データサイエンティストの案件動向と単価相場をご紹介します。

こんにちは。当メディアを運営するストラテジーテックコンサルティング編集部です。

近年、AI技術の進化やビッグデータの拡大によって、データサイエンティストの需要は高まっていると言えます。また、働き方の多様化によって終身雇用の概念が薄れ、副業やフリーランスとして活動する方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、フリーランス志望又はフリーランスとして活動中のデータサイエンティストの方向けにデータサイエンティスト・データ分析案件の動向や単価相場について徹底解説しました!

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングを知ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上の高単価案件もアリ

3,無料プロフィール登録だけで企業があなたをスカウト

データサイエンティストの将来性

データサイエンティストの将来性

データサイエンティストは、データを機械学習や統計学によって分析することで課題解決に向けて支援する仕事です。IT技術の発展に伴ってデータサイエンティストの需要が高まっている一方で将来データサイエンティストの仕事はなくなるとも言われています。そこでデータサイエンティストの仕事がなくなるのかや未来の動向についてご紹介します。

データサイエンティストはなくなるのか

ここではデータサイエンティストがなくなると言われている原因についてご紹介します。原因は主に3つあり、AI技術の進化、データサイエンティストの定義が曖昧なこと、高度なスキルが必要なことが挙げられます。

①AI技術の進化近年、ものすごいスピードでAI技術が進化しており、データの収集や分析をAIによって行うことができるようになっています。そこでAI技術によって、データ分析などデータサイエンティストの仕事が奪われてしまう可能性があると言われています。
②定義が曖昧データサイエンティストは定義が曖昧です。仕事内容が近い職種としてデータアナリストやデータエンジニアが挙げられます。それぞれの役割が明確に分けられていないため、データサイエンティストの仕事をデータアナリストやデータエンジニアに含めてしまう可能性があります。また、データサイエンティストという言葉を聞いた企業がイメージする人材と実際に持つスキルに隔たりがあるという問題点もあります。
③高度なスキルが必要データサイエンティストの仕事は、高度な専門スキルが求められます。そのため、現段階では需要過多による人材不足が課題として挙げられており、最近では人材育成が活発に行われています。人材育成によって高度な人材が育ち供給過多の状態になることで、スキルの低い人材が不要になるという意味合いで、データサイエンティストの仕事がなくなると言われています。

データサイエンティストの未来

上記でデータサイエンティストの仕事がなくなると言われている要因についてご紹介しました。しかし、現段階では供給過多な状況であることから、すぐにデータサイエンティストの仕事がなくなることはないと言われています。現在ではビッグデータの需要も拡大しており、多くの企業がAIシステムの導入に力を入れています。迅速にデータを収集して最適な形を作成する必要があります。

AIは過去のデータを参考に分析することはできますが、新たな課題解決方法を考えることはできません。そこで、AI開発やビッグデータを扱えるデータサイエンティストが求められます。つまり、まだまだAIだけでは扱えない領域もあるため、データサイエンティストの需要は高いと言えます。

また、近年では日本でもデータサイエンティストの育成が進んでいます。具体的には、いくつかの大学でデータサイエンティストに関する学部が設立されていることやデータサイエンティスト協会が発足したことなどが挙げられます。データサイエンティストの育成が進んでいることからデータサイエンティストがなくなる可能性は低いと考えられます。データサイエンティストの需要は今後も増えていくと言えるでしょう。

データサイエンティストの年収

データサイエンティストの年収

今後もデータサイエンティストの需要は高まっていくと言えます。では実際にデータサイエンティストとして生活していく場合、どのくらい稼ぐことができるのかを知っていく必要があります。そこで以下の表にJobQを参考としてデータサイエンティストの年収についてまとめてみました。

平均年収 655万円
20代 350~470万円
30代 400~600万円
40代 530~750万円

また、レテバックフリーランスの調べによると、フリーランスのデータサイエンティストの平均年収は、約828万円です。そのため、フリーランスとして活動したほうがより高い年収を獲得できる可能性があります。よってスキルや経験があるデータサイエンティストはフリーランスとして活動することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。
参考:)データサイエンティストの年収は655万!年齢別・職位別もご紹介 データサイエンティストの年収相場

フリーランスのデータサイエンティスト案件例

フリーランスのデータサイエンティスト案件例

フリーランスのデータサイエンティストとして活動する際に、どのような案件があるのかをご紹介します。また、副業のデータサイエンティストの案件例に関しては他記事でご紹介しているので参考にしてみてください。

より詳しく知りたい方はこちらデータ分析の副業案件をご紹介します

案件情報①
案件概要 機械学習エンジニア、レコメンドアルゴリズム案件
業務内容 大手企業、研究機関、自治体とのプロジェクトに参画、学習モデルの開発
求められるスキル (1)Web媒体で取得したデータの分析経験
(2)Deep Learningを用いた学習モデルの開発経験
(3)類似度判定の学習モデル開発経験
(4)OPE(Off-Policy Evaluation)への興味関心
単価 88万円/月
勤務地 東京都
案件情報②
案件概要  ウェアラブル端末取得データの分析支援
業務内容 健康経営に活かすためのウェラブル端末から取得した歩数・心拍数データ及び健診・レセプトデータの集計、簡単な統計解析
求められるスキル (1)データ整備及び集計実務経験
(2)R言語の使用
(3)Excelによる表・グラフ作成
(4)Pythonへの関心
単価 100万円/月
勤務地 東京都
案件情報③
案件概要 クライアント企業のデータ分析
業務内容 企業の膨大なデータを活用した、デジタルマーケティング
求められるスキル (1)GTMを用いた仕様設計と実装業務経験1年以上
(2)KPI設計の経験
(3)Googleアナリティクス実装経験
(4)JavaScript利用経験
単価 66万円/月
勤務地 東京都

フリーランスのデータサイエンティストは80万円以上の単価で参画できる案件が多いことがわかります。単価も含めて自身の条件に合った案件が見つかるように願っております。

データサイエンティスト案件の単価相場

前項でデータサイエンティストの案件例をご紹介しました。フリーランスとして案件を探す際には、単価も含めて判断すると思います。なお、データサイエンティストの案件は「開発言語」によって大きく変動してくるため、今回は主要開発言語別に月額単価相場を以下表にまとめました。

【開発言語別 データサイエンティスト案件平均単価相場】

開発言語 単価/月
GitHub 145万円
Firebase 120万円
Hive 120万円
C言語 110万円
Scala 106万円
SAS 104万円
Falsk 102万円
Jaba 101万円

参考:)データサイエンティストのフリーランス求人・案件一覧

データサイエンティストとして高単価案件を獲得するためには

データサイエンティストとして高単価案件を獲得するためには

データサイエンティストとしてより高単価な案件を獲得するためにはどうしたら良いのでしょうか。ここではより高単価な案件に参画するために、必要なスキルについてご紹介します。

多様なプログラミング言語の知見

先述したデータサイエンティストの案件単価相場でもわかるように、プログラミング言語によって単価の平均相場は異なります。特にGitHubに関する単価が高い傾向にあります。GitHubでプロジェクトを進めた経験がある方は、データを扱う際に必要な情報を効率よくまとめデータサイエンティストの業務を効率化させます。また、データサイエンティストは主にPython、R言語のいずれかを使う場合がほとんどです。特にR言語は難易度も高く、取得してると汎用的な活躍ができるためオススメしています。

コンサルティングスキル

データサイエンティストの業務の中には、課題解決のために関係者に対してヒアリングを行い、戦略を提案するといったコンサルティングも含みます。そのため、コンサルティング能力が求められます。また同時に様々な部署の方とコミュニケーションを取ったり、提案をわかりやすく伝えたりする力も必要です。

英語力

プログラミング言語やIT技術、AI技術などに関する最新の情報は、英語で提供されることが多いです。データ分析を行うためには情報は重要です。最新の情報を早く獲得するためにも英語力があると役立つと言えます。また近年ではグローバル展開を目指している企業も多いです。英語力があれば参画できる案件の幅が広がる可能性があります。

データ分析案件をお探しのデータサイエンティストはコンタクトアースマッチング

いかがでしょうか。今回はデータサイエンティストのフリーランス案件についてご紹介しました。フリーランスという働き方が広まっていくことで、案件数も増加していくと考えられます。本記事がデータサイエンティストの方にとって有益なものになることを願っています。

弊社が運営するコンタクトアースマッチングなら高単価のデータ分析案件をかんたんに探すことができます。
完全無料なので最新のデータ分析案件情報を見逃したくない人はかんたん10秒の無料登録だけでも早めに済ませておきましょう!

無料スカウト登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化