SAPの案件動向と単価相場について徹底解説しました

こんにちは。本メディアを運営するストラテジーテックコンサルティング編集部です。

フリーランス向け案件の中でもとりわけ高単価と言われており大変人気のあるSAP案件。
「フリーランスのSAPコンサルタント・エンジニアに転身し、高単価SAP案件の獲得を目指したい!」
とお考えの方が多くいるのではないでしょうか。はたまた、
「SAP領域でフリーランスとして活動中ではあるが案件単価が低いように感じている」
という方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、フリーランス志望又はフリーランスとして活動中のSAPコンサルタント・エンジニアの方向けにSAP案件の動向や単価相場を徹底解説しました!また、弊社のグループ会社SIP(エス・アイ・ピー)が保有するフリーランス向けSAP案件情報もご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください!

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングを知ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上の高単価案件もアリ

3,無料プロフィール登録だけで企業があなたをスカウト

SAP案件の種類

SAP案件の種類

SAP案件には具体的にどのような案件があるのでしょうか。大枠「SAPコンサルティング案件」「SAP開発案件」に分けることができます。

SAPコンサルティング案件

事業会社のSAPコンサルタントがクライアント企業に常駐する形でSAPコンサルティングを提供する案件です。SAPコンサルティング案件において、SAPコンサルタントは、SAPシステム導入前の現状分析・課題抽出・FIT&GAP・カスタマイズから導入後の業務改善(運用)までを一貫して担うことが多いです。

SAPをはじめERPの概念や機能に関する知識を有していないとクライアント企業における業務とのマッチングやシステム全体設計が難しいため、フリーランス向けSAPコンサルティング案件に参画するには、SAP領域におけるコンサルティング経験が必要となります。(厳密には、SAP未経験可のフリーランス向け案件も数は少ないながらあります。詳しくは次トピックにて後述します。)

SAP開発案件

主にSAPエンジニアが請け負う案件で、文字通りSAPシステムの開発における設計を行うプロジェクトです。SAP開発案件にて、SAPエンジニアは先述したSAPコンサルティング案件の業務内容よりも下流の業務を担当します。開発案件とはいえ、SAPシステムの設計~運用まで携わる事が多く、SAPエンジニアという肩書ではあるもののコンサルティング業務に携わる機会が多くあります。

また、SAP開発案件に参画するためには、SAP独特の言語「ABAP」の習得が必要な場合が殆どです。そのため同言語を使用する開発実務経験がないエンジニアの場合には、SAP開発案件に参画するまでのハードルが高くなります。

SAP未経験者でもSAP案件は獲得できる?

SAP未経験者でもSAP案件は獲得できる?

「SAP未経験者が、フリーランスSAPコンサルタント・エンジニア向け案件を獲得することは可能ですか?」という質問をよく頂きます。結論から申し上げると、SAP未経験で参画できるフリーランスコンサルタント・エンジニア向けのSAP案件はほとんどありません。SAP案件紹介サイトに掲載されているSAP案件の殆どで、参画するにあたりSAPに関する豊富な知見やスキルが求められます。

そのうえ、SAP関連の情報はあまり開示されていなく、実際にSAP案件に携わらない限り実務的なスキルを身につけることは非常に難しいといえます。そのため、SAP未経験でSAP案件に参画したいとお考えの方は、まずSAP社が提供している勉強会やSAPトレーニングを通じて”SAP認定コンサルタント資格”の取得を目指すと良いでしょう。

なお、SAP未経験者であっても他ERPパッケージ(Oracle/Works Application/Microsoft/HUE 等)の開発・コンサルティング案件にてコンサルタント・エンジニアの実務経験があれば、SAP案件参画に多少有利に働く可能性があります。

リモートで参画できるSAP案件はあるのか?

リモートで参画できるSAP案件はあるのか?

フリーランスのSAPコンサルタント・エンジニア向け案件の中でもリモートワーク可能なSAP案件の数は、いまだ少ないです。というのも、リモートでは対面と比較してクライアント企業とのすり合わせが浅くなってしまう、SAPシステムがうまく稼働しなかった際の処置に遅れてしまう、等のリスクが発生するからです。

これらリスクが実際に生じてしまうと、SAPは基幹パッケージであるが故にクライアントの経営効率に甚大なダメージを与えてしまいます。そのため、少しでもリスクを軽減することが重要視されており、フリーランスSAPコンサルタント・エンジニアの多くがクライアント企業に常駐しつつ、SAP案件に参画している現状です。

しかし近年ではCOVID-19流行などの影響もあり、リモート勤務可能なSAP案件が増えている次第です。現在の案件の傾向として「7割常駐案件」「3割リモートワーク案件」の割合で案件が揃っている様です。なお、リモートになったからといってSAP案件の単価に変動は生じていせん。SIPでもフリーランスSAPコンサルタント・エンジニア向けの在宅勤務可能な高額SAP案件を数多く有していますのでお気軽にお問い合わせください。

SAP案件の動向

SAP案件の動向

フリーランスSAPコンサルタント・エンジニアとしてキャリアを積んでいくのであれば、SAP案件の動向を把握することがとても重要です。”SAP案件数”や、”SAP案件の中でもどのような案件に対して今後需要が拡大していくのか”について以下にて後述しました。

現在のSAP案件数について

国内にて募集されている全てのSAP案件数を把握することは難しいので、実際にSAPフリーランスコンサルタント・エンジニア向けのSAP案件を取り扱っているサイト上のSAP案件数を以下表にまとめました。(2021年5月時点)

サービス方法 案件数
SIP 常時1000件近く
ハイパフォコンサル 約1,500件
TechStock 約1,100件
レバテックフリーランス 約90件
Midworks 約60件
techfree 約30件
indeco 約20件
フォスターフリーランス 約20件
PE-BANK 約20件
ビズリンク 約20件
Humalance 約10件

※多くのサービスでは非公開SAP案件を多く保有しているため上記表にて示した案件数以上が見込めます。

参照:) 「SAP案件の単価相場と案件動向 【SAPフリーランスコンサルタント・エンジニア必見】」

サイトによってSAP案件数はまちまちですが、常時これだけのSAP案件数が稼働しているのであれば、SAP案件の獲得におけるハードルは高くなく、むしろ比較的安易と言えるでしょう。とりわけSIPやハイパフォコンサル、TechStockが取り扱うSAP案件数からは、フリーランスSAPコンサルタント・エンジニアに対する高ニーズやSAP業界全体の勢いをくみ取れます。

今後のSAP案件数について

そして、フリーランスSAPコンサルタント・エンジニアの方が最も気になる今後のSAP案件数についてです。

結論から言うと、近年デジタルトランスフォーメーション(DX)が注目を浴びていることからも、SAPを導入する企業は今後も一定数をキープもしくは、増加の一途をたどると予測しています。加えて、「2027(2025)年問題」や「慢性的なSAPコンサルタント・エンジニア不足」が問題視されている影響で、今後も更なるSAP案件数の増加及びSAP領域に関わるフリーランス人材の高単価獲得が見込めるでしょう。

とはいえ長期的には、2027年過ぎあたりからS/4HANAへの移行需要が縮小していることや、他社ERP製品やSaaSが多数登場していることも相まって、フリーランスSAPコンサルタント・エンジニアの需要・単価が再び下落傾向になる可能性も0ではありません。

なお、そのような状況に陥った場合には当然ながらSAP案件数は縮小していくでしょう。そのため、SAPコンサルタント・エンジニアの皆さんには、今から他ERP案件に参画しつつ、それら製品のスキルや知見を磨いておくことをお勧めしています。なお、SAPフリーランス人材の需要背景詳細については『SAPコンサルタント不足の背景並びに将来性について考察しました。をご覧ください。

2027年以降のSAP案件は「セキュリティや運用保守案件」が増加する可能性が高い

SAP案件数の数が増加傾向である一方、2027年以降はSAP案件の中でも”SAPシステム新規導入案件”が徐々に減少していくことが見込まれています。というのも、2027年時点ではすでに多くの企業がSAPシステムを導入済みであることが予想でき、SAP新規導入案件ではなくSAPシステムのバージョンアップ案件などに対する需要が拡大すると考えられるからです。そのため、2027年以降には”セキュリティや運用保守”に関するSAP案件のニーズが増えていく可能性が高いと踏んでいます。

SAP案件の単価相場

SAP案件の単価相場

フリーランスのSAPコンサルタント・エンジニアとして活動する上でSAP案件の単価相場を把握していないということは、単価交渉時に非常に大きな損失を生む可能性があります。「本来であればもっと高単価を狙えたはずが、単価相場を把握してないが故に低単価で依頼を引き受けてしまった」といったことは避けたいものです。そこで、フリーランスSAPコンサルタント・エンジニアの皆様にご自身のスキルで最大限狙える高単価SAP案件に参画していただくためにも、SAP案件の単価相場について詳しく解説していきます。

なお、SAP案件の単価相場は経験年数やスキル、クライアントの規模感などによって大きく変動してくるため、今回はSAPコンサルタント・エンジニアの経験年数別に月額単価相場を以下表にまとめました。

※基本的にSAPコンサルタント・エンジニアは業務経験が積み重なっていくほどに単価アップが見込める職種となっています。

【SAPコンサルタント・エンジニアの経験年数別 SAP案件単価相場】

SAP経験年数 単価/月
1年未満 40万~50万円
1年以上 60万~70万円
2年以上 65万~75万円
3年以上 75万~90万円
4年以上 85万~100万円
5年以上 90万~205万円

参照 : ) 「SAP案件の単価相場と案件動向 【SAPフリーランスコンサルタント・エンジニア必見】」

続いて、職種別で上記表を基にSAP案件の単価相場を読み解いていきましょう。

  • SAPコンサルタントの月額単価相場

SAP初心者レベル(1年未満)のSAPコンサルタントの場合には40万円とかなりの低単価からスタートします。その後、順調にSAPコンサルティング経験を積むと90万~200万円まで単価を引き上げることが可能です。ただし、SAP初心者レベルであっても”ERPパッケージ導入PJの進め方に長けている”といったPMOスキルを有している場合には、月単価100万円ほどを十分に狙える可能性があります。

また、SAPコンサルタントの中でもとりわけ高単価SAP案件獲得に必要な要素を有していた場合には、約300万~400万円と高額案件に出会う可能性があります(ごく稀に500万円/月という驚異の単価も存在するようです…!)。なお、SAPエンジニア含むSAPフリーランス人材が高単価SAP案件を獲得するために必要な要素については、後半部分「SAPの高単価案件を獲得するために必要なスキル・経験」のトピックで解説しています!

  • SAPエンジニアの月額単価相場

SAPの経験がまだ乏しいエンジニアはSAPのアドオン開発やインフラ寄りのエンジニアポジションを担うことが多いため、SAP以外のITエンジニア向け案件の単価と変わらず、約40~70万円の単価が相場でしょう。その後、経験を積みSAPコンサルタントの業務にも多く携われるようになったSAPエンジニアは、その他のITエンジニアが請け負うシステム開発・運用業務と比較して非常に高単価を獲得できる傾向にあり、単価相場も90~205万円と額が跳ね上がります。

すでにSAP案件に参画しているフリーランスSAPコンサルタント・エンジニアの方は、単価相場を大きく下回っていないかを確認してみてください。

もし単価を大幅に下回っていた場合には、自身のスキルや経験を更に磨くことも大切ですが、エージェントなどのSAP案件紹介サービスのアドバイザーに単価を交渉してみることも1つの手です。実際に相談してみたところ単価が5万~10万円上がったという話はよく耳にします。単価として提示されるとそれほど差はないように感じますが、年収にすると逃すにはもったいない額ですので、単価のすり合わせは慎重に行うようにしましょう。

SAP案件を獲得する方法

SAP案件を獲得する方法

フリーランスSAPコンサルタント・エンジニア向けのSAP案件は、高単価であり一般的な求人サイトで見つけることは難しくなっています。そのためSAP分野に強いフリーランスコンサルタント・エンジニア向けSAP案件紹介サービスを活用する方が多いようです。他にも以下にてSAP案件の獲得手法をいくつかご紹介していきます!

知人からの紹介を通じて

最も理想的なSAP案件の獲得方法は、やはり知人からの紹介でしょう。なぜなら、最も浅い商流にてSAP案件に参画できるため高単価を獲得しやすいからです。(SAP領域に限らずフリーランス向け案件は、発注企業とフリーランスとの間に介入する企業が少ないほど高単価となります。)ただし、万が一クライアントとの間で問題が生じた場合には、サポートしてくれる人物がいないため、どんなに理不尽な内容でも自身で対応しなければならないというマイナスな側面もあります。

SAP案件紹介サービスを利用する

最もオーソドックスなSAP案件獲得方法が、SAP案件を紹介してくれるマッチングサービスやエージェントの利用でしょう。先述したリファラルと比較すると、エージェントやマッチングサービスの場合には、フリーランスSAPコンサルタント・エンジニアへの手厚いサポートが充実しています。多少ながらマージンがかかってしまうため案件単価が下がってしまうものの、精神的に余裕を持つことでパフォーマンスが向上する可能性があるため、これらSAP案件紹介サービスの利用はとてもお勧めです。

その他のメリットとしては、営業や経理などの事務作業にかけていた工数が削減できることや独立・開業・人脈づくり等の支援をしてくれること等が挙げられます。そのため、彼らと長期的に良い関係性を築くことはフリーランスSAPコンサルタント・エンジニアとして成功するに重視すべきことと言えるでしょう。

前職でのクライアントから

前職で得たクライアントとの強いパイプを中心にSAP案件を獲得し、生計を立てているフリーランスのSAPコンサルタント・エンジニアも多くいます。このケースでは、クライアント側が「○○さんに頼みたい」という名ざしでの依頼となるため比較的高単価を狙いやすい傾向にあります。

SAPのフリーランスとして立ち上げたブログやSNSを通じて

フリーランスのSAPコンサルタント・エンジニアとして自身をブランディングしつつSNSなどで仕事に関する内容を発信した結果、意外な形でSAP案件の依頼が舞い込むことも少なくありません。あくまでもサブ的な活用方法になるとは思いますが、定期的にSAPに関する情報を発信していくことをおすすめします。SAP案件獲得までに時間がかかりますが、長期的には動かぬ資産に十分なりえます。

以上が主要なSAP案件獲得手法です。自身に合う手法を見つけるようにしましょう!また、高単価SAP案件獲得を目指すには、獲得手法を問わず商流を常に意識することが大切です。

高単価SAP案件の獲得に必要なスキルや知識、経験

高単価SAP案件の獲得に必要なスキルや知識、経験

フリーランスのSAPコンサルタント・エンジニアが高単価SAP案件の獲得を目指すためには、後述するようなスキルや知識、経験を得ることがポイントとなってきます。なお、先述したように月単価約300~500万円という極めて高単価な水準に乗ってくるには、ラストの項目(AIに関する知見)以外の全てを有する必要があると捉えていただいて問題ないかと思います。もちろん高単価を狙う上でスキルや知見を有しているに越したことはありませんので、貪欲にスキルアップに励みましょう!

高度なコンサルティング能力

当然ながら、SAPコンサルタントはSAP製品を導入し、企業の経営を向上させることが主軸の業務ですので、高度なコンサルティング能力が求められます。コンサルティング能力の定義づけが難しいところですが、最たる要素は”論理的思考力””問題発見・分析能力”コミュニケーション能力”といったところでしょうか。これら能力が乏しいとなると、どんなにSAPに関する知識を有していても高単価SAP案件を獲得するのは難しいでしょう。

各業界における業務知識

クライアント業界に関する深い知見を有していることで、高単価を獲得しやすくなります。とりわけ製造、流通、小売、医療、福祉等の業界では知見の差が見えやすいので、これら業界に位置する企業がクライアントのSAP案件では高単価が狙いやすいです。

高単価を狙えるSAPモジュール・バージョンに関する知見

SAP案件で取り扱うバージョンやモジュールによっても単価が大きく異なってきます。バージョンの場合は現SAP ERP6.0や現在注目を集めているSAP S/4 HANAが、モジュールに関してはロジスティック(SD,MM)や会計(FI,CO)、人事(HR)等の領域におけるニーズが高いため高単価になりやすい傾向です。これらモジュールの経験がある、または他ERP製品の実務経験や知見を有している場合には、参画条件すり合わせ時にアピールするようにしましょう!単価アップが十分見込めます。

また、SAPの実行プラットフォームにもクラウド型とオンプレミス型があるため両方対応できるようにしておくと、またさらに単価アップできる余地ができます。なお、従来まではオンプレミスでのSAPシステム導入が半数以上でしたが、近年ではクラウド型での導入ニーズが拡大してきていることから、とりわけクラウド型に関するSAP案件が高単価となっていく見通しです。

英語

SAPを導入する企業の殆どが大企業ですので、当然ながら国際的に事業を展開している企業も多いです。そのようなクライアントにおけるSAP導入案件はグローバルアウト/イン案件となるケースが多いので、日本人以外が半数以上を占めるSAPプロジェクトにおいて言語の壁なしに参画可能な点は、数多くいるフリーランスSAPコンサルタント・エンジニアの中で大きな差別要因となるでしょう。

SAP導入案件での上流から下流における経験

要件定義などのSAPシステムに関する上流工程から設計・開発などの下流工程までの一貫した経験をお持ちの場合には、参画できるSAP案件の幅が広がるため、それに伴い高単価SAP案件を獲得するチャンスが多くなります。

マネジメントスキル(PM)

SAPコンサルタント・エンジニアともにマネジメント層が慢性的に不足しています。そのため、PMを担えるほどのマネジメントスキルは、高単価を獲得する上でかなりの優位性を発揮します。なお、グローバルでのPM経験があると、またさらにグンと単価が上がる傾向にあります。ただし、PMはプロジェクトにアサインされたファーム社員が担うことが多いため、将来的にフリーランス向けSAP案件にて同ポジションを担いたいとお考えの方は、フリーランスへの転身前に経験しておくことを強くお勧めします。

余談にはなりますが、「なかなか単価が上がらない」状態の最たる要因としてマネジメントスキルが欠落してしまっているケースが多いです。厳密には、各SAP案件のPMに単価報酬が流れてしまっているというイメージが妥当かもしれません。というのも、自身がSAPプロジェクトの中で成果を残したとしても、それはPMポジションからの指示を受けて動くことによって得られた成果ですので、その成果の一部はPM人材の単価分の人材価値が発揮された状態とみなされるからです。裏を返せば、それほどマネジメントスキルは重宝されるということでしょう。高単価SAP案件を獲得するには絶対に身に着けておきたいスキルです。

AIに関する深い知識

社内のあらゆる情報をデジタル化し経営効率を向上させることがSAPの目的ですが、AIの機能学習が登場したことにより、従来よりも更にSAPシステム導入後の効率化が図れるようになってきています。そのため、最近ではAI関連のコンサルティング需要がひっ迫しており、AIを活用するSAP案件に参画可能なフリーランスSAPコンサルタント・エンジニアに支払われる報酬単価が吊り上がっているようです。またSAPジャパンが今とりわけ注力している部分の一つでもあります。ここに乗ってこれるようスキルを磨き、高単価SAP案件を獲得できるようにしましょう!

これらの他にも、直接的に高単価案件獲得につながるわけではありませんが、SAP認定コンサルタント資格や中小企業診断士などの資格を取得しておくと、高単価を得るための付加価値要素となりえるでしょう。

SIPが取り扱うSAP案件情報まとめ

SIPが取り扱うSAP案件情報まとめ

高単価SAP案件を多く有するSIPは、幅広い業界&様々な種類のフリーランスコンサルタント・エンジニア向けSAP案件を取り扱っています。ご興味を持たれたSAP案件がございましたら、お気軽にお問い合わせください!迅速にご対応させていただきます。また、ご自身のスキルでどの程度の単価が狙えるかを把握するひとつの資料としてもお使いください。

SAPコンサルタント向けSAP S/4HANA案件

SAP案件情報①
□案件概要 :
電子機器メーカーへのSAP S/4 HANA導入プロジェクト
□業務内容 : グローバルイン・プロジェクトにて日本側クライアントにて会計を担当
□求められるスキル
・グローバルテンプレートのロールイン・プロジェクトにおける、日本側での会計領域の立場としての経験がある方
・会計領域においてのリード経験がある方
・グローバルとの実装方針の検討やグローバルとの合意形成の経験がある方
・英語:ビジネスレベル英会話
□単価: 160~180万/月
□勤務地 : 東京都内(現在リモート、地方への出張あり)
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k22/
SAP案件情報②
□案件概要 :製造業における大規模SAP導入プロジェクト
□業務内容 :SAP S/4HANAの新規導入プロジェクトにて、会計での要件定義、基本設計フェーズから対応。
□求められるスキル
・会計領域の知見がある方
・SAPのFIモジュールの導入経験がある方
・要件定義フェーズから案件参画が可能な方
・基本設計フェーズから案件参画が可能な方
・SAP S/4HANAの経験がある方
□単価 :150~180万/月
□勤務地 :東京都内
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k43/

SAPエンジニア向けSAP S/4HANA案件

SAP案件情報①
□案件概要:工業企業向け、ECC6.0からSAP S/4HANAへの移行プロジェクト
□業務内容:PPチームのメンバーとして、ECC6.0からS4HANAへのマイグレーションのプロジェクトに参加。
実機でのデモを通じてクライアントと要件確認や業務要件の定義の実施を担う。
□求められるスキル
・PPのコンフィグの知見、導入経験がある方
・SAP導入にPJTにおいて要件定義フェーズから案件参画経験がある方
□単価:150〜180万/月
□勤務地:東京都千代田区
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k23/
SAP案件情報②
□案件概要:アナリティクス活用を目指す重工業企業にて業務支援プロジェクト
□業務内容:決算情報を可視化するための全体アーキテクチャーデザイン、またはWH、レポート設計・開発、テストの技術支援を行うためのSAP BW、BOインプリ支援を担う。
□求められるスキル
・SAP BW(BW4HANA)/BOの設計、開発、テスト経験がある方
□単価:150~170万/月
□勤務地:東京都内
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k30/

SAPエンジニア向けABAP案件

SAP案件情報①
□案件概要 : 大手工業企業へのECC6.0からSAP S/4HANAへのマイグレーション
□業務内容 : SDチームのメンバーとして、ECC6.0からS4HANAへのマイグレーションのプロジェクトに参画。実機でのデモを通じてクライアントと要件確認や業務要件の定義の実施する。
□求められるスキル
・SDのコンフィグの知見、導入経験がある方
・SAP導入にPJTにおいて要件定義フェーズから案件参画経験がある方
□単価: 150〜180万/月
□勤務地 :東京都千代田区
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k24/
SAP案件情報③
□案件概要 : 製造業向けSAP導入におけるリード支援
□業務内容 : SAP導入における開発フェーズでのリード経験がるある方を想定。オフショアで開発されている物の受け入れや開発チームの管理を担う。
□求められるスキル
・ABAPの開発経験がある方
・日本側、開発チームのリード経験がある方
・海外からの開発受け入れの経験がある方
□単価: 110~130万/月
□勤務地 : 東京都内(原則リモートワーク)
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k49/

東京在住SAPコンサルタント向けSAP案件

SAP案件情報①
□案件概要 : 化学業界向け、新システム導入における業務支援
□業務内容 : 財務会計領域の新システム構想策定を担当。
□求められるスキル
・財務会計に関する業務スキルがある方
・SAP FIモジュール導入経験がある方
・業務要件定義フェーズでのプロジェクト経験がある方
□単価 : 180~200万/月
□勤務地 : 東京都内
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k25/
SAP案件情報②
□案件概要 :製造業向けグローバルロールアウトプロジェクト
□業務内容 :SAPロールアウトPJTにおいて会計領域のバイリンガルコンサルタントを担う。構想策定から参画し、顧客折衝が中心の業務。
□求められるスキル
・SAP FIモジュールの導入経験
・構想策定からの案件参画経験がある方
・英語が話せる方
□単価 :160〜200万/月
□勤務地 :東京都千代田区
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k9-2/

東京在住SAPエンジニア向けSAP案件

SAP案件情報①
□案件概要:運輸業へのシステム刷新におけるRFP策定支援
□業務内容:各チームが作成したRFPをまとめる。
□求められるスキル
・構想策定フェーズでのプロジェクト支援の経験がある方
・SAPの導入の経験がある方
・RFP策定の経験(ERPに係るRFP策定であれば尚可)
・財務管理・資金管理・管理会計の知見(業務・システム)
□単価:170万~/月
□勤務地:東京都内中心部&リモートワーク
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k33/
SAP案件情報②
□案件概要:大手製造業向けSAP BIソリューション導入プロジェクト
□業務内容:BW4/HANAを使ったデータモデルの設計の他、テストや移行フェーズを担う。
□求められるスキル
・SAP BW(BW4/HANA)の製品知識及び、導入の経験がある方
□単価:130~160万/月
□勤務地:東京都内orリモート
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k32/

SAPコンサルタント向け在宅勤務可能SAP案件

SAP案件情報①
□案件概要 :製薬業向け、Plant Maintenanceモジュールの改修プロジェクト
□業務内容 :設備保全業務のBPRにおいて、SAP PMの改善・トレーニングなど
□求められるスキル
・顧客との折衝経験
・SAP PMの知見(プラント保全)
・SAPの要件定義フェーズの経験
□単価:140〜170万/月
□勤務地 :基本リモート(地方への出張あり)
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k19/
SAP案件情報②
□案件概要 :SAPのグローバル展開プロジェクト
□業務内容 :SAPのグローバル展開PJTにおいて会計領域のバイリンガルコンサルタントポジションに発生する業務(英語での折衝等)
□求められるスキル
・SAP FIモジュールの導入経験
・海外拠点のカウンターのパートの人と英語で要件の取り決めができる方
・会計業務の知見がある方
□単価 :180万〜/月
□勤務地 :リモートワーク
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k14/

SAPエンジニア向け在宅勤務可能ABAP案件

SAP案件情報①
□案件概要 : 食品業界でのSAP S/4HANA導入プロジェクト
□業務内容 : CO領域のアドオン機能設計、受入テストを担当。
□求められるスキル
・SAP-COモジュール導入の知識、経験
・アドオン設計スキル
・原価計算・予算管理業務知見
□単価 : 100~150万/月
□勤務地 : リモートワーク(出社の場合は千代田区)
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k10/
SAP案件情報②
□案件概要:食品メーカーへのSAP S/4HANA導入プロジェクト
□業務内容:PP/PPDS/MM領域のアドオン機能設計や受入テストを担当。
□求められるスキル
・SAP-PP、PPDS、MMモジュール導入の知識・経験
・アドオン設計スキル
・生産領域/購買業務知見□単価:100~150万/月
□勤務地:基本リモートワーク(出社の場合千代田区)
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k9/

SAPコンサルタント向け大手クライアントSAP案件

SAP案件情報①
□案件概要 : 大手エネルギー業界でのSAP導入プロジェクト
□業務内容 : SAPパッケージ導入におけるロジ領域でのFit&Gapフェーズのプロジェクトを担当。
□求められるスキル
・MMモジュールの経験がある方
・MMモジュールの要件定義、基本設計の経験がある方
・ロジ領域の知見がある方
・カスタマイズに関する知見がある方
□単価 : 160~180万/月
□勤務地 : 都内
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k62/
SAP案件情報②
□案件概要:大手機器メーカー向け、SAP導入プロジェクト
□業務内容:S/4 HANAを中心としたグローバルシステムの構想策定を担う。
□求められるスキル
・財務会計や管理会計の知識
・SAP-FI、COモジュール導入の知識・経験
・構想策定フェーズの経験
・英語ビジネスレベル
□単価:160~190万/月
□勤務地:リモート、関西への出張あり
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k2/

SAPエンジニア向け大手クライアントSAP案件

SAP案件情報
□案件概要 :大手製造業向け、基幹システム導入プロジェクト
□業務内容:SAP S/4 HANA導入におけるSDモジュールでの開発、テストフェーズを担当。
□求められるスキル
・SDモジュールのABAP製造ができる方
・SD領域で総合テスト経験
・本番データ検証が可能な方(請求書関連)
□単価 :100万/月
□勤務地 :東京都内千代田区
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k8/
SAP案件情報②
□案件概要:大手製造メーカーへのSAP BIソリューション導入支援
□業務内容:SAP BOを使用する概要設計・テストを実施を担う。 アジャイル形式にてユーザとのミュニケーションをとり、オフショア側からの受け入れ等を実施。
□求められるスキル
・SAP BOを使ったレポート
・ダッシュボードの知見及び、導入の経験がある方
□単価:130~160万/月
□勤務地:東京都内orリモート
□URL:https://dx-consultant.co.jp/k31/

SAPフリーランス向けブログ5選

SAPフリーランス向けブログ5選

先述したような経験を積むためには、自身でSAP領域に関する情報を収集し日々勉強を継続し続けることが重要です。そこで、フリーランスSAPコンサルタント・エンジニアの皆様に役立つ情報を発信しているブログを以下にてピックアップしましたので、ぜひご覧になってみてください!

ContactEARTH for Expert

Contact EARTH for Expert」は、SAPの導入コンサルティングや戦略系コンサルティングを専業とする株式会社ストラテジーテックコンサルティングが運営しているメディアです。本メディアを通してSAP案件に参画するフリーランスの方向けに「DX」や「SAP」「フリーランスお役立ち情報」に関するコラムの他、DXに関わるコンサルタント・エンジニア向け求人情報、用語集等を多数公開しています。

リアルテックブログ

リアルテックブログ」を運営するリアルテックジャパン株式会社はSAPシステムのテクノロジーコンサルティングファームです。事業を通じて得たノウハウや知識を発信しており、2020年11月10日時点ではSAPに関する記事が382記事にも掲載されています。

フリーコンサルタント.jp

フリーコンサルタント.jp」は株式会社みらいワークスが運営する案件紹介サイトですが、フリーランスSAPコンサルタント・エンジニア向けのコラムも多数掲載されています。SAPに関する情報の他、「起業・独立」「お金」「ビジネスススキル」「最新IT」「時代の先取り」といった豊富なカテゴリーでコラム記事が書かれています。

SAP Oracle Blog

SAP Oracle Blog」はその名の通り、Oracle社が運営するブログです。余談にはなりますが、Oracle社はSAP社と同等の存在感を持つ世界最大級のソフトウェア会社で、世界ERP市場では2番目、国内ERP市場では5番目のシェア率を誇っています。(※2018年時点)

さて、ブログのコンテンツ内容に関してですが、Oracle/SAP製品をはじめとしたERPパッケージ製品関連情報について細かな基礎知識(モジュール全般、トランザクションコード等)やERP市場におけるトレンド情報の他、イベント情報などの発信をしています。

超リアルタイムビジネスが変える常識 – SAP Business Innovation Update

超リアルタイムビジネスが変える常識 – SAP Business Innovation Update」SAPの提供会社SAPジャパンが運営するブログサイトです。2012年より開設されており、2020年11月23日時点で記事総数は1,154件にも及びます。実際にSAPジャパンに所属するSAP領域のプロフェッショナルが執筆しているので読み応えがある質の高いコンテンツが豊富です。

SAP社の情報をはじめ、SAPに関するノウハウや最新情報などERP業界にまつわるありとあらゆるトピックを扱っています。

SAPの高単価案件と出会えるプラットフォーム

いかがでしたでしょうか。

現在、大手コンサルティングファームを中心にSAP案件の引き合いがとても多くなっています。BIG4からは「100人月ほど不足している」という声が上がるほどSAPコンサルタント・エンジニアのニーズが高まっているようです。

それに加え、本記事でご紹介したSAP案件数の動向からみても、これからもSAP案件が高単価をキープし続ける可能性が高いことをご理解いただけたかと思います。フリーランスSAPコンサルタント・エンジニアとしてスキルを磨き続ければ、400万円程度の単価が射程圏内に入ってきますので、フリーランスへの転身をお考えの方は、今のタイミングで動いてみるのもよいのではないでしょうか?

弊社が運営するコンタクトアースマッチングなら高単価のSAP案件をかんたんに探すことができます。
完全無料なので最新のSAP案件情報を見逃したくない人はかんたん10秒の無料登録だけでも早めに済ませておきましょう!

フリーランスのSAPコンサルタント・エンジニアの方へ

フリーランスのSAPコンサルタントやエンジニアの方は、希少性が高く高単価な案件を受注しやすい状況です。2021年になり、ヨネックス、共和薬品工業、トラスコ中山などの各業界有名企業が導入をしています。そうした背景も重なり、フリーランスとして働くSAPコンサルタントやエンジニアは案件数の拡大に伴って需要も拡大していくことでしょう。

本メディアを運営するストラテジーテックコンサルティングでは、フリーランスのSAPコンサルタント・エンジニアの方々向けにSAP案件の紹介を行っています。以下の様な特徴があります。気になる方は下部のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

✔案件数は常時100件以上
150万~200万円/月の高単価案件多数
✔大手コンサルティングファーム出身者をはじめとした経験豊富な運営メンバーよるサポート体制が充実。セールスの代行だけでなく人脈作りや独立・開業のサポート支援等も実施。