【プロジェクトマネージャーへの転職事情】PMの市場価値や将来性を解説しました。

こんにちは。当メディアを運営するストラテジーテックコンサルティング編集部です。

プログラマーやSEのキャリアパスとして大変人気があるプロジェクトマネージャー(PM)。今回は、プロジェクトマネージャーへの転職を検討中の方向けにプロジェクトマネージャーの市場価値や将来性をお伝えします。その他にも、転職する上で知っておきたい知識をご紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。

コンタクトアースマッチング公式サイト

高単価の案件に出会える コンタクトアースマッチングを知ってますか?

1,全案件が完全リモート

2,100万円以上の高単価案件もアリ

3,無料プロフィール登録だけで企業があなたをスカウト

プロジェクトマネージャーとは

近年デジタルシフトが進みニーズが拡大しているITコンサルティングプロジェクト。プロジェクトにおいて総合的な責任を持つマネジメントポジションがプロジェクトマネージャー(PM)です。また、プロジェクトマネージャーと言えど、大きく2つの種類に分類できます。それぞれの仕事内容を簡単にご紹介します。

自社のプロジェクトマネージャー

事業会社に所属し、自社システムの開発プロジェクトにてマネジメントを担います。好まれる人物像としては、プログラマーやSEなどの実装部隊を指揮する必要があるため、IT業界でのマネジメント経験がある人材が好まれます。

外販のプロジェクトマネージャー

クライアントからITプロジェクトの導入コンサルティングにおけるマネジメントポジションを委託され、プロジェクトに参画します。例を挙げると、SIerのプロジェクトマネージャーなどが該当します。自社のプロジェクトマネージャーと比較して、社外のステークホルダーが増える傾向にあるため、折衝スキルが強く求められます。システムの技術的な面での理解はそれほど求められません。

プロジェクトマネージャーの市場価値

転職をするにあたっては、自身の目指す職種が現在市場において求められているかを把握することも非常に重要なことです。そのため、まずはじめにプロジェクトマネージャーの市場価値についてお伝えします。

結論からお伝えすると、プロジェクトマネージャーの市場価値はとても高いと言えるでしょう。

ITコンサルティングサービスやシステム開発を事業としている企業であれば、それら全てが優秀なプロジェクトマネージャーを求めていると言っても過言ではありません。なぜなら、各プロジェクトが成功するかは、プロジェクトマネージャー次第だからです。そのため、より優秀なマネジメント人材を常に吸収するためにも、プロジェクトマネージャーの求人を出している企業は多くあります。最近では、求人の募集条件として

『プロジェクトマネジメントのスキル』

『プロジェクトマネジメントの経験』

などが多く見かけられるようになってきていることからも肌感覚でお感じになっている方も多いことでしょう。また、プロジェクトマネージャーとしてバリューを発揮するには、ITに関する知見・スキルの他、プロジェクトマネジメント経験が必須ですので、そのような意味合いでも、高い市場価値を持った人材とみなされます。

プロジェクトマネージャーの平均年収

では、プロジェクトマネージャーの平均年収は一体どれほどでしょうか。

年収は、所属する企業や各個人のスキルによって大幅に変動しますので、あくまで目安として以下表を参考にしてみてください。(※下記表を参考にする場合、大手ファームや大手ITベンダーPMの場合には、最低年収と捉えて頂いて問題ありません。)

年代 年収
20代  約491万円
30代 約659万円
49代  約701万円
50代 約792万円

参考:)【必読】プロジェクトマネージャー(PM)の転職事情を代公開!

また、経済産業省が公開している「IT関連産業の給与等に関する実態調査」の結果によると、プロジェクトマネージャーの平均年収は891.5万円となっています。

プロジェクトマネージャーへの転職難易度

プロジェクトマネージャーの市場価値は高く、求人ニーズも旺盛ではありますが、かといって転職難易度が低いわけではありません。むしろ比較的高めです。

というのも、プロジェクトマネージャーポジションを採用したい企業側としては、即戦力人材を求めているケースが非常に多いからです。また、大手コンサルティングファームでのプロジェクトマネージャーポジションをへの転職となると難易度がさらに高まります。

プロジェクトマネージャーへの転職理由

実際にプロジェクトマネージャーへ転職した方の転職理由としては、『キャリアアップを通じてさらにやりがいを感じたいから』といった理由が多い印象です。

やはり、プロジェクトマネージャーともなると、SEやプログラマー時代に求められていたスキルに加えて、コミュニケーションスキルやマネジメントスキルが求められますので、必然的に業務の難易度が上がります。そのような点に魅力を感じ、転職を決意する方が多いのでしょう。

プロジェクトマネージャーへ転職するまでのキャリアプラン

「プロジェクトマネージャーへ転職するにはどのようなステップを踏めばよいのかわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現役プログラマー・SEの場合と、IT業界未経験者の場合、両者におすすめなキャリアプランをご紹介します。

現役プログラマー・SEの場合

現役プログラマーもしくはSEがプロジェクトマネージャーへキャリアアップするための近道は、なるべき早く以下のような経験をすることです。

  • 上流工程フェーズに携わる
  • 各プロジェクトでのリーダーポジション

下流SEやプログラマーとして活動しており、プログラミングやテストを担当業務としている間は、いきないプロジェクトマネージャーを目指すのは現実的ではありません。やはり、なるべく上流を経験する必要があります。つまり、上流SEへステップアップしてからのほうプロジェクトマネージャーへの転職確率がUPすると言えるでしょう。

IT業界未経験者の場合

実は、IT業界未経験者の場合でもプロジェクトマネージャーとして採用される可能性は十分にあります。ITプロジェクトでは、システム開発側企業と導入支援側企業の双方にプロジェクトマネージャーを設置するのが一般的ですが、導入支援側のプロジェクトマネージャーはIT業界出身者でないケースの多いのです。

例えば、生産管理システム導入プロジェクトであれば生産部門出身者が、顧客管理システム導入プロジェクトであればカスタマーサポート部門出身者が、といった具合です。

このような場合には、システム導入先の業務領域に深い知見があり、かつ管理能力を有していることが評価されています。そのためIT未経験者の場合でも

  • クライアント企業の業務領域に関する深い知見
  • プロジェクトチームをマネジメントした経験

以上2つがあれば十分プロジェクトマネージャーとして採用される可能性があると言えるでしょう。

プロジェクトマネージャーに向いている人

次に、プロジェクトマネージャーに向いている人物像(適性や性格)をお伝えします。以下に当てはまった方は、ぜひプロジェクトマネージャーへのキャリアアップを目指していただければと思います。

コミュニケーションが得意な方

プロジェクトマネージャーは、コミュニケーションを取るのが上手な必要があります。さらにかみ砕いていえば、どの立場の人とも、齟齬なくコミュニケーションを取ることが求められます。また、相手の知識レベルを見極めて分かりやすく伝えることも大切です。

クライアントは、ITスキルが低いことも多いですし、同チーム内のコンサルタントやエンジニアにもスキルに差があることでしょう。そういった人材を常に1つのチームとしてまとめ上げなければならないのです。

プレッシャーを楽しめる方

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの是非を決めると言っても過言ではない大変重要なポジションです。多くのメンバーと予算を預かり、プロジェクトを完遂させなければなりません。そのため、大きなプレッシャーがつきまとうことは、想像に難くないでしょう。プレッシャーを楽しみ、むしろ自身のやる気につなげられる方がプロジェクトマネージャーには向いていると言えます。

様々な視点で物事を見れる方

プロジェクトを進めるにあたって、プロジェクトマネージャーは様々な立場から俯瞰的にプロジェクトを見る姿勢が求められます。クライアント視点に立つことは勿論のこと、時には現場のエンジニア視点に立つ必要がある局面もあります。また、プロジェクトを評価する指標も様々ですから、特定の視点だけでは決してうまくいきません。

そのため、日頃から物事を多角的に考えられる方がプロジェクトマネージャーに向いていると言えるでしょう。

プロジェクトマネージャーの将来性

プロジェクトマネージャーの需要は高く、今後のこの傾向はしばらく継続する見込みです。IT人材不足が生じており、中でも高いスキルが必要とされるマネジメントポジション人材不足が顕著であることの他にも、「現代社会の変革が著しい」ことが理由として挙げられます。現代社会は、テクノロジーの発達が目まぐるしく、それによりグローバル化が加速する、国を横断したコミュニケーションが普及する、最近ではCOVID-19の流行など目まぐるしく社会に変化が生じています。

そのため、それら要因によって、プロジェクトにおいても予想外の課題が生じることがあるのです。そのような突発的な課題にも落ち着いて対処できるプロジェクトマネジメントスキル人材が多くの企業で求められていると言えるでしょう。

しかし、プロジェクトマネージャーの需要が継続するといっても、それは「新たな情報をキャッチアップしていくプロジェクトマネージャー」に限った話です。

例えば、昨今ではシステム開発分野にて従来のウォーターフォールモデル式の開発モデルでなく、アジャイル式がメインとなってきています。また、AIを活用したシステムも増えており、AIに関する知見等も必要となってきました。このような、最新情報をしっかりとキャッチアップしていく姿勢がとても大切です。

プロジェクトマネージャーの求人情報

最後に、実際のプロジェクトマネージャーの求人例をご紹介します。ぜひご参考ください。

PM求人情報
求人概要 大手企業システム開発PJにおけるPMを募集
業務内容 映画、安岳、衣服、家具などの総合リユース店を全国展開する大手企業のシステム開発案件におけるPMを担う。業務内容は経験によって最適ポジションを提示。
求められるスキル (1)要件定義~導入の経験
(2)プログラミングができる方
(3)資料作成スキル
年収 750万円
勤務地 都内
PM求人情報
求人概要 外資系大手保険会社にてITデリバリーマネージャを募集
業務内容 アプリケーションのデリバリーにおいて、プロダクトアナリストとIT部門との中間に立つ。なお、30人程度のエンジニアチームのリードを担う。
求められるスキル (1)アプリケーションソフトウェアの開発経験
(2)デリバリーリーダーの経験
(3)CI/CDの経験
年収 1300~1500万円
勤務地 都内
PM求人情報
求人概要 大手ITコンサルティングファームでのITコンサルタント(シニアスタッフマネージャー)を募集
業務内容 あらゆる業界クライアント様向けの業務設計、システム構築、運用補修を担う
求められるスキル (1)ITスキル(業務知識、IT知見)
(2)要件定義・システム設計の経験
(3)5人以上のチームのリーダーとして、要件定義、システム設計を実施した経験
年収 800万円~
勤務地 都内

PMの転職事情まとめ

いかがでしたでしょうか。

今後もニーズの高まりを見せるプロジェクトマネージャーですので、キャリアアップの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。年収も、個人の頑張り次第では比較的安易に1000万越えを狙うことができるのも魅力です!また、現在プロジェクトマネージャーへ転職するほどのスキルを持ち合わせていない方は、本記事を参考にどのようなステップを踏むのが妥当かを再検討してみてください!

弊社が運営するコンタクトアースマッチングなら高単価のPM/PMO案件をかんたんに探すことができます。
完全無料なので最新のPM/PMO案件情報を見逃したくない人はかんたん10秒の無料登録だけでも早めに済ませておきましょう!

PMの方へ無料登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化