データ分析の副業で稼ぐ方法まとめ!副業が探せるサービスや注意点も解説

こんにちは。当メディアを運営するストラテジーテックコンサルティング編集部です。

近年、ビッグデータという言葉が話題になっておりデータ分析に関する仕事の需要が高まっています。
そのため、データ分析に関する仕事を副業として行うことを検討している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はデータ分析の副業案件に関する情報をまとめてわかりやすくご紹介します。

POINT
こちらの記事ではフリーランスの方なら知っておかないと損な便利な案件紹介サービスもまとめております。
ぜひ有効活用して良い案件をゲットください!

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングを知ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上の高単価案件もアリ

3,無料プロフィール登録だけで企業があなたをスカウト

データ分析に関する仕事は副業可能か?人材は不足してる?

データ分析に関する仕事は副業可能か?人材は不足してる?

データ分析に関する仕事は副業可能なのでしょうか?

結論から申し上げますとデータ分析に関する仕事は副業が可能です。
インターネットの普及やIT技術の進歩によってデータが比較的容易に収集できるようになり、副業も含めてデータ分析に関する仕事の需要が高まっています

データサイエンティスト:数学・IT・ビジネスの知識を活用してデータの分析・支援を行う
データアナリスト:統計分析や機械学習の技術を駆使してデータの分析・処理を行う
など様々なデータ分析に関する仕事が存在します。

このようなデータ分析に関わる人材は、IT企業界をはじめ、広告、アパレル、ヘルスケア、金融、Webなど多くの業界で必要とされています。
例えば、マーケティングを主としている広告代理店や外資系コンサルティング企業などで求められることがあります。

しかし、データ分析を専門的に学ぶ学生が少ないことやデータ分析には様々な能力が必要なことからデータ分析に関する仕事を行う人材が不足しています。
そのため、データ分析に関する副業案件が増えているのが現状です。

POINT
特にデータアナリストの募集は正社員よりもフリーランスや副業としての案件が多いため、副業としてデータ分析の案件を獲得しやすいと言えます。

データ分析の副業市場について 今後の可能性

データ分析の副業市場について 今後の可能性

続いて、データ分析の副業市場の現状について見ていきましょう。今後データ分析の副業案件の動向はどうなっていくのでしょうか。

データ分析の副業案件に対するニーズは高まっている

ビックデータの台頭により、ビジネスや社会のあり方は変化しています。
膨大なデータを比較的容易に収集できるようになったことで、企業間競争に勝つためにはデータの分析力が必要になりました。このような状況下で機械学習の技術や数学・ITの知識を有するデータサイエンティストやデータアナリストが求められています。

データ分析に関わる職種はいまだ特異

データ分析の副業案件に対するニーズは高まっていますが、データサイエンティストやデータアナリストなどの職種は特異であるとも言われています。
その理由として、データサイエンティストやデータアナリストの定義が曖昧であることが挙げられます。そのため、実際にデータ分析の副業に興味を持ったとしても初心者の方は挑戦することをためらってしまうことも少なくありません。

未開拓な領域であるからこそデータ分析の副業はチャンスも多い

一方でデータ分析に関わる職種は特異であるからこそ、副業としてもチャンスは多いとも考えられます。
そもそもデータ分析に関する仕事が着目されるようになった背景として情報社会への進展があります。1990年頃から情報社会へと進展していき、データ分析に関する仕事を行える人材の需要が高まるようになったと考えられます。

POINT
つまり、まだまだ新しい職種だからこそデータサイエンティストやデータアナリストには数多くのチャンスがあると言われています。

データ分析の副業案件を獲得するために必要なスキル

実際にデータサイエンティストとして副業案件を獲得するためにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

データサイエンティストの場合

  • ITスキル

データサイエンティストはデータを収集するためにビッグデータにアクセスして情報を集めたり、集めたデータからプログラミングを行ったりします。
そのため、ITに関するスキルが求められます。
具体的には、CSSやHTMLなどの開発に必要なプログラミング言語やPythonやR言語などのデータ解析に必要なプログラミング言語が挙げられます。データサイエンティストが副業案件を獲得する際はもちろんのこと、データ分析を行うためにITスキルは必要不可欠といえるでしょう。

  • 統計スキル

データ分析には統計スキルが必要不可欠です。また統計を用いたデータ分析を行うためには、確立や微積分などの数学全般の知識も必要です。
そのため学術的な知識が求められます。しかし学術的な知識だけではビジネスに活用できないため、学術的な知識と同時に論理的思考力や戦略的思考力が求められます。

  • 問題解決能力

データサイエンティストは企業の抱える課題を明らかにして解決に向けた戦略を立てる業務を行います。そのため問題解決能力が必要です。
さらに、課題を正しく把握し解決するためにも企業経営についての知識や戦略立案の知識などビジネススキルが求められます。

データアナリストの場合

  • データの収集

データアナリストはビジネス課題の解決のため、多くのデータを収集する必要があります。具体的には顧客や商品の情報、SNSなどからの情報、Webサイトからの情報などデータの種類、データの収集方法は様々と言えます。
こうした大量のデータを迅速に収集し、管理する能力が求められます。データアナリストとして副業案件を獲得するために、データの収集は必要なスキルと言えるでしょう。

  • 統計学の知識

データアナリストは統計分析や機械学習の技術を活用したデータ分析を行います。具体的にはデータの法則を見つけることやデータから仮説を立てることなどが挙げられます。
よって数学的知識や統計学の知識が必要不可欠になります。

  • 論理的思考力

統計学の知識、数学的知識以外にもプログラミングの知識などデータアナリストは様々な知識が必要です。しかし、統計学の知識や数学的知識といった知識だけでは補うことのできない仕事も多く存在すると考えられます。
そのため、知識と同時に論理的思考力を身につけると良いでしょう。論理的思考力を身につけることによって、知識の活用方法の幅が広がる可能性があります。
論理的思考力を身につけることで副業案件に参画しやすくなると考えられます。

データ分析の副業案件の単価相場は?高い?安い?

データ分析の副業案件の単価相場

実際にデータ分析の副業案件にビジネスとして参画しようと考えた際に、単価相場を知っておくことは参画するデータ分析の副業案件を決める重要な選定要素となります。
そこでデータ分析の副業案件の単価相場についてご紹介します。

データサイエンティストの副業単価

データサイエンティストは業務内容が多岐に渡るため、副業案件や自身の保有するスキル・経験によって単価は変化するでしょう。
そのためあくまでも目安となりますが、データサイエンティストの副業案件における単価は2,000円/h程度です。中級以上のレベルの副業データ分析案件になるとさらに収入は増えると推測できます。

データアナリストの副業単価

データアナリストもデータサイエンティストと同様に、副業案件や保有するスキル・経験によって単価は異なると考えられます。
そのため一概には言えませんが、データアナリストの副業案件における単価は3,000/h程度です。データアナリストとして名の知れた有名な企業で働いていたり、副業に関わらずデータ分析の実績があったりする場合にはさらに副業案件の単価は高くなると言えます。

データ分析の副業案件例 業務内容やスキル・単価など

データ分析の副業案件例 業務内容やスキル・単価など

では実際にデータ分析に関する副業案件にはどのようなものがあるのでしょうか。データ分析の副業案件例についてご紹介します。

データサイエンティストの副業案件例

①AI開発の副業案件

データサイエンティストの副業案件例として、AI開発が挙げられます。ビッグデータという概念の普及から、それらを活用してさらなる価値生み出すことが求められるようになりました。
その手段として注目されたのがAI開発です。以下にAI開発の副業案件例についてまとめました。

データ分析案件
案件概要 テクノロジーとイノベーションで理想の循環型社会の創出
業務内容 画像認識や音声認識のAI開発
求められるスキル (1)機械学習の専門的知識及び提案経験
(2)React、Angular等を使用したSPAの開発経験
(3)Javascriptを使用した開発経験
(4)AWS(Amazon Transcribe)、GCP(Google Speech to Text)等のクラウドサービス知見
単価 3,000円~
環境 フルリモート可、月24時間以内の稼働

②データ分析の副業案件

データサイエンティストの副業案件例に、データ分析があります。データサイエンティストの主な業務はデータ分析と言えることから、データ分析に関する副業案件は多いと予想できます。以下はデータ分析の副業案件例です。

データ分析案件
案件概要 CRM領域におけるビッグデータ解析
業務内容 R等の統計解析ソフトを活用してクライアント企業のDB分析を実施
クライアント企業の問題解決に向けたソリューション企画
求められるスキル (1)データベース分析の経験
(2)Rの使用経験
単価 能力による
環境 週3-4、一部リモート可

Web開発の副業案件

データ分析の副業案件例として、Web開発が挙げられます。Web開発には、PythonをはじめとしたJavaScript、PHPなど様々なプログラミング言語が必要となります。
以下にWeb開発の副業案件例をご紹介するので、プログラミング言語に関する知識が豊富な方はWeb開発の副業案件に参画してみることも検討してみてはいかがでしょうか。

データ分析案件
案件概要 Laravelで実装しているECサイトの改善
業務内容 LaravelによるAPIの実装、vuejsでのフロントエンド実装と、APIとの繋ぎ込み
求められるスキル (1)Laravelの開発経験
(2)vuejs(nuxt)の開発経験
(3)gitを使用した、プルリクエストを出したりなどの開発経験
(4)dockerを使ったローカルでの開発経験
単価 5,000円~
勤務地 リモートワーク

④プログラミングスクール講師の副業案件

データサイエンティストの副業案件例には、プログラミングスクール講師もあります。データ分析の仕事を行う人材が不足しているからこそ、プログラミングスクールの講師は重要となるでしょう。
プログラミングスクール講師には以下のような副業案件例があります。

データ分析案件
案件概要 プログラミング言語スキルを扱える人材の育成
業務内容 データサイエンススクール講師、AIスクール講師
求められるスキル (1)データサイエンティストの経験
(2)プログラミング言語に関する知識
単価 5,000円~

上記の他にも技術顧問などの副業案件も存在します。技術顧問はデータサイエンティスト技術を活用して、プロジェクトのアドバイスを行ったり、各部門のコミュニケーションを支援したりする役割を担います。

このようにデータサイエンティストの副業案件は多くの種類が存在します。自身の条件に合ったデータサイエンティストの副業案件を探してみることをおすすめします。

データアナリストの副業案件例

①コンサル型の副業案件

データアナリストの副業案件例として、コンサル型が挙げられます。コンサル型は仮説を立てて企業の抱える課題解決につながるようにデータの分析を行います。
前述した論理的思考力などのデータアナリストに必要なスキルを駆使しながら、現場に近いところで具体的な指示を出すことが求められます。以下はコンサル型の副業案件例です。

データ分析案件情報
案件概要 意思決定を牽引するデータアナリスト
業務内容 施策効果の検証分析
BIダッシュボード作成
分析アウトプットの説明・共有
分析アウトプット資料の作成
求められるスキル (1)コミュニケーションツール操作
(2)SQL操作
(3)BIツール操作経験
単価 能力による
環境 週8時間から稼働、リモート可

②エンジニア型の副業案件

データアナリストの副業案件案件例の1つとして、エンジニア型があります。エンジニア型は機械学習の知識などを活用しながら、一定の法則を見出すことでサービスの品質向上を行います。
データの規則性を見出すために、コンサル型に比べてより専門的な知識が必要になります。エンジニア型の副業案件例は以下のようなものがあります。

データ分析案件情報
案件概要 ビッグデータ可視化サービスの分析業務
業務内容 クライアントの課題抽出
Locomizerおよび独自技術による、膨大な位置情報データ(数百万ユーザー)の分析
レポート作成
ユーザー行動を可視化するためのプロダクト開発
求められるスキル (1)機械学習においてPythonを用いた開発経験(3年以上)
(2)SQLの活用経験
(3)データマイニング、統計解析、機械学習などの知識と活用経験
単価 2,500円~
環境 週10時間から稼働、リモート可

リモートワークが可能なデータ分析の副業案件はあるのか?

上記のデータ分析の副業案件例からもわかるように、データ分析の副業案件の中にはフルリモート可や一部リモート可などリモート可能な副業案件が多数存在します。
リモートワーク可の環境で働きたいと考えている方は、リモート可否を確認してから副業案件に応募することをおすすめします。

リモートワークでデータ分析に関する副業を探したい方はDXに関わる案件とフルリモートの案件を専門としたフリーランスエンジニアやコンサルタントのためのデジタルプラットフォームコンタクトアースマッチングがオススメです。
完全無料で利用できるので最新の副業案件情報を見逃した方は登録だけでも早めに済ませておきましょう。

データ分析の副業案件のおすすめな探し方3選

データ分析の副業案件の探し方

一言でデータ分析の副業案件と言っても様々な例がありましたよね。そこでこのような副業案件をどのように探していくかについてまとめてみました。

エージェントを活用して副業案件をさがす

データ分析の副業案件の探し方として、エージェントを利用する方法があります。自身の保有しているスキルや経験を登録するとエージェントがデータ分析に関わる副業案件を紹介してくれます
エージェントを利用するメリットは自身の条件に合った副業案件を見つけられる可能性が高いことやエージェントがサポートしてくれるためトラブルが少ないことが挙げられます。一方で副業のデータ分析案件を探していく中でエージェントとの相性が合わないこともあるため注意が必要です。

クラウドソーシングで副業案件を受注

エージェントを利用する他にデータ分析の副業案件の探し方として、クラウドソーシングを利用する方法があります。クラウドソーシングとは、企業がインターネットを活用して不特定多数の人に向けて業務を委託することを言います。
近年、多くの企業で働き方改革やダイバーシティ推進などが行われるようになり、労働者側もワークライフバランスの意識や副業をするなど働き方の多様化が見られます。

さらに新型コロナウイルスの影響による社会の変革を受け、クラウドソーシングの需要が高まっているのが現状です。そのため今後、データ分析に関する仕事など専門的な案件の募集がクラウドソーシングで拡大していくと予測できます。
クラウドソーシングのメリットとしてはデータ分析の業務の経験が少なくてもできる副業案件があることやフルリモートの副業案件が多いことが挙げられます。一方でエージェントを利用した場合に比べて副業案件の単価が低めの傾向があるので注意が必要です。

賞金の出るコンペに挑戦してみる

少し特異な副業収入として、賞金の出るコンペに挑戦することが挙げられます。具体的には、Kaggleと呼ばれる世界中のデータサイエンティストや機械学習エンジニアが集まるコンペなどが挙げられます。
コンペの中には優秀な案に対して賞金が出されるものもあるため、上位に入れば副業収入を獲得できるかもしれません。

また、コンペで実績を上げれば企業からデータ分析に関する副業案件を獲得できる可能性もあると言えます。自身のデータ分析力を試すためにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

データ分析の副業案件を紹介してくれる人気サービス4選

データ分析の副業案件を紹介してくれるサービス4選

データ分析の副業案件を探す際におすすめのサービスについてご紹介します。

コンタクトアースマッチング(ContactEARTH matching)

テータ分析の副業が探しでフリーランスに人気なコンタクトアースマッチング

コンタクトアースマッチングはフリーランスの方向けに高単価な副業案件紹介を行っている人気サービスです。
人脈づくり、セールス、独立、キャリアなど様々な面からのサポート体制が整っていることが特徴です。

100万円以上のデータ分析案件もあるのでとりあえず登録して試してみるのがおすすめです。

ビッグデータナビ(BIGDATE NAVI)

データ分析の副業案件を探しで有名なビックデータナビ

ビッグデータナビはAIや機械学習、IoTなどデータ分析の領域に特化した人気のエージェントサービスです。
フリーランスエージェントとして機械学習などのAI分野では国内最大規模の案件を保有していることが強みです。

プログラミング言語や開発環境などを指定して検索できるため、条件に合ったデータ分析に関する副業案件が見つけられる可能性があります。

ランサーズ(Lancers)

データ分析の副業を探しにおすすめなランサーズ

ランサーズは日本最大級のクラウドソーシングサイトで副業案件も多数保有しており、多様な働き方を選択できるフリーランスや副業さがしに人気のサービスです。
クラウドソーシングで副業案件を受注する際には登録してみることをおすすめします。

データ分析に関する副業案件だけでなく、幅広い職種に対応していることが特徴です。また、リモートワーク可能な副業案件も多数保有しており、多様な働き方を選択できます。
クラウドソーシングでデータ分析に関する副業案件を受注する際には登録してみることをおすすめします。

クラウドワークス(Crowd Works)

データ分析の副業さがしに人気なクラウドワークス

クラウドワークスは業界内最高級のユーザー数を誇るクラウドソーシングサイトです。未経験者可の副業案件から上級者向けの副業案件まで幅広い案件を取り扱っていることが特徴です。
また、働く場もWeb上から現場まで様々なため自身の経験やスキルに合った副業案件を見つけることができるでしょう。クラウドソーシングで副業案件を受注してみようとお考えの方は是非クラウドワークスを活用してみてください。

【初心者必見】データ分析の副業を失敗しないために始める前確認すべきこと

【初心者必見】データ分析の副業を失敗しないために始める前確認すべきこと

多様な働き方の増加からデータ分析の副業を始めようとお考えの方が増えています。
ここではデータ分析の副業を始める前に注意しておくべきことをご紹介します。

就業規則の確認

データ分析の副業に限らず、副業を始める前に確認しておきたいことの1つに本業の就業規則の確認があります。副業を行うことで本業に支障をきたしてしまっては元も子もありません。
企業によっては副業不可の場合もあるでしょう。そのため副業を始める前に就業規則を確認することをおすすめします。

税金への理解は十分か

こちらもデータ分析の副業に限ったことではありませんが、副業を行う際には税金について理解しておくことも大切です。
副業で得た収入も金額によっては確定申告を行う必要があります。特にデータ分析に関する副業案件は高単価なものも多いため、税金や確定申告について十分に理解してから副業を始めることをおすすめします。

データ分析の副業についてまとめ

今回はデータ分析の副業案件をについてご紹介しました。近年ではリモートワーク可能な副業案件も増加しており、多様な働き方を選択できるようになっています。
また、データ分析に関する仕事は人手が足りていないという現状もあり、データ分析に関する仕事の需要は高いといえます。
自身の条件やスキルに合ったデータ分析に関する副業案件が見つけられるように願っております。

以下の記事は人気の副業やデータサイエンティストに関しての情報をまとめたものです。
副業で失敗したくない方や情報・知識を得たい方はぜひ有効活用してください。

データ分析の副業を探している方はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化