プロジェクトマネージャー(PM)の仕事内容・年収・資格について紹介しました

こんにちは。本メディアを運営するストラテジーテックコンサルティング編集部です。

プロジェクトマネージャーとは目的・目標が定められたプロジェクトを期限内に成功させるべくプロジェクトをマネジメントする存在です。プロジェクトが存在する限り、プロジェクトマネージャーは必要とされ続ける今後も需要が高い職種の一つです。そこで今回はプロジェクトマネージャーを目指す方向けに仕事内容と年収、オススメの資格や近年の働き方についてご紹介致しました。

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングを知ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上の高単価案件もアリ

3,無料プロフィール登録だけで企業があなたをスカウト

プロジェクトマネージャー(PM)とは

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトマネジメントの知識や技術をもち、プロジェクトマネジメント経験やチームビルディングを通して目的や目標を期限内までに達成させるようにマネジメントを行う人です。プロジェクトにおける総合的な責任を担います。

プロジェクトマネージャーは主にIT業界で活躍をしていますが、その高度な能力はどの業界・業態でも適用することができ、期日までに成果物が納品されるようにプロジェクトマネジメントのプロセスを担います。

プロジェクトマネージャー(PM)の仕事内容

新規事業開発、新規システム開発、顧客に対する新たな製品・サービス提供などのプロジェクトの責任者として、期日までに成果物を納品するようにマネジメント(立ち上げ、準備、プロジェクトのコントロール、実行)を行うのがプロジェクトマネージャーの仕事です。

プロジェクトマネージャーの具体的な仕事内容は、クライアントと共にプロジェクトの企画、予算の取り決め、納期の設定などをまとめることから始まります。実践的な場面であれば、プロジェクト憲章の作成やステークホルダの特定なども含まれます。

その後は、クライアント、ステークホルダから要求事項を聞き出し、目的・目標設定から人員、コスト等を考慮しつつ計画のイメージを立て、全体的な作業計画を作成します。プロジェクトマネージャーの労力がかかるのはこの計画段階でしょう。特にグローバルプロジェクトになると、海外法人の休日や祝日、時差、文化などを考慮して作成する必要もあります。

プロジェクトがスタートしたら計画通りに進むようにプロジェクトのコントロールをします。具体的には、作業の進捗を確認して進捗報告書を作成したり、スケジュールの遅延を修正するための是正処置などが挙げられます。実際のプロジェクトは計画通りに進まないことも多く「なぜ計画通り進まなかったのか?」という視点で、実績と計画の差を分析して、解決策を講じながらプロジェクトを遂行します。

プロジェクトマネージャーはプロジェクトが終結した後も仕事があります。プロジェクトメンバーを所属部署に戻したり、使用した機材・資材、コストの最終支払いなどの後片付け業務とプロジェクトの終結を詳細に記載したプロジェクト終結報告書を作成する必要性があります。プロジェクト関連文書は企業にとって貴重な情報財産となりますので、プロジェクトから得られた教訓などをまとめて保管するまでがプロジェクトマネージャーの仕事内容となります。

概括的に、プロジェクトマネージャーの仕事内容を解説致しました。上記紹介した仕事以外にもプロジェクトマネージャーは、細かな事務作業やチームビルディングの仕事があります。なお、プロジェクトマネージャーは、案件によって実際の開発業務と兼任してプロジェクトを行う場合もあります。まとめると、プロジェクトのプロセスを包括的にマネジメントする仕事と理解しておきましょう。

プロジェクトマネージャー(PM)に向いている人

プロジェクトは大勢の人と関わりながら進めていきます。多くの役割と仕事があるプロジェクトマネージャーですが、実際どんな人が向いているのでしょうか。結論から言うと「人間力が高い人」が向いていると言えるでしょう。そもそも、人間力とはなんでしょうか?文部科学省が発表している報告書から抜粋すると「社会・対人関係力的要素の中でコミュニケーションスキル、リーダーシップ、公共心、規範意識、他者を尊重し切磋琢磨しながらお互いを高めあう力など」とされています。

この人間力が高くなければ、プロジェクトを円滑に進めることは困難になるでしょう。いくら技術や知識があっても人間力が無ければプロジェクトを任せられません。「価値観を尊重してくれる」「この人ならついていきたい」とチームのメンバーに感じてもらえる人が向いていると言えます。

プロジェクトマネージャー(PM)の平均年収

次にプロジェクトマネージャーの平均年収を紹介していきます。

2017年の経済産業省の調査によればプロジェクトマネージャーの平均年収は891.5万円でした。プロジェクトマネージャーは、豊富な知見と高度なスキルを持ち合わせているため、年収1000万円を超える人もいるほどの高年収を期待できる職種の1つです。

参照:)IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

プロジェクトマネージャー(PM)の雇用形態・働き方

プロジェクトマネージャーの雇用形態は正社員・契約社員・独立してフリーランスの3つの働き方が一般的となっています。

また、近年働き方改革に伴ってプロジェクトマネージャーの仕事を副業で行えるようになっています。プロジェクトマネージャーの副業数は年々上昇傾向にあり、働き方の多様化が進んでいる状況です。プロジェクトマネージャーの副業に関しては以下のサイトで詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

プロジェクトマネージャー(PM)におすすめな資格

プロジェクトマネージャーとして働くために必ず必要な資格はありませんが、取得しておくと役立つ資格は存在します。

FE(基本情報技術者試験)

FEは、PM(プロジェクトマネージャ試験)と同じくIPA 独立行政法人が運営している資格です。FEはIT業界の登竜門と言われており、マネジメントやITに関する基本的な知識を身につけたい方におすすめの試験です。午前は四肢択一、午後は多肢選択式の試験になっています。令和1年の合格率は25.7%とPMPやPMに比べて難易度が低い試験のため、IT業界をこれから目指す方からマネジメントやITの全般の知識を確認したい方まで幅広い方に役立つ資格です。

PMP

PMPは、アメリカのPMI本部が認定しているプロジェクトマネジメントに関する国家資格です。PMIが策定したPMBOKガイドに基づいて実施され、プロジェクトマネジメントに関する知識があることを確認する試験です。

受験するには、プロジェクトマネジメントの指揮・監督する立場での経験と35時間の公式なプロジェクトマネジメントの研修の受講が必要です。また、PMPの資格は3年毎に更新が必要です。受験資格や取ってからも更新しなければならないため難しい資格ですが、スキルアップ、キャリアアップ、人的ネットワークの拡大が期待できます。

PM(プロジェクトマネージャ試験)

PMは、IPA 独立行政法人が運営していて、プロジェクトに関わる全てのスキルが確認できる資格です。プロジェクト全体の意思決定を実行しながら成功へ導き、メンバーを成長させるマネージャーを目指す方に最適な試験です。午前は四肢択一、午後は記述式と論述式の試験になっています。平成31年の合格率は14.1%と難関な試験ですが、受験資格はなく誰でも受験できるため、プロジェクトマネージャーとして働く際に取得しておくと役立つ可能性があります。

プロジェクトマネージャーの仕事内容まとめ

いかかでしょうか。

プロジェクトマネージャーの仕事内容は、あらゆるプロジェクトマネジメントに必要な技術や経験を生かしてプロジェクト期限内に成功させるものと分かりました。責任も多くプレッシャーも多い職種ですが、高年収や自身の成長につながる魅力的な仕事の一つです。少しでも本記事がプロジェクトマネージャーを目指す人の参考になりましたら幸いです。

弊社が運営するコンタクトアースマッチングなら高単価のPM案件をかんたんに探すことができます。
完全無料なので最新のPM案件情報を見逃したくない人はかんたん10秒の無料登録だけでも早めに済ませておきましょう!

無料スカウト登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化