プロダクトマネージャー(PDM)の平均年収は高い?業界別に解説

「プロダクトマネージャーになったら年収はいくらぐらいなのか」と、年収が気になっている方は多いのではないでしょうか。

企業が提供する製品やサービスなどのプロダクトを成功へと導くのが仕事のプロダクトマネージャーは、今注目を浴びている職種の1つです。ただプロダクトマネージャーの年収額を、具体的にはイメージしにくいはずです。

そこでプロダクトマネージャーの平均年収額や、プロダクトマネージャーになるための能力について解説します。プロダクトマネージャー志望の方は、ぜひ内容をチェックしてみて下さい。

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングはもう使ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上高単価案件も豊富

3,かんたん10秒無料プロフィール登録だけでつかえる

プロダクトマネージャーとは

プロジェクトマネージャーとは

まず初めに、プロダクトマネージャーとはどんな職種なのかを知る必要があります。プロダクトマネージャーとは、一言で表現すると「企業が提供するプロダクト全般の指揮を執る総合責任者」です。

プロダクトを広めるための販売戦略を考案したり、将来的な見通しを立てたり、実際に開発に携わったりなどです。

プロダクトの販売や売上の責任を負い、成功を目指してすべての工程を管理する非常に重要な役割です。

重い責任が伸し掛かる職種ですので、新人や若手はなかなか任せてもらえません。

企業である程度経験を積んできたキャリアのある人が、プロダクトマネージャーを任されることが多いです。限られた人しかできないですし、とてもやりがいのある仕事です。

プロダクトマネージャーの平均年収

プロジェクトマネージャーの平均年収

プロダクトマネージャーの年収レンジは約350万円~1,000万円前後で、平均すると約700万円ほどになります。一般的な会社員の平均年収が450万円弱ですから、プロダクトマネージャーの年収は十分高いと判断できます。

ただ年収レンジの最少と最大の額に開きがあることからもわかるように、同じプロダクトマネージャーでも業界によって実際の年収に差があります。どんな業界でも年収が変わらないわけではありません。

そこでプロダクトマネージャーの年収を業界別に細かく分けて、さらに詳しく解説していきます。

ビジネス系ITツールを開発する企業

今は企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)化が急速に進行していて、ビジネス系ITツールへの需要が高まっています。そのためITツールのプロダクトマネージャーは、600万円以上の年収を見込めます。

開発したITツールの評判が良くて業績が伸びれば、プロダクトマネージャーの年収にも反映されます。今ホットな業界だといえます。たとえば人材発掘・営業支援・在庫管理ツールなどのプロダクト開発が典型的な例です。

スマホのエンタメ系アプリを開発する企業

ビジネス系だけに限らず、スマホのエンタメ系アプリを開発する企業のプロダクトマネージャーも高額年収を期待できます。

漫画やゲームなどのアプリは多くのユーザーが存在しますので、ヒットすれば企業の売上に大きく貢献できるのは間違いありません。今はスマホがほとんどの人に行き渡り、老若男女を問わず誰もがエンタメ系アプリを楽しむようになりました。依然として好調な業界ですので、プロダクトマネージャーの年収は高めです。

アパレル系企業

アパレル系企業のプロダクトマネージャーの平均年収は約400万円ほどとなっており、ITツールやアプリ開発を手掛ける企業と比べてやや低い印象です。現代はファストファッションが主流となり、苦戦を強いられるアパレル系企業は少なくありません。

ただユニクロのようなメジャー企業は例外で、平均を大きく上回ることがあります。たとえ同じ業界でも、プロダクトマネージャーの年収は企業によって異なると覚えておきましょう。

プロダクトマネージャーになるには

プロジェクトマネージャーになるには

プロダクトマネージャーになるのに、特別な資格は必要ありません。ですので企業に勤めてさえいれば、誰にでもチャンスはあります。ですがプロダクトマネージャーはプロダクトの総合責任者ですので、相応の能力を求められます。希望すれば誰でも簡単になれるわけではありません。

ではプロダクトマネージャーにどんな能力が求められるのかを確認していきましょう。

マーケティング能力を身につけることが大事

プロダクトマネージャーは、企業のプロダクトをヒットさせて売り上げを伸ばすのが仕事です。それを実現するには、マーケティング能力が欠かせません。

消費者が何を求めているのか、どんな販売戦略を立てるのか、どうプロモーションするかなど、マーケティング能力が備わっていなければプロダクトマネージャーとしての成功は望めません。

プロダクトマネージャーの第一歩としておすすめなのは、企業の商品開発部に所属することです。

商品開発部なら、プロダクト開発やマーケティングに関するノウハウを一から実践的に学べます。プロダクトマネージャーとしての土台作りに、商品開発部は適しています。

新人のうちは失敗することもありますが、その失敗も糧になります。マーケティング能力を全般的に身につけていけば、プロダクトマネージャーに一歩近付きます。

全体を見通せる客観的視点

プロダクトマネージャーは、プロダクトに関するすべてのことを管理する立場です。品質・納期・在庫・広告などの管理を任されています。

それらの管理すべてを滞りがないように調整しながら、プロダクトを成功へと導かなければいけません。そのためには全体を見通せる客観的視点が必要不可欠です。プロダクトマネージャーには、一点に集中する専門職とは異なる視点が求められます。

プロダクトマネージャーを目指すなら、常日頃から全体を見通す視野の広さを持ちましょう。

客観的な視点を養うには様々なPJT経験や資格による体系的な理解を深めると良いでしょう。

コミュニケーション能力を養う

さまざまな部門のスタッフとやり取りするプロダクトマネージャーには、全方向的なコミュニケーション能力が必要です。もしもコミュニケーション能力が不足していたら、ちょっとした行き違いから重大なトラブルが生じてしまいかねません。コミュニケーション能力はどんな仕事にも求められるものですが、プロダクトマネージャーは特に必要です。

また場合によっては海外のスタッフとやり取りすることもありますし、セクションにとらわれることなくいろいろな人とコンタクトを取るのが日常茶飯事です。誰とでも不自由なくやり取りできるコミュニケーション能力を養うことが、プロダクトマネージャーになるための近道です。

プロダクトマネージャーは高年収が期待できる!

一般的な仕事と比べて責任が大きいだけに、プロダクトマネージャーは高年収が期待できます。1つの能力だけに限らずいろいろな能力を求められるため、プロダクトマネージャーになるのは決して簡単ではありません。マーケティングやコミュニケーション能力があり、なおかつ全体を見通せる客観的視点も必要です。

常にプロダクトの責任が生じて大変な部分も多いプロダクトマネージャーですが、プロダクトを成功へと導けば大きなやりがいと働きに応じた高年収が得られます。企業から高く評価されますし、周りのスタッフからの信頼も得られます。また自分の手がけたプロダクトが世間で受け入れられることに他の仕事では味わない達成感を覚えられるのも、プロダクトマネージャーの魅力です。

業界によって年収にバラつきはあるものの、プロダクトマネージャーの平均年収は約700万円と高水準をマークしています。やりがいが感じられてしかも高年収ですので、プロダクトに深く関わる仕事に興味がある方は、ぜひともプロダクトマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。

案件探しは、コンタクトアースマッチングがおすすめです。
最新の高単価案件を見逃したくない方はこちらからかんたん10秒の無料会員登録!

プロダクトマネージャーの方へ無料登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化