PMが副業するメリット・デメリットや仕事を選ぶ際のポイントをご紹介します。

こんにちは。当メディアを運営するストラテジーテックコンサルティング編集部です。

近年、働き方改革が進むにつれて柔軟な働き方を選択しやすくなってきました。企業に属しながら副業を始め出したPMの方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は副業を検討中のPMの方向けに、PMの副業事情を徹底解説しました。

  • 「PMとして副業って、そもそも可能?需要はあるか?」
  • 「PM向け副業案件の単価ってどのくらい?」
  • 「PMとして副業を始めるメリット・デメリットは?」

といった疑問を全て払拭できる内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください!

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングを知ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上の高単価案件もアリ

3,無料プロフィール登録だけで企業があなたをスカウト

PMに副業をお勧めする理由

PMに副業をお勧めする理由

PMとして活動する方には、「マネジメント人材への需要が高まっていること」から、副業を開始することをお勧めしています。

読者の皆様もご存じのこととは思いますが、現在IT人材不足の課題を持たない企業は国内にほとんどありません。ITベンダー、コンサルファームをはじめIT人材不足が深刻化してきています(最たる原因は、少子高齢化)。それに加え、近年ではDXへの取り組みが必要となり、IT人材の需要が更に高まりを見せる一方で、IT人材不足という課題に更なる拍車をかけている現状です。

なかでも、豊富な知見や経験が求められるPMなどのマネジメント人材の不足は最も深刻であることから、各企業が副業をするPMなどにも目を向けてリソースの確保に動いています。そのため、PMとしての経験を有していれば比較的安易に副業案件を獲得することが可能です。

PMが副業するメリット

PMが副業するメリット

つづいて、PMが副業を開始することで得られるメリットをいくつかご紹介していきます。

PM向け副業案件は高単価を狙える

PMへのニーズが高いため、それに伴いPMの副業案件では高単価を狙いやすいと言えます。現段階では、副業案件数にPMの数が追い付いていないため、どの企業もPM確保のため、高単価で求人を掲載するケースがほとんどです。

また近年、ビジネスがグローバル化するに伴い、ITコンサルティングプロジェクトも、複雑かつ肥大化しています。そのようなプロジェクトでPMを担い、成功へ導ける人材は「PM」を名乗っている人物の中でもそう多くはありません。そのため、そのようなプロジェクトに参画できるPMとなると、かなりの高単価な副業案件を獲得できるようになります。

PMの副業案件は、平均獲得単価が高いうえ、スキルや経験を磨いていけばいくほど単価上がりやすいと言えるでしょう。勤め先企業の報酬では満足されていないPMコンサルタントの方に副業はもってこいの稼ぎ方でしょう。

隙間時間を活用できる

稼働時間の少ない副業案件も多いため、隙間時間を副業に充てるPMの方も多いようです。また、近年PMの副業案件においても、リモートワーク可能案件が増えてきている現状が、PMが副業を開始する後押しとなっているようです。

人脈づくりにも最適

PMとして働く方の多くが、ITベンダーやコンサルファームに所属しています。このような企業に所属するITコンサルタントが独立する際には、企業在籍時にどれだけ親密なリレーションを築けていたかがポイントとなってきます。実際に、フリーランスが案件獲得をする際に利用する手法がリファラルとなっています。コンサルタントという職業柄、企業在籍時に、担当していたクライアントから独立後に名指しで指名されるといったことも稀ではありません。

また、普段で合わないような方とお会いして、彼・彼女らと関係を築くことで、様々な価値観や趣味に出会い、プライベートの時間含め自身の生活をより充実させるきっかけとなることも多いです。そのような意味合いでも、副業を通して人脈づくりに注力してみてはいかがでしょうか。

PMが副業するデメリット

PMが副業するデメリット

PMが副業を開始するメリットがある一方で、デメリットもいくつか挙げられますので確認しておきましょう。

ワークライフバランスが崩れる可能性あり

副業とはいえ、案件によってはかなりの労力がかかる場合があります。その際には、あくまでもフリーランス(個人)としてPM向け副業案件に参画しているため、基本的には自らが大きな裁量をもってプロジェクトを推進していかねばなりません。そのため、時には本業に影響を与えてしまうほど、副業案件が大変になる可能性も否定できません。

雑務が生じる

当たり前のことですが、税金などにまつわる手続きはとても重要なことです。企業からの報酬分については、企業側が対応してくれますが、副業の報酬に関してはご自身で済ませなければなりません。慣れていない方にとっては、かなり複雑に感じられるため、多くの工数をかけてしまうこともあるようです。忙しいPMの方は、これら申告を簡単にできてしまう祖ソフトなどのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

PM向け副業案件数について

PM向け副業案件数について

PM向けの副業案件はどれほどあるのでしょうか。

参考程度に、次の2社にて検証してみました。(※2021/01/20調べ)

フリーランスコンサルタント向け案件を検索できる「フリーランススタート」にて『PM』で検索したところ、1576件ヒットしました。

その他、PM/PMOコンサルタント向け案件紹介に特化してサービスを展開する「PMO NAVI」では、『PM/PMO系全て』で検索をかけたところ、371件ヒットしました。なお、稼働日数別に件数を振り分けると以下の通りでした。

週5日以内 367件
週4日以内 26件
週3日以内 15件
週2日以内 4件
週1日以内 0件

※各社におけるPM向け副業案件数の差は、事業そのものの大きさもそうですが、フリーランススタートは幅広い単価のPM案件を、他方PMO NAVIはハイレベル×高単価のPM副業案件を揃えているためかと思われます。

やはり昨今では、ITコンサル案件の需要がひっ迫しており、それに伴ってPMの副業案件も多くあるようです。ただし、週2日以内稼働となってくると、PM向け副業案件数が限られてくると言ったイメージが妥当でしょう。

PM向け副業案件の単価

PM向け副業案件の単価

「副業」といっても、稼働日数によって獲得できる単価は大きく変動します。そのため、ここでは週5日常駐で稼働した際の単価相場をご紹介します。

PMがフリーランスとして働いた際に獲得できる平均月額単価は82万円、中央値月額単価は75万円ほどになります(週2・3日稼働となると、これら額の4~6割程度)。

とりわけ、AI技術に関する知見を有しているPMの場合には、100万円/月~と高単価を狙える傾向にあるようです。つまり、高単価を獲得できるPMになるには、常に最新のIT技術に対してキャッチアップしていく姿勢が大切といるでしょう。そうするとおのずとPMとしてのキャリアが少しずつ新たな領域へ開けてくるはずです。

なお、本メディアを運用するストラテジーテックでは、PM向けの非公開副業案件を多数保有しています。以下は、実際の案件例です。

■プロジェクトマネージャ・PM

航空会社向け大規模システム開発PM

単価:100万~120万

PMが副業案件を選ぶときに重視すべきポイント

PMが副業案件を選ぶときに重視すべきポイント

続いて、PMが副業案件を選定する際に重視すべきポイントについてお伝えしていきます。

リモートでの勤務が可能か

PM向けの副業案件はどうしても常駐が多くなっています。というのも、システム開発案件などでは、現場のエンジニアを含めて1つのチームとなり、密なコミュニケーションを取りながら円滑にプロジェクトを進めていくことが求められるためです。そのため、週の殆どを本業先の企業に出社しているPMの方にとっては参画が難しくなっています。そのようなPMの方にお勧めなのが、リモート可能な副業案件に参画することです。

実際、リモートでプロジェクトチームをマネジメントするというのは無理な話ではありません。様々な便利ツールを活用し、うまくコミュニケーションをとってプロジェクトを成功させるPMも多くいます。難易度は常駐の場合と比較して高くはなりますが、そのような経験をしておくことで今後評価され、スキルアップにつながることもありますので、ぜひチャレンジしてみてください!

リモートワークでPMに関する副業を探したい方はDXに関わる案件とフルリモートの案件を専門としたフリーランスエンジニアやコンサルタントのためのデジタルプラットフォームコンタクトアースマッチングがオススメです。
完全無料で利用できるので最新の副業案件情報を見逃した方は登録だけでも早めに済ませておきましょう。

スキルアップを図れるか

副業案件を通じて、自身のスキルアップを図ることが可能です。というのも企業に所属しているPMの場合は、アサインされるプロジェクトを自身で選定することが難しいですが、副業の場合には自身の選定基準に応じて案件を選定できるためです。

かねてから、描きたいとおもっていたPMとして、もしくは他ポジションとしてのキャリアを実現するためにも、副業を始める際には、一度時間をおいてしっかりと副業案件の選定基準を決めておくと良いでしょう。

PM向け副業案件例

PM向け副業案件例

最後に、PM向け副業案件例をご紹介します。

PM副業案件情報
案件概要 大手事業会社でのデータ活用案件
業務内容 大手事業会社の既存サービスにおけるデータ活用に携わる。具体的には、案件ディスパッチやチーム内の工数管理を担う。
求められる経験 (1)マネジメント経験
(2)データ構築に関する実務経験
(3)案件対応フローまたは、納品レビューのガイドライン策定経験あり
単価 ~75万円/月
勤務地 都内
PM副業案件情報
案件概要 仮想通貨取引アプリのデザイン改善案件
業務内容 PMとしてデザイン改善チームをマネジメントする。PMの経験を生かして業務側目線を重視しつつUI要件の策定し、政策ベンダーのディレクションを担う
求められる経験 (1)PM経験
求められるスキル (1)UI/UXに関する知見
(2)仮想通貨などの知見
単価 ~90万円/月
勤務地 都内
PM副業案件情報
案件概要 上場企業における支店横断型情報セキュリティ部門の管理
業務内容 支店横断型のセキュリティ管理支援PJにおけるPM
求められる経験 (1)コンサルティングファームの在籍経験
求められるスキル (1)プロジェクトマネジメント能力
(2)コミュニケーション能力
(3)情報セキュリティ管理師、CISM、CISA等の資格保有者
(5)
単価 120~160万円/月
勤務地 都内

PMの副業についてまとめ

いかがでしょうか。今回は、PMが副業を開始するメリット・デメリットから、副業案件の選び方までご紹介しました。PMとしてキャリアアップしていくためにも、ぜひ副業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

最後に、本記事が副業を検討中のPMの方の参考となりますと幸いです。何か、お悩み等ございましたらストラテジーテックまでお気軽にお問い合わせください!

また

  • 「PM向け副業案件の将来性は?」
  • 「PMとして副業案件を獲得する方法は?」
  • 「PMが高単価副業案件を獲得するために必要なスキルや経験は?」

といった疑問をお持ちの方は『PM案件の単価相場は?PMがフリーランスになる前に知っておくべき知識をまとめました。の記事をご覧ください。詳しく解説しております。

弊社が運営するコンタクトアースマッチングなら高単価のPM案件をかんたんに探すことができます。
完全無料なので最新のPM案件情報を見逃したくない人はかんたん10秒の無料登録だけでも早めに済ませておきましょう!

無料スカウト登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化