プロジェクトマネージャー(PM)の平均年収|1000万円は目指せる?

PMとは目的・目標が定められたプロジェクトを期限内に成功させるべくプロジェクトをマネジメントする存在です。

スケジュール管理や品質など、プロジェクトメンバーの中でも責任の重い職業になります。また、エンジニアは部下、PMは上司という関係になる場合が多く、一般的に高い年収を期待することが可能です。

今回は、PMの平均年収や独立した場合の年収、高年収を目指すためにやるべきことについて解説しますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください!

企業からスカウトが来るプラットフォームcontactEARTHmatching

完全リモートのDX案件が探せる

コンタクトアースマッチングはもう使っていますか?

プロジェクトマネージャー(PM)の平均年収

プロジェクトマネージャー(PM)の平均年収

求人ボックスによると、PMの平均年収は、正社員の場合618万円とされています。月給に換算すると大体51万円になります。年収レンジは、およそ374万円〜1,152万円となります。幅広い年収になりますが、スキル次第で年収が大きく変わる職種です。

また、PMの年収は地域によっても異なります。日本の中でもっとも給料が高いのが東京です。平均年収は652万円程度になります。次いで神奈川、埼玉、千葉の順です。

求人件数の推移は上昇傾向にあり、昔に比べて案件が増えています。そのため、安定して仕事を続けやすい職種の一つです。

ご紹介した年収は、働く地域だけでなく、企業やスキル、資格の有無によって変化します。誰でも同じ金額を受け取れるというわけではないため、その点は注意するようにしましょう。

参考:)求人ナビ

独立したプロジェクトマネージャー(PM)の年収

独立したプロジェクトマネージャー(PM)の年収

上記の年収は会社に勤めた場合になります。現在は、フリーランスとして働く方も多いですが、独立したPMの年収はどのぐらいなのでしょうか。

独立した場合の平均年収は891.5万円です。そのため、案件を受注することができれば、高額収入を得ることができるでしょう。

また、実際に案件の中には月収120〜140万円でPMを募集しているものもあります。仕事内容は責任が重くなりますが、それと引き換えに高い年収を目指すことができるため、憧れを抱いているフリーランスも多いのではないでしょうか。

コンタクトアースマッチング公式サイト

プロジェクトマネージャー(PM)が高年収を目指すには?

プロジェクトマネージャー(PM)が高年収を目指すには?

PMは高年収を期待できる職業ですが、就任すれば誰でも満足のできる報酬を得られるわけではありません。実際に、高年収を目指すためには、どのような努力が必要なのでしょうか。ここでは、具体的に高年収を目指すための方法についてご紹介します。

高額案件に挑戦する

1つ目の方法は、できるだけ高額案件に取り組むことです。フリーランスが仕事をするためには、案件を取得する必要があります。そして、案件によって報酬額は大きく異なるのです。

例えば、案件Aは年収1080〜1260万円程度期待できるのに対して、案件Bは960万円程度に設定されていることもあります。つまり、フリーランスは高額案件に取り組んだほうが高い年収を期待できるというわけです。

しかし、年収が高い案件は、かなりのスキルや経験が求められるケースもあります。そのため、受注するためには資格を取得したり、経験を積んだりすることが必要になるでしょう。

資格を取得する

2つ目は、資格を取得することです。たしかに、PMは資格が必要な職業ではありません。実際に、フリーランスの中には、今まで身に付けた経験とスキルだけでさまざまなプロジェクトに参加している方も多いです。しかし、資格を身に付けたほうが働き方に関わらず、有利に転職や案件を取得できる可能性があります。

その理由は、資格を取得することで自分のスキルを客観的に証明することができるからです。面接のとき、細かく経験やスキルを語るよりも合格証明書を出すほうが自分の能力をわかりやすく表現することができます。そのため、採用される可能性が高くなるでしょう。

例えば、IPAのプロジェクトマネージャ資格必須と書かれた案件にも応募しやすくなります。挑戦できる仕事の幅を広げることができるので、食いっぱぐれの心配がありません。

案件を安定して受注できる、仕事の幅を広げて取り組める案件を増やすことは年収アップにつながります。そのため、資格を取得すれば高年収を目指せる可能性があるでしょう。

複数のプロジェクトを兼任する

3つ目は、複数のプロジェクトを兼任することです。会社員の場合、副業が認められていないと難しいですが、取り組む案件が増えれば増えるほど、年収が高くなります。そのため、複数のプロジェクトに挑戦することは年収アップにつなげることができるでしょう。

しかし、兼任にはリスクがあります。複数の案件を同時進行で管理する必要があるため、バランスが偏ってしまうとひとつのプロジェクトが失敗に終わるケースも少なくないでしょう。また、1日に使えるのは24時間です。限られた時間で仕事をこなさなければならないため、負担が大きくなります。これらのリスクを回避するためには、限られた工数でも高パフォーマンスを維持できる経験と知識が必要です。

会社員が年収を上げたいなら独立する

4つ目は、フリーランスに転身することです。上記でもご説明したように、会社員とフリーランスでは後者のほうが平均年収は高くなります。そのため、独立することで高収入を得られる可能性が高くなるでしょう。

フリーランスは自分で得たい収入を決めて案件に取り組むことができます。また、副業という概念は存在せず、複数のプロジェクトを兼任することも容易です。

しかし、独立後すぐに誰でも案件を獲得できるわけではありません。また、プロジェクトが終了すると再び営業活動をして仕事を探す必要があります。高収入にはなりますが、雇用で守られているわけではないため、それなりにリスクがあることも念頭に入れておきましょう。

複数の言語を習得する

5つ目は、複数のプログラミング言語を習得することです。扱える言語が増えれば増えるほど、取り組むことができる案件の幅も広がります。IT人材としてより貴重な存在になりやすくなるため、それが年収アップにつながることも珍しくありません。

プロジェクトマネージャー(PM)は年収1000万円を稼げる?

プロジェクトマネージャー(PM)は年収1000万円を稼げる?

PMが年収1,000万円を超えることは難しいことではありません。なぜなら、プロジェクトの最高責任者であるため、企業はPMに高額報酬を支払う傾向が高いです。また、PMの人材不足は加速しています。人手が少ないということは、需要に対して供給が追いつかないことを意味しており、多くの費用を支払って人材確保に乗り出す動きも起こってくるのです。

PMが年収1,000万円を超えるためには、相当のスキルと経験が必要になります。例えば、専門性の高い資格を持っていたり、語学スキルを持っていたりするPMは高額報酬を獲得しやすいです。過去には、2,000万円の年収でPMを募集していた求人もあるため、年収1,000万円を超えることは難しくないといえるでしょう。

プロジェクトマネージャー(PM)は高年収が期待できる

PM案件は比較的高額で、1,000万円超えることも難しくありません。そのため、年収1,000万円を目標にしてIT人材として活躍している人は、PMを目指すのもひとつの手になるでしょう。

ちなみに、PMになれば誰でも年収1,000万円を獲得できるわけではありません。経験やスキル、資格などさまざまな内容が求められるため、年収1,000万円を目指すためには、相当の努力が必要になるでしょう。

弊社が運営するコンタクトアースマッチングなら高単価のPM案件を簡単に探すことができます。もちろん、登録に関しては完全無料になっているため、挑戦したい人なら誰でも利用可能です。ぜひこの機会に登録をして高額案件に応募してみてはいかがでしょうか。

プロダクトマネージャー(PM)の方へ無料登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化