未経験やフリーランス初心者でも受注しやすい

・単発の案件が多いため比較的気楽にできる

デメリット ・マージン(手数料)が高い ・単価相場が安い

フリーランス初心者・未経験向けサービス4選

まずは、フリーランスとして活動を始めたばかりの人向けにおすすめのサイトをご紹介します。

クライアントとのやりとりにまだ慣れていないうちは、仕事の流れが掴みやすいクラウドソーシング系のサイトから始めるとよいでしょう。

どのサイトに登録するか迷っている人は、ぜひこれから紹介するサイトから案件を探してみてください。

コンタクトアースマッチング(ContactEARTH matching)

コンタクトアースマッチングはリモート案件に強い案件紹介サービスです。

全体的に高単価なのが特徴で案件は初心者向けのものから上級者向けのものまで幅広く揃っています。

企業からあなた宛てにスカウトが来る仕組みなので面倒なくストレスフリーであなたに合った案件を探すことができます。

完全無料で利用できるのでとりあえず登録して使ってみるのがおすすめです。

CrowdWorks(クラウドワークス)

フリーランスの案件さがしに人気なCrowdWorks(クラウドワークス)

CrowdWorksは、企業と個人を繋ぐクラウドソーシングサービスです。

利用者数も多く、2020年9月の時点で442万人のフリーランスと72万人の企業が登録しています。

仕事の内容はアプリの開発からデザイン、動画編集やWebライティングとさまざまなので、ジャンルを問わずに案件を探しやすいのが特徴です。

未経験でもOKな案件もあるため、まだ実績のないフリーランスでも活用しやすいでしょう。

Lancers(ランサーズ)

フリーランスの案件探しにおすすめなLancers(ランサーズ)

CrowdWorksと同じく、オンライン上でクライアントとフリーランスをマッチングさせるサービスです。

仕事の開始前にクライアントがランサーズへ入金する「仮払い制度」を採用しているため、報酬未払いのトラブルを回避しやすいのが特徴。

自分の得意なことを販売できる「スキルパッケージ」というサービスもあるため、案件を探しつつ出品してみるのもおすすめです。

サグーワークス

フリーランスの案件探しで有名なサグーワークス

サグーワークスは、Webライティング案件に特化したサイトです。

気になる案件があればすぐに執筆作業を始められるため、応募の手間がないのがポイント。

サグーワークスではグレード制度をとり入れており、グレードによって執筆できる案件や報酬が異なります。

テストを受けて最高グレードのプラチナライターになれば、より報酬の高い記事を任せてもらえます。

プラチナライターテストはサイトへ登録後すぐに受けられるので、自信のある人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

フリーランス中級者〜上級者向けサービス・サイト3選

続いて、フリーランスの仕事に慣れてきた中級者以上の人におすすめのサイトをご紹介します。

中級者以上の人は、エージェント系のサイトで案件を獲得するのがよいでしょう。

実績を積み上げてきて、即戦力となるスキルもだいぶ備わっているはずなので、企業から声がかかる機会も増えるはずです。

自信とスキルがついてきたと感じたら、以下のサイトで案件探しにチャレンジしてみてください。

Workship(ワークシップ)

フリーランスの案件探しの定番Workship(ワークシップ)

Workshipでは、リモートが可能な案件や週に1日から働ける案件を紹介しています。

気になる案件に自分から応募できるのはもちろん、エージェントから紹介してもらうことも可能です。

万が一クライアントとのトラブルが起きた場合でもエージェントが対応してくれるため、泣き寝入りをしたり、1人で悩んだりすることがありません。

クライアントとのトラブルに悩んだことがあれば、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

Midworks(ミッドワークス)

フリーランスの案件さがし中級者向けのMidworks(ミッドワークス)

フリーランスのエンジニアやデザイナーのための案件を専門に扱うエージェントサービスです。

中小企業から大手企業まで豊富な案件を紹介してもらえるため、自分で営業をするときにはなかなか見つからないようなレアな案件に関われることもあります。

また、正社員のような手厚い保証が受けられるのも大きなメリットといえるでしょう。

フリーランスとして活動する上での不安要素を減らしたい人におすすめです。

レバテックフリーランス

フリーランスの案件探し王手のレバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、ITエンジニアとクリエイターのための案件をとり扱うサイトです。

2021年の1月の段階で20万人ほどの登録者数となっており、多くのフリーランスから支持されていることがわかります。

フリーランスへの案件紹介以外に、エンジニアとしての転職を考えている人への支援も行なっています。

しばらくフリーランスとして活動してきたものの、条件さえ合えば転職も視野へ入れているという人は登録してみてはいかがでしょうか。

フリーランスがサイト以外で案件を探すときにおすすめの方法

時期やタイミングによっては、サイト上に案件が少ない場合もあります。

そんなときは、サイト以外で案件を探してみるのがおすすめです。

一体どのような探し方があるのか、これから詳しく解説していきます。

友人・知り合いに声をかける

ネット上で完結しやすいのがフリーランスのメリットでもありますが、自らの足を使って仕事を探してみるのもよいでしょう。

知り合いや友人に声をかけてみると、意外と仕事につながることもあります。

例えば、新しく会社を立ち上げる人にWebサイトでの集客を提案してみたり、カフェを運営している人へチラシを作る予定がないか聞いてみたりなどが挙げられます。

SNSでフリーランスの案件を探す

TwitterやFacebookでも、企業や個人がフリーランス向けの募集をかけていることがあります。

例えば「Webライター 募集」とTwitterで検索してみると、Webライターを探しているメディアの編集者がつぶやいていることもあります。

サイト以外でも案件を獲得していきたい人は、SNSのアカウントを作っておくのがおすすめです。

フリーランスの交流会への参加

フリーランス向けの交流会やオンラインサロンへ参加してみることで、案件獲得につながる場合があります。

交流会などはコワーキングスペースなどを利用し行われる場合と、オンライン上で開催される場合もあるため、地方に住んでいる場合でも参加しやすいでしょう。

困ったときに頼れる仲間を増やせるというメリットもあるため、試しに1度参加してみるのもおすすめです。

自分に合ったフリーランスの案件の選び方は?

最後に、案件の選び方のポイントをご紹介します。

選り好みばかりしていてもいけませんが、フリーランスとして活動していくなら案件を程よく選んでいかなければなりません。

自分に合った案件を選ぶために、最低限3つのコツを覚えておきましょう。

いくつかのフリーランス案件紹介サービスに登録しておく

案件を選ぶときには、複数のサイトに登録することをおすすめします。

初めからサイトを1つに絞ってしまうと、タイミングによっては思うような案件がなかなか見つからないこともあります。

そのため、いくつかのサイトに登録しておいて、案件の母数を増やしておくのがよいでしょう。

自分にとって無理のない条件かどうか

気にある案件を見つけたときには、条件もしっかり確認しましょう。

自分が持っていないスキルを要する案件だったり、自分には無理な納期だったりした場合、引き受けてしまうとトラブルになりかねません。

そのため、スキルアップのための勉強をしつつ、現在のスキルでできる範囲の案件を選ぶようにしましょう。

働き方が自分に合っているか確認

「フリーランス」と聞くと、家やカフェなどで仕事をしているイメージがある人も多いでしょう。

しかし、案件によっては「常在型」といって、クライアントの会社へ足を運んで働くものもあります。

案件が終わるまでは安定した収入が得られるのなどのメリットがある一方、人によっては通勤や人と働くことがストレス強く感じる人もいるでしょう。

案件を選ぶときには、自分に合った働き方かどうかも考慮して探してみてください。

フリーランスで活動するなら、案件が探しやすいサービス・サイトを見つけよう

本記事では、フリーランスが案件探しをするときにおすすめのサイトをご紹介しました。未経験や初心者でも案件を獲得しやすいサイトもあるため、思いきって登録してみましょう。

「案件が思うように見つからない……」というときは、サイト以外の方法で探すと見つかることもあります。ぜひ今回ご紹介した方法を活用して、案件を探してみてください。

どれから始めればいいかわからない方はまずは一番おすすめのコンタクトアースマッチングから登録してみることをおすすめします!

フリーランスの方へ無料登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化