ネットワークエンジニアの副業紹介|案件例・獲得方法・注意点

一般的に企業などの組織に所属すると、他の仕事(副業)をすることが禁止されている場合が多い現状です。

ところが最近になって、それを解禁にする企業が少なからず現れてきました。

つまり、企業によっては空いた時間で副業ができるようになったことを意味し、ネットワークエンジニアなどIT業界でも例外ではありません。

そこで、ネットワークエンジニアに関して副業の具体的な仕事内容や始め方及び注意点について紹介します。

企業からスカウトが来るプラットフォームcontactEARTHmatching

完全リモートのDX案件が探せる

コンタクトアースマッチングはもう使っていますか?

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは

副業の話を始める前に、まず本業のネットワークエンジニアはどのような仕事をしているのかについて紹介します。

ネットワークエンジニアとはコンピューターネットワークのシステム構築や保守管理を主に行う技術者の事を言い、サーバーと端末や別のサーバーを繋ぐネットワークを作っていくことを主に行っています。

ネットワークエンジニアもシステムエンジニアと同様に要件定義から順に設計、構築、保守、監視及び運用の工程があります。

要件定義

要件定義では顧客の要望に沿ったネットワーク全体の要件を決めていきます。顧客と打ち合わせながら作業を進めるので、コミュニケーション能力は欠かせません。

設計

設計では、基本設計や運用設計などの段階がありますが、いずれもサーバー、OS、セキュリティなどパソコンに関する基本知識だけでなく、顧客の要望を正確に聞き取る力や最適な方法を会議などで提案する力などヒューマンスキルも問われてきます。

構築

実際にネットワークを組み立てていく構築では、機器を設置したりケーブルで繋いだりする作業があることから、扱う製品や機器の基本知識だけでなく、手先の器用さが必要になってきます。この段階で正しく機器が作動するかのテストも行います。

保守

保守では機器などが故障したり障害が起こしたりしたときに復旧させる作業を行いますが、これらのトラブルには迅速に対応する必要があるため、先述した基本知識に加えて十分な経験と判断力が主に必要になります。

監視及び運用

監視及び運用ではネットワーク作った後の維持管理を行いますが、自動処理で監視している場合が多く、作業としては利用者のトラブル対応を行ったり、ネットワーク構成を変更したり、機器をアップデートしたりするなど幅広い範囲を担当します。このため先述した基本知識は必要になります。

新人の場合、後半の工程であるネットワーク保守やネットワーク監視及び運用の仕事から始めることが多く、スキルなどのキャリアを積むことによってネットワーク設計やネットワーク構築の仕事を任されていく流れになります。ちなみにベテランになると全ての工程を熟せるようになる人が出てきます。

ネットワークエンジニアの副業案件例

ネットワークエンジニアの副業案件例

一般的に、副業と言っても様々な種類がありますが、傾向としては本業に近いことを行う場合と、全く異なることを行う場合の2通りに分かれると考えられます。

例えばプログラマーを本業としている場合、前者はプログラミングスクールなど、後者は飲食店などが該当します。

ネットワークエンジニアのような技術者の場合、本業の知識やノウハウを活かした副業の方が、負担が少なく効率が良いと考えられることから、ここでは前者の例を本業で得たスキルをどのようにして活かしているのかを加えて3つ紹介します。

ネットワークエンジニアができる副業① アプリの開発

まず、Webアプリなどの開発副業案件について紹介します。

ネットワークエンジニアの場合、プログラミングスキルは関係ないと考えている方もいるかもしれませんが、設計工程で紹介したテストの際、スクリプトというプログラムを組む作業を行うことがあります。

ここで扱うプログラミング言語がPHPやPythonなどの場合があり、この言語を扱った経験があれば、Webアプリの開発業務を受注できる可能性が高まります。

ネットワークエンジニアができる副業② ホームページの制作

次に、Webサイトなどホームページの制作案件について紹介します。独学で身につけやすい言語であるHTMLとCSSの知識があればホームページを作成することができるため、取り組みやすい副業です。

また、ホームページ掲載の際にサーバー機器を使う場合もあり、本業の運用工程で得たサーバーに関する知識や実務経験を活かすことができると考えられます。その場合、案件の幅を広げられる可能性が高くなります。

ネットワークエンジニアができる副業② プログラミングなどの講師

最後に、プログラミングなどの講師について紹介します。

実務や独学などで得たプログラミングに関する知識をそのまま活かすことができます。具体的な案件としてJavaやJavaScriptの言語を扱うものがあります。中には、サーバー構築をテーマにした講師も存在していて、その場合は本業の知識をそのまま活かすことができます。

さらに人を相手にして行う仕事なので、コミュニケーション能力が鍛えられることにより、本業の要件定義などに活かすことができる可能性もあるため、本業でも上を目指したい人にとっては検討する価値があると言えるでしょう。

コンタクトアースマッチング公式サイト

ネットワークエンジニア副業の獲得方法

ネットワークエンジニア副業の獲得方法

ネットワークエンジニアがどうやって副業に応募して獲得していくのかについて紹介します。

主なものとしてエージェントやクラウドソーシングサービスを利用する方法と知人などに紹介してもらう方法があります。

エージェントを利用する場合は、職務経歴や希望条件を登録するだけでエージェントが適したものを紹介してくれるので、時間がない人にとっては特に利用しやすいでしょう。

また、クラウドソーシングサービスを利用する場合は、クラウドワークスなどのサイトで登録されている案件を自分で選んで応募する必要があります。

しかし、自分で副業を探すのが億劫と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった方には「コンタクトアースマッチング」をオススメしています。コンタクトアースマッチングは、企業から直接スカウトが来るDX専門のプラットフォームです。希望稼働率などを自由に選択できるので無料登録していない方は、見逃さないためにも登録を済ませておきましょう。

一方、知人や友人など人脈から案件を紹介してもらう方法では互いに人となりや、これまでの実績を共有できるため、ミスマッチが生じにくく、条件交渉もしやすいですが、契約条件が曖昧になってしまう可能性がある点は否めません。

ネットワークエンジニアが土日で出来る副業3選

土日で出来るネットワークエンジニアの副業

本業があるネットワークエンジニアは土日に副業を行う場合も多いでしょう。本トピックでは、本業に支障が出ない程度にできるオススメの副業を紹介します。

知見を活かしたライティング副業案件

最も手軽に行える副業の一つにライティング案件があります。主にクラウドソーシングでライティング案件を探し案件を受注する副業です。一般的な案件単価は「1文字あたり0.5円~1.5円」です。

必要なスキルとしては、文章力、執筆するテーマに関する知見、コミュニケーション能力です。

記事を執筆する時間が早ければ、早いほど稼げる副業です。

リモート案件を受注する

リモートにて、ネットワークエンジニアに関する副業案件を土日に行う方法です。

システム開発やライブラリの開発を業務委託してもらうことで、リモートで副業を行うことができます。

帰宅してからの時間や土日を使って効率的に稼ぐことが可能でしょう。

案件の探し方は「コンタクトアースマッチングというサービスを利用すれば、リモート案件をたくさん見つけることができます

週2日からの案件が豊富で、スキマ時間を活かして副業したいという人にはうってつけといえるでしょう。

ブログでの広告収入

これまでの知見を自身のブログで記事としてまとめ公開し、広告を張って収入を得る副業です。広告収入には主に2種類あります。

Googleアドセンス広告 自分で運営しているWEBサイトやブログににGoogleアドセンスのタグを設置して、サイトを閲覧しているユーザーに広告が配信される。その広告がクリックされるたびに報酬を受け取れる仕組み。
ASP 企業から広告の提供を受けて、アフィリエイト広告として配信する方法。

両社に共通して言えることですが、どちらも収益が発生するには半年間~1年間はかかるとみて良いでしょう。戦略的にサイトを動かしていく必要性があり、軌道に乗るまでは時間がかかる副業です。短期的に副業で稼ぎたい方は、先述した「ライティング案件」「リモート案件の受注」がオススメです。

ネットワークエンジニア副業の注意点

ネットワークエンジニア副業の注意点

副業をする際の注意点として、主に引き受ける案件の内容が適切かどうかを確認する点と自分の能力で熟せるものを選ぶ点の2点あります。

まず、引き受ける案件の内容が適切かどうかの確認について具体的には業務内容、就業規則、報酬額の3点は必ず確認すべきだと考えられます。

なぜなら、これらの点をあいまいにしたまま契約を結んでしまうと、業務の範囲で相手と齟齬が生じたり、本業をしている企業での副業禁止ルールを破ったりすることでトラブルになる可能性があるからです。

さらに、報酬額に関しても適正価格以下だと後から分かっても引き上げて貰える可能性は低いと考えられ、損をすることに繋がってしまいます。

また、副業でも能力が高い仕事に対して高い報酬が割り当てられている可能性が高いことから、自分の能力で熟すのが難しいレベル仕事を引き受けたくなることもあると思いますが、もし仕事が期限までに完了できないなど不達成になってしまうと最悪の場合、報酬自体0になってしまう可能性もあります。

さらに能力不足だと修正する確率も高くなり、その時間も余計にかかってしまうデメリットもあります。

ネットワークエンジニアは副業ができる!

以上のように、本業の企業が副業を認めていて、時間的かつ能力的に自分に適したものを選べれば、ネットワークエンジニアでも副業を探すことができると考えられます。

副業を通じて本業と違った経験や時間を味わうことができたり、新たな能力を身につけることができたりする可能性が高いため、時間を有効活用する目的を果たすだけでなく、新たな自分を発見できるメリットがある可能性もあり、興味にある人は副業について1度考えてはいかがでしょうか。

「副業を受けることは考えていないけど、どんな仕事があるのか知りたい」

「これまでのキャリアがどんな分野で活かせるか、確認しておきたい」

「働く場所にとらわれずリモート案件を探したい」

そんなデジタル人材の活躍を「コンタクトアース」は応援しています!

活躍の場が広がる無料登録に必要なのは、名前、メールアドレス、電話番号だけなので簡単にできます。

あなたも「コンタクトアース」に登録してみませんか?

ネットワークエンジニアの方へ無料登録はこちら

✔全案件が完全リモート/高単価の案件多数 100万円以上の案件が80%以上
週1回~フルタイムまで自分で稼働日数を選べます。
✔働きたい時にすぐ働けて、最短2日で仕事に入れます。
本サービスの仕事はDX案件に特化