戦略コンサルタントになるには何が必要?重要な経験・スキルについて

 

戦略コンサルタントになるには、相応の経験・スキルがあることをアピールしなければならず、経験者の方が有利な一面は否定できません。

なぜなら、会社の経営に関わる提案を行う立場のため、就転職の難易度が総じて高くなっているからです。

ただ、必ずしも経験者ばかりが優遇されるとは限らず、仕事内容を理解した上でアピールポイントを持ち合わせていれば、コンサル経験を問わず採用される確率は高まります。

この記事では、戦略コンサルタントの仕事内容や年収・給与に触れつつ、採用を勝ち取るにあたり重要な経験・スキルについて解説します。

 

企業からスカウトが来るプラットフォームcontactEARTHmatching

完全リモートのDX案件が探せる

コンタクトアースマッチングはもう使っていますか?

戦略コンサルタントの仕事内容

戦略コンサルタントは、企業の経営陣からの相談を受けて、経営戦略・事業戦略の領域でコンサルティングを行う職種です。

経営方針に直接関わる提案を行うことも多く、議論を重ねながら仮説立て・リサーチ・分析を行い、実際に戦略を実行する際にはサポートにも携わります。

 

具体的な仕事内容としては、中長期戦略の立案・マーケティング・人事・M&Aなどがあげられます。

一つの誤った決断が、時として会社を傾かせてしまうおそれもあるため、優秀な戦略コンサルタントは多くの企業で重宝されます。

 

戦略コンサルタントの年収・給与

戦略コンサルタントは、実力に応じて年収に差が生じやすい職種のため、年収レンジは464~1,467万円と非常に広くなっています。

一例として、外資系ファームの場合、年収相場は900~1,300万円です。

 

これだけの高収入を実現できるのは、相応の理由があります。

プロジェクトによっては休日出勤・長時間労働を余儀なくされることも珍しくありませんし、提案時はリスクを引き受ける場面にも遭遇します。

 

ただ、フリーランスになれば、勤務するよりも高額の報酬が得られるチャンスがありますから、夢のある世界とも言えます。

もっと詳しく年収・給与について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

https://dx-consultant.co.jp/strategic-consultant-annual-income/

 

コンタクトアースマッチング公式サイト

戦略コンサルタントになるにはどんな実務経験が必要?

自分がこれまで積み重ねてきたキャリアがどのようなものであれ、戦略コンサルタントとして働くためには、ファーム側が評価できる実務経験のアピールが求められます。

以下に、アピールできれば有利になる実務経験をご紹介します。

 

未経験者の場合は、自分の強みとファームのニーズをリンクさせる

専門家の視点によるコンサルティングは、様々な産業でニーズが異なります。

例えば、転職を考えているファーム内に、自動車メーカーの事情に精通している人材がいなかった場合、自分が自動車メーカー出身ならチャンスがあるかもしれません。

新卒者であっても、長期アルバイトで大手外食チェーン店での勤務経験があるなら、業界の傾向にある程度詳しいことをアピールしてもよいでしょう。

コンサル経験自体はなかったとしても、自分の強みをファームのニーズとリンクさせることで、その知識・経験をファームが求める可能性は十分あります。

 

経験者の場合は、対外的に「実績」と認められる例をアピールする

すでに戦略コンサルティングを経験しているなら、対外的に実績として認められる例を、いくつかアピールしてみましょう。

業績拡大・経営のスリム化などを目的とした組織再編や、M&Aにおける敵対的買収に対する防衛策の提案など、具体的な例をエピソードとしてアピールすると効果的です。

また、盲導犬など社会貢献の分野でも、戦略コンサルタントがプロジェクトを推進する例は少なくありません。

例えば、ボランティア活動にともないNPO団体への寄付金を増やす試みも、結果が出ていれば実績として評価される可能性があります。

 

経営陣と密に関わった経験がある

人事・総務・経理・企画などのバックオフィス部門において、経営陣と密に関わった経験があることも、戦略コンサルタントになるにはアドバンテージとして働きます。

経営陣直下で何らかの仕事を任される経験は、誰にでもチャンスがあることではありません。

実際の求人内容をチェックすると、以下のような業務内容を戦略コンサルタントに期待する企業が見られます。

・事業戦略/ブランド戦略

・キャンペーン企画立案

・自社サイトのディレクション

 

部署を問わず、経営陣から指示を受けて戦略・企画立案・プロジェクト管理などを任された経験があるなら、そちらもアピールポイントに含まれるでしょう。

 

データ分析の経験がある

経営陣への提案が、感覚的な発想だけで認められることはまずありません。

膨大なデータ分析のもとに成立した仮説を、説得力のある提案に昇華させ、経営陣を説得してようやくゴーサインが出ます。

よって、応募書類への記載事項・面接対策として、以下の経験があれば付け加えておきます。

・幅広い業界のデータに触れていること

・機械学習や予測プログラムに詳しいこと

・KPI設計//数値解析/競合分析など分析手法の引き出しが多いこと

 

データ分析によって提案が通った例や、プロジェクトの具体的な結果がアピールできるなら、それも追加で説明しましょう。

 

戦略コンサルタントになるにはどんなスキルが求められる?

実務経験だけが、戦略コンサルタントになるための必須条件ではありません。

業界未経験者であっても、以下のスキルがあると認められれば、採用される可能性が高まります。

 

論理的思考能力

戦略コンサルタントの業務フローは、大枠でとらえると以下のような流れになります。

・推論(フェルミ推定などの概算手法を用いて、現段階で分かる手掛かりを前提に推論を立てる)

・仮説(論点をまとめ、現段階で重要度の高いポイントにつき仮説を立てる)

・データ収集(仮説を成り立たせるのに必要な、具体的なデータを収集する)

・分析(複数の手法を用いて、データを分析していく)

・検証(分析したデータの結果が、仮説を裏付けるものかどうか検証する)

・提案(重要度の高い論点につき、仮説の確度が高いと判断できたら、クライアントに提案を行う)

 

戦略コンサルタントには、上記プロセスを順序よく進められる地頭の良さが求められます。

よって、戦略コンサルタントファームは、高い論理的思考能力を持つ人材を欲しがっているのです。

 

忍耐力および体力

提案は、提案内容がまとまった段階で終了するのではなく、むしろそこからがスタートです。

クライアントに提案をして、それが受け入れられなければ、せっかくの努力が水の泡です。

 

ただ、クライアントに提案するまでのプロセスは、必ずしも経営陣の判断だけで終わるとは限らず、関係部署との調整の結果、途中で方向性が変わるなどのイレギュラーも想定されます。

机上の空論ではなく、現場を理解した上での提案が評価につながりやすいため、限られた時間内で成果を出すには、肉体的・精神的なタフネスが求められるでしょう。

 

コミュニケーション能力

戦略コンサルタントは、経営陣のブレーン的存在であるため、クライアントに対する傾聴力が必要です。

また、クライアントが日本人とは限りませんから、実務レベルでの外国語能力がなければ仕事にならない可能性があります。

 

ミーティング中に、多方面から飛び交う意見の中から問題点を的確につかみ、建設的な議論を実現できるだけの提案力も重要です。

戦略コンサルティングファームは、これらを問題なく行うためのコミュニケーション能力を、応募者に期待しています。

 

戦略コンサルタントとしての評価を高める資格

戦略コンサルタントになるには、特定の資格よりも実務経験や能力が重視されます。

一方で、資格の取得がまったく役に立たないわけではなく、中小企業診断士・MBA・公認会計士や税理士の資格を取得していれば、書類選考・面接時の評価を高めることにつながります。

 

中小企業診断士は、大企業を相手に戦略コンサルタントとして働く場合、必ずしも必要とは言えません。

しかし、中小企業との関係が深いファーム等で働くなら、取得のメリットはあるでしょう。

 

MBAは、ファームによっては重視されない場合もありますが、一般的には経営を体系的に学んだ人材として歓迎されます。

ただ、現時点で経験者であり、応募時に必要な実務経験を満たしているなら、あえて勉強するメリットは低いかもしれません。

 

公認会計士・税理士といった資格は、会計・税務のプロフェッショナルであることを対外的に示せますから、そういった人材を求めている戦略コンサルタントファームに転職するなら有利になります。

DD・アドバイザリーなどの実務経験があって、ファーム側がそれを求めているなら、良い形でのマッチングが期待できます。

 

いずれの資格も、資格だけで高評価を受けるとは言い切れませんが、転職先の方向性を決める上では役に立つはずです。

 

まとめ

以上、戦略コンサルタントになるのに必要な業務経験・スキルについて、主だったものをご紹介しました。

今回ご紹介した内容以外にも、コンサルティングファーム独自の応募条件が定められている例は少なくなく、年齢やキャリアによっては、マネジメント経験やセールスの要素が求められることもあります。

戦略コンサルタントとして転職を検討する際は、自分自身にアピールできる能力があるか自問自答するのはもちろんのこと、応募する前に「そのファームがどんな人材を求めているのか」を見極めることが大切です。

 

戦略コンサルタントとして、あなたの経験を活かしてみませんか?

「戦略コンサルタント、DXコンサルタントに興味がある」
「まだ仕事を受けることは考えていないけど、どんな仕事があるのか知りたい」
「これまでのキャリアがどんな分野で活かせるか、確認しておきたい」
「働く場所にとらわれずリモート案件を探したい」

そんなデジタル人材の活躍を「コンタクトアース」は応援しています!

活躍の場が広がる無料登録に必要なのは、名前、メールアドレス、電話番号だけなので簡単にできます。

あなたも「コンタクトアース・マッチング」に登録してみませんか?

戦略コンサルタントの方へ無料登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化