セキュリティエンジニアの年収は低い? 海外・業界による違いを解説

セキュリティエンジニアの年収は低い?

情報セキュリティの価値が年々上昇する現代ではセキュリティエンジニアの需要も年々高まりつつあります。この記事をご覧になられている方にもこれからセキュリティエンジニアとして活動しようか悩まれている方もいるのではないでしょうか。職を選ぶ際に誰しもが年収を気にかけると思います。

「セキュリティエンジニアの年収はどれくらいなのか?」
「年収を上げるためにはどうすればいいのか?」

この記事ではそれらの質問について徹底解説し、他にも海外や業界の違いによる年収の違いについて解説していきます。

これからセキュリティエンジニアを目指される方や現在セキュリティエンジニアとして活躍中の方が、年収アップに繋がるヒントになりますのでぜひ最後までご覧ください!

なお「そもそもセキュリティエンジニアの将来性はどうなの?」と疑問をお持ちの方は「【セキュリティエンジニア必見!】将来性と需要・キャリアパスについて解説します」をご覧ください!

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングはもう使ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上高単価案件も豊富

3,かんたん10秒無料プロフィール登録だけでつかえる

セキュリティエンジニアの平均年収

セキュリティエンジニアの平均年収

セキュリティエンジニアの中でもさまざまな職種があります。

「どのような資格を取得し、どのような業務を担い、どのようなスキルを身に付いているか」で年収は変わってきます。

一般的にセキュリティエンジニアとして活動開始初期や転職時の年収は、おおよそ300万円~と言われており、経験を積んだ30代の頃には600万円前後の年収になることが予想されます。就職先に恵まれ、資格も取得し、実績も積み重ねるようになると年収1,000万円を超えることもあります。

資格取得の有無や担当業務、スキルによって年収が異なりますので参考までにしてください。

セキュリティエンジニアの業界による年収の違い

セキュリティエンジニアの業界による年収の違い

所属する業界によって、年収が大きく変わることはありません。やはり、年収を決める要因は、資格取得やスキル、実績、所属先が関係しています。

年々、セキュリティエンジニアの需要はどの業界問わず、高まっています。

その中でも今後、セキュリティエンジニアの需要がますます高まる業界を抑えておくことによって、年収を高めることができる可能性があります。

今後、さらに需要が見込まれる業界として、IT業界はもちろんのこと、通信業界や製造業界、金融業界など幅広い分野で需要が高まることが予想されます。

それぞれの業界の共通点として、サイバー攻撃によって、個人情報や機密情報が脅威に晒される可能性が高い業界が見て取れます。

万が一、サイバー攻撃を受け、個人情報や機密情報が流失した際の損失や信用の失墜は測り知ることができません。

どの業界も情報セキュリティの優先度は高くありますが、先ほど紹介した業界はその中でも特に情報を守ることに注意しなければならない業界ばかりです。需要が高い業界は高年収で優秀な人材を雇ったり、個別に契約を結んだりします。

セキュリティエンジニアとして携わる業界にも注目し、高年収を目指しましょう。

セキュリティエンジニアの経験による年収の違い

セキュリティエンジニアの経験による年収の違い

セキュリティエンジニアは、積んだキャリアによって、年収に差が出てきます。

また、年数をかけ、キャリアを積むことは経験に直結します。

本トピックでは「平均年収.jp」を参考に年代別の平均年収をまとめましたので参考にしてみてください。

年代 推定年収
20代~ 300~400万円
30代~ 350~500万円
40代~ 450~600万円
50代~ 500~700万円
60代~ 350~650万円

また、役職によって、年収にも差が出てきます。

年代 推定年収
主任 470万円
係長 590万円
課長 780万円
部長 860万円

役職が付く時期などは会社によって異なりますが、セキュリティエンジニアはキャリアを積むごとに年収が上がっていき、責任ある立場になると日本の平均年収を大幅に上回る年収が見込めます。

セキュリティエンジニアの海外との年収の違い

セキュリティエンジニアの海外との年収の違い

それでは海外の中でも特に年収が高いと言われる経済大国アメリカのセキュリティエンジニア年収について紹介します。

アメリカでは日本よりも高年収のセキュリティエンジニアや年収1,000万円を超えるセキュリティエンジニアが多くいます。

実際に筆者が大手求人サイトでアメリカと日本のセキュリティエンジニアの平均年収を調べてみたところ倍近くの開きがありました。

もちろん日本とアメリカでは、生活基盤や社会制度などの違いがありますが、そもそもアメリカのIT系エンジニアは、世界の中でも社会的地位が高く、未経験でセキュリティエンジニアに就くことがあまりありません。

大学や専門機関で情報セキュリティについて深く理解したのちに、職に就くことがほとんどなのです。日本のように未経験からなるということがあまりないのもアメリカのセキュリティエンジニアが高年収であることと繋がると考えてよいでしょう。

セキュリティエンジニアの年収が低いと言われる理由

セキュリティエンジニアの年収が低いと言われる理由

セキュリティエンジニアの年収が低いということはしばしば耳にします。その理由は一体何なのでしょうか。

専門的なセキュリティスキルを身に付けるのが大変

複雑なシステムを理解し、高度な専門知識を身につけるまでは、平均的な年収に到達することが難しいからとされています。

日本ではセキュリティエンジニアを未経験から目指すこともできます。もちろん未経験のうちはスキルや実績はありませんから、平均年収よりも年収は低くなります。通常の業務に加え、セキュリティエンジニアの基盤となる知識を習得し、最新技術も取り入れていかなくてはなりません。一人前として活動し、平均的な年収をもらえるようになるまでは高い障壁があると理解して良いでしょう。

担当する業務に対して年収が低い

また、担当する業務と比較すると現在の年収は割に合わないと感じる方もいるかもしれません。

「いつサイバー攻撃されるかわからない。」

「常に高度な専門知識を学ばなければならない。」

「設計した情報セキュリティに欠陥はないか、通常通り運用されているか。」

など、セキュリティエンジニアが抱える不安は尽きません。そのような不安と葛藤し続ける必要もあり、自分の担当する業務が一朝一夕で完結するわけではありません。常に仕事のことを考え、もし、サイバー攻撃を受けた場合、すぐに所属先や契約先に向かうこともあるでしょう。

そのようなことを考えると現在の年収では低いと感じるセキュリティエンジニアの方もいるのではないでしょうか。

年功序列の企業形態

さらに、日本企業における年収の低さは、年功序列の企業形態にあります。年功序列の企業は、エンジニアのスキルよりは、勤続年数を重視する傾向になります。

勤続年数をベースに評価されるようであれば、優秀な人材は、スキルや実績を重視する年収の高い外資系企業に勤め先を変えることも大いにあります。

このような理由から、特に日本ではセキュリティエンジニアの年収が低いと言われているのです。

セキュリティエンジニアが高年収を目指す方法3選

セキュリティエンジニアが高年収を目指す方法3選

続いて、セキュリティエンジニアが年収をアップさせる方法を紹介します。

年収アップを目指すことは、自分の市場価値の確認や私生活が充実することによって仕事内容のクオリティの向上にも繋がるとされています。

これからセキュリティエンジニアを目指す方も現在セキュリティエンジニアとしてキャリア形成中の方も高年収を得られるように次の方法を参考にしてください!

セキュリティに関する資格を取る

資格の取得は第一条件となると言って間違いないでしょう。セキュリティエンジニアに関わる資格は、国家試験となるもの多く難易度も相当高いです。

セキュリティに関する資格を取得することができれば、専門的な業務に携わることができるため、担当できる人材に限りが出てきます。そのような、「誰でもできる仕事」でないことは、高年収であることの前提と言っても良いでしょう。

年収アップに繋がる資格は多くありますので、積極的に資格を取得し、年収アップを目指しましょう。

セキュリティエンジニアにオススメの資格について以下の記事で詳しく解説しています。気になる方は是非チェックしてみてください。

セキュリティに関する最新技術を習得する

サイバー攻撃は日々、複雑に、さらに高度化し続けています。それに対応すべく、セキュリティ会社はさまざまな製品や技術を販売しています。

最新のサイバー攻撃に対応できないセキュリティエンジニアは、職務を全うしていないことと同義に捉えられてしまうことがあります。

最新技術を習得し、最新の知識や技術を用いて、情報セキュリティを守りましょう!

転職する

正直、自身のスキルに関係なく年収レンジが低い会社は存在しています。また、昇格しようにも上が詰まっていて中々チャンスが巡ってこないなど、社内環境が年収に与える影響は少なくありません。

そのため転職することは、手っ取り早く年収を上げるチャンスがあります。転職する際はIT系エンジニア専門の転職エージェントを利用することをおすすめします。

なぜなら、言い出しにくい年収や給料の条件面を代わりに交渉してくれるメリットがあります。そのためには転職の準備として、自分のスキルや知識を洗い出し、さらにそれらを磨くことを必要と言えるでしょう。

また、これまでの実績を書き出すことも必要になりますので、どれくらいの期間でどのようなプロジェクトで成果を上げたのか転職エージェントにアピールできるようにしておきましょう。

セキュリティエンジニアについてよく知り、高年収を目指そう!

これまでセキュリティエンジニアの年収や高年収の目指し方、国内外の年収の違いなどについて解説してきました。日本のIT業界はこれからますます需要を高めていくことから、セキュリティエンジニアの年収も上がっていくことが予想されます。しかし、セキュリティエンジニアの年収を決める大きな要因は、

「どのような資格を習得しているか」

「所属先のセキュリティエンジニアの待遇はどうなのか」

「実績や経験、担当業務、最新の知識を持ち合わせているのか」

などさまざまな要因が関係します。

後悔のないようにこの記事で紹介した内容を踏まえ、高年収を目指しましょう!

弊社が運営するコンタクトアースマッチングなら高単価のPM/PMO/セキュリティ案件をかんたんに探すことができます。
完全無料なので最新のPM/PMO/セキュリティ案件情報を見逃したくない人はかんたん10秒の無料登録だけでも早めに済ませておきましょう!

セキュリティエンジニアの方へ無料登録はこちら


✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化