プロジェクトマネージャー(PM)のキャリアパスをご紹介します

こんにちは。本メディアを運営するストラテジーテックコンサルティング編集部です。

プロジェクトの目的・目標達成するためにプロジェクトのプロセスをマネジメントするPMの(プロジェクトマネージャー)存在は必要不可欠です。SEからPMになったけれどもその先のキャリアパスについて知りたい方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、PM経験者のキャリアパスとPMの市場価値や有しておくべき経験などをまとめました。ぜひご覧ください。

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングを知ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上の高単価案件もアリ

3,無料プロフィール登録だけで企業があなたをスカウト

PM経験者の主要キャリアパス

早速本題のPM経験者のキャリアパスについて紹介していきます。是非キャリア形成の参考にしてみてください。なお掲載したキャリアパスだけが全てではありません。

PMO

PM経験のある人は歓迎されやすいキャリアの一つです。PMOはプロジェクトの管理業務や進捗・品質管理など細かい事務作業を行ったり、プロジェクトマネジメント全体を俯瞰的な視点で観察しPMへのフィードバックやプロジェクト全体の分析など多彩な働きを行います。PM経験者の方は、PMOとかかわった経験があると思いますので比較的イメージしやすいキャリアの一つです。以下の記事にてPMOの将来性やキャリアパスについて紹介しています。PMOに転身を検討している方は是非参考にしてみてください。

ITコンサルタント

PMからITコンサルタントに進むキャリアです。PMは決められたプロジェクトを与えられた権限内で最大限の結果を出す職種ですが、一方ITコンサルタントは、企業の経営課題をIT技術を活用して解決する専門家です。PMは決められたプロジェクトを遂行していくのに対して、ITコンサルタントが担当するのはその上流工程になります。

PM経験があることで支持される側の現場の理解度やマネジメントの汎用的スキルを活かせるキャリアの一つです。ITコンサルタントは一口に言ってもさまざまな種類があります。ITコンサルタントの種類や年収、年代別のキャリアパスなどについて下記サイトで紹介しています。是非ご覧ください。

より詳しく知りたい方はこちらITコンサルタントの年収やキャリアパスについて

独立してフリーランスPM

PMとして経験を積んだ後、独立をしてフリーランスのPMになるキャリアです。主に案件紹介サービスやエージェントに登録をして収入を得ます。フリーランスPMのメリットとして「高年収が期待できる」「やりたいプロジェクトを選びやすい」などが挙げられます。また、働き方改革の影響もあり「週2回のPM副業案件」なども存在している状況と多くの企業がDX推進を進めている影響からPMの案件数も軒並み上昇しています。PMの方にオススメなキャリアの一つです。

以下の記事にて詳しく「フリーランスPMになる前に知っておくべき知識」を紹介していますので独立をお考えの方はぜひご覧ください

PM経験者の汎用的スキルと目標達成思考は高いビジネススキルとして多くの企業が求めています。ベンチャー企業トップマネジメントの役員、もう一度エンジニアとしてスペシャリストを目指す道、IT系以外のコンサルタントなど選択肢などもあるようです。いずれにしても「PM経験者」としての市場価値を高めておくことで新しいキャリアを選びやすくなることは間違いないでしょう。

PMの市場価値

ずばりPMの市場価値は安定もしくは拡大傾向にあると言えるでしょう。IT系求人サイトを覗いてみると「PM経験者募集」「PM候補募集」こうした求人が以前より増えました。世界中のデジタル化の促進に伴い日本中でIT系人材が不足していることは読者の皆様もご存じかと思います。とりわけPMの不足が目立っている状況です。高度なマネジメントスキルに加えてITの幅広い知見、高度情報通信技術など求められるスキルが高いため人材不足が起きているのです。そうした中、総務省は※「高度情報通信人材を育成する実践的なプログラム教材」を開発するなどしてPMの不足を解消しようとしています。

また、テクノロジーの変化によりビジネスの外部環境の変化が急速に進み、企業や組織は内部環境を適応させる必要性がでてきました。変化する環境の中で「売上を上げる」「費用を下げる」といった基本的な企業の活動に新しい「目標」を立てて「期限内」に達成することが求められているのです。そこで活躍するのがプロジェクトマネジメントスキルをもったPMの存在です。今後もDX推進の勢いが続いていく中、プロジェクトをやりくりするPMの市場価値は高いと考えられます。

参照:)高度情報通信人材を育成する実践的なプログラム

市場価値の高いPMが有している経験

ここでは市場価値が高いPMが有している経験について解説致します。市場価値の高いPMになると選べるキャリアも増えてきますので、意識して経験してみてはいかがでしょうか。

大規模プロジェクトの経験

大規模プロジェクトは3年~5年の長期間かつ膨大な費用と多くのステークホルダが関わるプロジェクトです。特徴として、長期になるため不確実性が生まれやすく、途中でプロジェクトを修正する力が求められます。また、多くのプロジェクトチームメンバーを一致団結させるマネジメントスキル、PMOやプロジェクトスポンサーなどと協力する協調性などが必要になるため大規模プロジェクトを経験しているPMは市場価値が高くなります。別業界に転職する場合例えば「20人以上のプロジェクトを成功させた」経験などは好印象を与える材料になるでしょう。

豊富なシステム開発経験

PMは企画側の企業やITコンサルタントと現場のプログラマーやSEの間に入り交渉を行います。システム開発経験があると、説得力のある折衝を行うことができるのです。また、エンジニア目線でコミュニケーションを取りやすく、メンタルケアなど細やかな配慮を行うことができます。Googleに在籍するPMの仕事内容は以下のように定義されています。※「優れたプロダクトをエンジニアが構築できるように、対象を定義し、判断を手引きし、障害物を取り除くこと」とあります。実際にシステムを開発するエンジニア目線に立つことがいかに重要かわかりますね。そうした理由から実際にシステム開発経験があるPMはIT系プロジェクトにおいて多様な視点からマネジメントスキルを発揮しやすくなるため市場価値が高くなります。

参照:)好奇心から生まれた優れたプロダクト: ある PM の Google までのキャリア

プロジェクトマネージャーのキャリアパスまとめ

いかかでしたでしょうか。今回は、PM経験者のキャリアパスや市場価値についてご紹介しました。PM経験者のキャリアパスは多く存在していますが、時代に合わせたキャリアを描けるように自己研鑽は怠らないことが大切です。

弊社が運営するコンタクトアースマッチングなら高単価のPM案件をかんたんに探すことができます。
完全無料なので最新のPM案件情報を見逃したくない人はかんたん10秒の無料登録だけでも早めに済ませておきましょう!

PMの方へ無料登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化