WEBマーケティング案件の種類や単価相場をわかりやすくご紹介します!

こんにちは。当メディアを運営するストラテジーテックコンサルティング編集部です。

近年、デジタル化が進み消費行動が変容するに従い、SNSやWEBサイト、スマホアプリなどのオンライン上の媒体を活用した顧客とのリレーション構築が各企業において重要となってきています。そのため各企業では、フリーランスとしてWEBマーケティング案件に参画するWEBマーケターを積極的に活用しています。また、働き方改革が進む中で、フリーランスのWEBマーケターとして独立することを検討中の方も多いことでしょう。

そこで、本記事では、WEBマーケティング案件への参画を検討中のマーケターの方向けに、WEBマーケティング案件の種類や単価相場をお伝えしていきます。

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングを知ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上の高単価案件もアリ

3,無料プロフィール登録だけで企業があなたをスカウト

WEBマーケターは、フリーランスとして活動しやすい!

まずはじめに、お伝えしておきたいのが「WEBマーケターはフリーランスとして活動しやすい」ということです。その理由は大きく次の3つです。

それほど高いスキルが要求されない

フリーランスというと、ある領域に関して専門的な知見を有しているプロフェッショナル人材というイメージが強いかと思います。たしかに、ある程度の知見や実績は必要ですが、WEBマーケターの場合には必ずしもそうではありません。

企業でWEBマーケターとして働いた実績があれば、すぐにフリーランス向けのWEBマーケティング案件に参画することが可能という認識で問題ないでしょう。それほど、WEBマーケティング案件の種類や難易度は豊富にあります。

WEBマーケティング案件紹介サービスが豊富

冒頭でお伝えした通り、フリーランスWEBマーケターの活用を希望する企業が拡大する中、その部分に商機を見つけた多くの企業が、フリーランスと依頼側をつなぐプラットフォームを構築しています。その数は、近年拡大し続ける一方であり、利用するフリーランスWEBマーケター、依頼側ともに増え続けています。

そのため、WEBマーケティング案件に参画したいマーケターにとって、あらゆるWEBマーケティング案件情報にアクセスしやすい環境が整っています。

リモート可能なWEBマーケティング案件が多数

WEBマーケティング領域では、リモート勤務可能な案件が豊富にあります。はやり「WEBマーケティング」の案件ですので、週〇回の打ち合わせや緊急時対応などを覗けば、フルリモートで完遂できることが多いようです。

ただし、WEBマーケティング案件のプロジェクト内容によっては、リモート勤務が難しいケースもありますので注意しましょう。CRM/SFA/MA等のシステムが絡んでくるプロジェクトや、オフラインとの連携が必要なプロジェクトで、常駐が求められることが多いです。なお、リモート可能なWEBマーケティング案件には、SEO施策やリスティング広告などのプロジェクトが挙げられます。

WEBマーケティング案件に参画するメリット

続いて、WEBマーケターがフリーランスとしてWEBマーケティング案件に参画するメリットをお伝えします。

収入がUPする

フリーランス向け案件に参画する最大のメリットが、収入のUPでしょう。後程詳しく口述しますが、会社員WEBマーケターと比較すると、大幅な年収UPが見込めます。

スキルアップしやすい

会社に在籍するハウスインのWEBマーケティング担当の場合、参画できるWEBマーケティング案件は自社に関する領域のみに限られてしまいます。一方、フリーランスのWEBマーケターの場合には、自身のアピール方法次第では多少チャレンジングな案件であっても参画できる可能性があります。そのため、スキルアップをしやすい環境と言えるでしょう。

またフリーランスの場合には、普段会社の営業担当が担ってくれている商談や単価交渉なども自身でこなす必要があるため、WEBマーケティング以外のビジネススキル向上にもつながります。

WEBマーケティング案件の種類

フリーランス向けのWEBマーケティング案件にはどのようなプロジェクトがあるか気になる方も多いことでしょう。そこで、主要なWEBマーケティング案件の種類をいくつかご紹介します。

SEO 

SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の頭文字を取った略称のことでで、SEOの案件では、SEO施策を実施することで、GoogleやYahoo!をはじめとする検索エンジンで該当キーワードが検索されたときに、自サイトが上位表示されるようにします。自サイトの認知度を向上させることで、顧客を獲得することができます。

大規模なSEO案件となってくると、WEBマーケターだけでなくエンジニアの力添えが必要になることも多いです。なお、記事作成やリライトだけでなく、メディアの方向性やクエリ選定~順位チェックまで一任する場合には、長期的にサイト運用を任されることが多くなります。その際には、データ解析やレポート資料作成などのスキルも求められます。

WEBマーケターの具体的な業務内容記事作成

リライト

データ解析

レポーティング

その他、細かなSEO施策の実施

広告運用 

広告運用の案件では、依頼主の目的や予算に合わせて広告の配信・運用を行い、目的遂行を目指します。有名な広告掲載プラットフォームとしては、Facebook,Twitter,Instagram,LINE,Goggle,Yahoo!等が挙げられます。いずれも、各媒体における管理画面や特定ツールを用いて運用を行っていきます。

プランニングから任される案件もありまが、広告媒体を指定された段階からの広告運用を任されるケースが殆どです。

WEBマーケターの具体的な業務内容広告入札

入札額調整

ターゲットのカスタマイズ

クリエイティブ改善

レポーティング

なお、ディスプレイ広告,DSP,ソーシャルメディア広告,動画広告,リステイング広告などを任されるケースもあります。

データ分析

データ分析の案件では、依頼主のWEBマーケティング周りの意思決定に生かせるようにさまざまなデータを分析・解析し、そして提供します。また、解析結果の提供だけでなく、具体的なKPIを策定し、わかりやすく綺麗な資料を共有するまでが業務内容となります。

その他、マーケティングのROIを算出し、より費用対効果の高い広告媒体や顧客セグメントへの変更を提案することなども場合によっては必要となってきます。

WEBマーケターの具体的な業務内容広告の効果測定

測定結果の可視化

目標とのギャップをBIツールを用いてダッシュボード上に可視化

分析結果を踏まえた具体的なKPIの提案

より費用対効果の高い施策の提案

データ分析の案件についてより知りたい方は以下のサイトを参考にしてみてください。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングの案件では、広告やオウンドメディアの運用といったSNS上で発信するコンテンツ情報の企画を行います。認知度向上や顧客集客のためYouTubeやInstagramなどでコンテンツマーケティングに注力する企業が増えており、その際、コンテンツ案作成~運用までをフリーランスのWEBマーケターに委託することが多くなっています。実際の作成までを手掛ける際には、SEOの知見やライティングのスキルが求められることが多いでしょう。

なお、BtoC企業だけでなくBtoB企業においても、コンテンツマーケティングへの積極的な取り組みが行われていることから、toB関連のマーケティングを持つWEBマーケターが重宝される傾向にあります。

WEBマーケターの具体的な業務内容コンテンツ企画案作成

コンテンツ作成(ライティング、画像編集 等)

SNS運用の案件では、InstagramやTwitter,Face

SNS運用

book,Youtubeなどのアカウントの認知度向上を目的に運用していきます。アカウント運用の目的は、案件によって異なるため一概には言えませんが、多くの場合、いいねやシェア数を拡大させ、多くのユーザーとの接点を増やすことでフォロワーを増やし、コンバージョン獲得へとつなげます。

フォロワー数やいいね数を基に反響を確認しつつ、一つ一つの投稿を手掛けることがメインの業務となりますが、場合によってはアカウントの方向性を検討することなども必要となとなってくるでしょう。

WEBマーケターの具体的な仕事内容アカウントの方向性検討

各投稿のコンテンツ案作成

データの動向確認

コンサルティング

これまでWEBマーケティング案件におけるプロジェクト内容を5つご紹介しました。これらマーケティング施策への知見を持ったうえで、依頼主のマーケティング施策をどの媒体を使って講じるかを決定するのがコンサルティング案件です。依頼主と定例を行いながら、マーケティング戦略の提案~実際の実行計画まで担います。

最近では、WEBマーケターによって得意領域がはっきりとされていることが多いです。SEOやCRM,広告運用などの各領域のプロフェッショナルのWEBマーケターが存在し、得意領域に関するコンサルティングを提供しています。また、アドバイザーのみといったWEBマーケティング案件への関わり方も少なくないようです。

WEBのマーケターの仕事内容調査

提案書作成(実行計画なども含む)

WEBマーケティング案件の単価相場

フリーランスのWEBマーケターとして活動するにあたり、WEBマーケティング案件の月額単価相場を正しく把握していないと、単価交渉時に大きな損失を生んでしまう可能性があります。そういった損失を生じさせないためにも、WEBマーケティング案件の単価相場をご紹介します。

ただし、WEBマーケティング案件はプロジェクトの種類が多いことに加え、参画難易度も幅広いく、また、当然ながらWEBマーケター各個人の有するスキルや実績に応じて単価も大きく変動してきます。そのため、あくまでも目安としてご参考ください。

フリーランスのWEBマーケターが、WEBマーケティング案件に参画した場合の月額単価は60~80万円程度が相場となっています。年収換算にすると、720万~960万円程度ですので、会社員WEBマーケターと比較するとかなりの高年収と言えます。

なお、会社員のWEBマーケターの平均年収は、419万円程度で、年代別に想定される年収は以下表の通りです。(doda調べ)

年代 平均年収
20代 370万円
30代 461万円
40代  555万円
50代 547万円

やはり、会社員のWEBマーケターとなると給与水準は、年齢に比例する傾向があります。そのため、収入に満足されていない若手WEBマーケターの方は、フリーランスとしてWEBマーケティング案件に参画してみてはいかがでしょうか。単価をぐんとアップさせられる可能性が十分にあるのですから、挑戦しない理由はないでしょう。

WEBマーケティング案件を獲得する方法

案件紹介プラットフォームの充実などに伴い、フリーランス向けWEBマーケティング案件を獲得することは、WEBマーケティング未経験でない限り比較的安易になってきています。

IT戦略などのコンサルティング案件は、取り扱われているプラットフォームが限られていますが、WEBマーケティング案件の場合には、クラウドソーシングサイト等でも簡単に案件を獲得することが可能です。これらWEBマーケティング案件紹介のプラットフォームの活用以外にもWEBマーケティング案件を獲得できる方法がありますので、ご紹介していきます。

リファラル

高単価でWEBマーケティング案件を受注できる可能性が高いのが、リファラルです。というのも、フリーランス向け案件を獲得する際には、依頼人とフリーランスとの間に介入する業者が少ないほど高単価となるからです。なお、フリーランスを名乗る方の多くはこのリファラルで案件を獲得していますが、同手法でWEBマーケティング案件を獲得するには、企業在籍時に社内メンバーはもちろんのこと、クライアントや他社の人材とリレーションを構築しておくことがポイントでしょう。リレーションを築いておくことでフリーランスWEBマーケターとして独立後、円滑にWEBマーケティング案件を獲得することが可能です。

ただし、万が一問題が生じた際には、依頼人との間に割って入り、サポートをしてくれる存在がいないというデメリットもあります。そういった意味合いでも、WEBマーケティング案件紹介のプラットフォームを活用するWEBマーケターの方が多くいらっしゃいます。

SNSやブログ

フリーランスのWEBマーケターとしてWEBマーケティングに関するノウハウや実績をSNSで発信して、ご自身をブランディングしていくことで、アカウントを見かけた方から案件を依頼されることが多くありあます。

また、WEBマーケターとして活躍中なのであれば、SEOの知識を存分に生かしてメディアを立ち上げ、CV獲得を目指してみてはいかがでしょうか。すぐにWEBマーケティング案件を獲得することは難しいですが、長期的には大きな資産となるはずです。また、マージンを取られず、依頼主から直接WEBマーケティング案件を獲得できる点も魅力的です。

WEBマーケティング案件を獲得するために必要なスキル・経験

フリーランスのWEBマーケターとして継続的にWEBマーケティング案件を受注していくには、どのようなスキルや経験が求められるのでしょうか。

WEBマーケティングに関する知見や実績

WEBマーケティング案件に参画する以上、当然ながらWEBマーケティングに関する知見や実績が必要となります。特に依頼主が重視するのが、フリーランスWEBマーケターの前職での経験です。あくまでも目安ですが、WEBマーケターがフリーランスとして独立するには、企業でのWEBマーケティングに関わる実務を3年以上を有していることが望ましいでしょう。

実際のWEBマーケター向け案件の多くで必須スキルとして「3年以上のWEBマーケティング経験」が記されています。大手広告代理店やWEB系制作会社などでの実務経験があると、WEBマーケティング案件をさらに獲得しやすいでしょう。

コミュニケーションスキル

WEBマーケターに限らずフリーランスとして活動するのであれば、一定以上のコミュニケーションスキルが必要です。参画するWEBマーケティング案件によっては、エンジニアやWEBデザイナーなどとコミュニケーションを取らなければならない局面がありますので、プロジェクトに関わる様々な立場の人材と円滑にコミュニケーションをとるスキルが必要となってくるでしょう。

また、WEBマーケティング案件を継続的に獲得するために重要な営業活動を成功させるためにも、コミュニケーションスキルは大変重要となってきます。相手のニーズを誠実にくみ取ろうとする姿勢を持つWEBマーケターは、クライアントから重宝される人材となるでしょう。そのようなWEBマーケターとなることで、必然的に獲得単価もUPしていきます。

論理的思考力

WEBマーケターは、基本的には数字を確認しつつ施策を講じていくので、数字を基にロジカルに戦略を立てていくことがメインの役割と言えます。その際、WEBマーケターとして最大限のバリューを発揮するにはPDCAの中でも、とりわけP(Plan)の部分が重要です。そのPlanのフェーズにて、論理的思考を基に妥当な戦略を構築できるかが、後フェーズに大きく影響してくれるため、WEBマーケターにとって論理的思考力は極めて重要なスキルと言えるでしょう。

また、論理的思考だけでなく柔軟な思考も持ち合わせていることが望ましいでしょう。WEBマーケティング案件によっては、結果を出すためにマーケティング施策そのものを大きく変更するといった柔軟な対応が求められることケースもあるためです。

高単価なWEBマーケターになるには

全てのフリーランスとして働くWEBマーケターが、高単価WEBマーケティング案件を獲得できるわけではありません。では一体どのようなスキルや知見を有していれば高単価WEBマーケティング案件を継続的に獲得することが可能なのでしょうか。高単価WEBマーケターが有する要素として以下が挙げられます。

希少価値の高い領域の知見を有する

WEBマーケターに限らず言えることですが、高単価なフリーランス人材となる際には「○○ならこの人!」といったイメージを周囲にもってもらうこと=つまり、自身をいかにブランディングするかが大きなポイントとなってきます。そのため、広く浅い知見やスキルよりも、ある特定領域における知見やスキルを有しているフリーランスのほうが高単価案件を獲得しやすいのです。

また「どの領域でキャリアを築くか」も高単価WEBデザイナーを目指すのであれば意識すべきでしょう。やはり、世の中からの需要が高く、且つ参画可能なWEBデザイナーが少ない領域を選定すべきです。

なお、スキルセットを広める際には、着実に各領域で知見やスキルを身に着けつつ、情報をアップデートしてく姿勢がフリーランスWEBマーケターには求められます。WEB領域は変化や流行が著しいため、様々なマーケティング施策をついばむようにキャリアを積んでいくと、結果的にこれといった得意領域のないWEBマーケターとなってしまう可能性があるので注意しましょう。

WEBマーケターとしての豊富な実績を有する

言うまでもないかもしれませんが、フリーランスのWEBマーケターとして高単価案件を獲得するには、豊富な実績を有しておく必要があります。会社員WEBマーケターがフリーランスになるメリットとして自身にとってチャレンジングなWEBマーケティング案件に参画することが可能な点が挙げられますが、そのメリットを十分に活用することで、自身の実績を磨き続けることが可能です。

そのような姿勢をキープし続けることで、高単価WEBマーケティング案件を獲得することが可能となってきます。また、副業のWEBマーケティング案件に参画して多くの案件をこなし、実務経験を積むこともオススメの方法です。副業は短期で行えるものも多く、独立後の副収入としても活用できます。

WEBマーケティング案件の動向

フリーランスWEBマーケターとしてキャリアを積んでいくのであれば、WEBマーケティング案件の動向を把握することがとても大切です。今後のWEBマーケティング案件の動向を確認してきましょう。

いまや国内におけるインターネット広告費がテレビメディア広告費を超えたのは記憶に新しいです。WEB領域の広告やマーケティング活動へ注力する企業が拡大する一方で、WEB広告に関する知見を持ったWEBマーケティング人材の確保に苦戦している企業が多い現状です。そのため、それら殆どの企業がWEB広告代理店などのマーケティングを専門とする会社に業務を委託しており、自社内にWEBマーケティングの知見が残りずらい構造となっています。

そのため、フリーランス市場においては需要と比較してWEBマーケターの数は少なく、必然的に市場価値はがとても高くなっています。DX推進が推し進められる中、今後もWEBマーケティング案件に対する需要は拡大していく見通しです。それに伴い、フリーランスWEBマーケターへの需要も高まっていくでしょう。

Webマーケティングの案件まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、WEBマーケティング案件の種類や単価相場、今後の動向などについて解説しました。今後もニーズが高まっていく領域ですので、参画を検討中のWEBマーケターの方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

弊社が運営するコンタクトアースマッチングなら高単価のリモート案件をかんたんに探すことができます。
完全無料なので最新のリモート案件情報を見逃したくない人はかんたん10秒の無料登録だけでも早めに済ませておきましょう!

無料スカウト登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化